CRM(3ページ目)

CRMの検索結果の3ページ目です。

CRMの検索結果

77件のCRMをご紹介します。

該当 77 3ページ目 41〜60件

やずや通販CRM基幹システムとは、株式会社未来館が提供する社員一人当たり5億円を売り上げてきた実績のある「やずや式おもてなし術」がつまった通販CRMです。40年以上の通信販売事業ノウハウを搭載したやずや完成形次世代型システムが業務改革、業績向上を実現します。ABテストのリスト抽出や顧客フォローが誰でも簡単に操作できる設計で使いやすく、受電画面顧客管理情報、顧客情報、注文情報、出荷情報、入金・支払情報、接客情報、周辺地図・天気、顧客からの手紙、送信したDMなどが管理画面に一元管理されるため、作業効率よく対応できます。通信販売に関する顧客管理はやずや通販CRM基幹システムにすべておまかせください。

Sales Force Assistantとは、経営改善ノウハウをシステム化したSFA(営業支援システム)です。地図を用意したり、訪問前の準備をする秘書機能で現場の営業マンをサポートします。日報に顧客管理、商談管理、案件管理、クレーム管理、訪問計画管理などの機能を実現し、それらの情報を元にAI秘書が必要な情報を提供し、社内の情報共有や業務ナレッジの蓄積も促進させます。上司のコメントやアドバイスも簡単に入力できるため、管理者のマネジメント業務の負担軽減にも貢献します。7,500社超に及ぶ導入実績で培った実績とノウハウがあり、導入の際には業種・業態別、営業スタイル別の営業支援ツール(SFA)の提案を受けることも可能です。

グロースハックLTVとは、株式会社コミクスが提供する10年以上のCRMツール導入実績、ノウハウから生まれたLTVを最大化するCRMです。リピート率・定期購入率を上げたい、CRMを実施しながら外部の意見も取り入れたい、CRMの活用方法がわからないなどすべての課題をこれひとつで解決します。メール、LINE、メッセージ内リンクなど顧客からのリアクションを促すツールを多く搭載しており、売り上げ拡大に不可欠なリピート率獲得に効果を発揮します。現状分析、課題発見、解決方法の提案、プランニング、クリエイティブ作成、施策実施、効果検証、その後のPDCAサイクルまでをワンストップで可能なグロースハックLTVが、LTV最大化を実現します。

無料プランあり

Ambassador Relations Toolとは、株式会社コンファクトリーが提供する無料でマーケティングに必要なすべての機能を利用できるCRMです。顧客登録者数10,000人、送信可能メール配信数10,000通/1回、CRM(顧客スコアリング、Webアンケートの集計・分析、SNS連携など)、MA(月間UU数 10,000)とういう充実した内容で初期費用、月額費用がどちらも0円。容易に顧客の基本情報や商談・対応履歴などを一元管理でき、カスタマイズも可能です。ステップメール自動で送信可能なメールマーケティング機能、顧客の購入履歴・利用行動からRFM分析して6つのランク分け、ランクに応じた施策が可能な顧客分析機能を搭載しています。必要な機能がオールインワンで利用でき、業務拡大促進を実現します。

トライアルあり 無料プランあり

Vtiger Sales CRMとは、株式会社アイプランナーが提供する「売るをより簡単にできる」CRMです。ガートナーピアインサイトバッジcustomers'schoice(2019)、G2バッジ Leader(2020年春)、Capterra 4.5評価など数々の賞、評価を獲得。300,000以上のグローバルなビジネスを推進してきました。ウェブサイト、メール、ソーシャルチャネル、電話、見本市からの顧客情報収集、リードをエージェントに自動割り当て、フォローアップの優先順位を決定するリードスコアリング、チャンネルに関係なく中断されたところから会話をピックアップできるスマートアラート、7倍の会話成立を可能にする迅速な応答など売るをより簡単にします。より多くの取引を成立させる機能を豊富に搭載。生産性を向上させ、販売にかかる時間を大幅短縮。困った時は受賞歴のあるカスタマーサービスがしっかりサポート。成功を可能にする販売戦略の実装を支援します。

MOT/Cloudとは、株式会社バルテックが提供するスマートフォンやPCからいつでもどこでも確認できるCRMです。初期費用1,000円、月額費用1,000円から始められて低コスト。名刺情報、顧客情報、商談履歴、社員の出退勤などのあらゆるデータをクラウドで簡単管理・共有。スマートフォンやPCからどこででも確認できるのでクラウド上で出退勤確認や、営業状況の共有で全社の状況を可視化ができ、業務効率向上の促進につながります。日々の営業状況データの分析、見込み客の発掘・育成など営業目標達成を強力にバックアップする営業支援ツールです。各種 補助金・助成金 にも対応。豊富なオプションサービスも取り揃えています。

COLLABOS CRMとは、株式会社コラボスが提供するコールセンター業務に特化したクラウド型CRMです。750拠点以上導入、業務効率30%アップ、応対時間、後処理時間の短縮に成功した実績有り。多くの方に利用されています。クラウド型なので迅速な導入が可能。通常を1~2年を要するCRM構築が約1~2ヶ月で可能です。保守管理費やバージョンアップ費用不要。初期費用、月額費用だけで始められ大幅コストダウン。インターネット環境とPCがあればどこででも利用できるので、規模の増減、移転にも柔軟に対応できます。顧客とのメール・通話・内部処理情報と顧客情報を自動紐付け、着信時の顧客情報自動ポップアップ、webフォーム・メーラーとの連携、オペレーターの稼働率算出などの機能が23種類搭載されています。顧客情報のデータベースの使いやすさを重視しているので、コールセンター業務の負担を削減して効率化アップにつながります。LINE連携でチャットサポートやAIによる自動応答も可能。設計・導入を専門のスタッフがしっかりサポートするので手間なく導入できます。

GRMarketingとは、株式会社イーグリッドが提供する一括ですべての顧客管理ができるCRMです。初期費用0円、月額費用5,000円からの低コスト。お申込み1週間後から利用できます。ユーザ数が増えても利用料が変わらないシンプルな料金体系が特徴。小規模から大規模まで幅広く導入でき、途中からの規模増減にも柔軟に対応します。月別・年月選択で一覧出力、見積もりから請求書コピー、PDF形式ダウンロード、請求書一覧CSV出力、月次変動グラフ化、別部署からも可能な情報共有などの多彩な機能で見積・集計・管理が簡単に。PC、スマートフォンなどデバイスを気にせずいつでもどこでも利用できます。困った時は、電話、メールでのサポート窓口でしっかり対応します。

Mico Cloudとは、Micoworks株式会社が提供するLINEを最大限効果的に活用できるCRMです。来店率76%増、配信反応率5倍、月間予約者数3,000件/社の実績を誇ります。中小企業から大企業まで業界規模問わずたくさんの方に利用され、継続利用率99.5%を実現しています。LINEで成果を出すためのノウハウとしてKPI設定、ユーザーフロー、各指標の数値計測、数値を元にした改善施策を提案など、成果達成に向けたサポートが受けれます。LINEによる一気通貫した顧客体験を可能にする顧客管理機能、予約管理機能、配信反応率5倍の自動セグメント配信、対応工数を70%削減のbot機能、月間予約数3,000件(2.5倍)のLINE内予約などの豊富な機能が集客数の最大化と既存顧客フォローの最適化、リピート率向上を促進します。

Visionaryとは、株式会社フュートレックが提供する顧客管理、各種施策、効果検証、ポイント、クーポン、メルマガ等の施策まで全を一つにした選ばれ続けるオールインワンCRMです。安心の定額制。必要な機能だけを選択可能。柔軟なカスタマイズにも対応しているのでニーズに合わせて無駄がなく、規模と価格がちょうどいい構築が可能です。顧客データベースを一元管理することが可能で、データベースセグメントに分類・管理・分析、他システム(POS・EC等)とのシームレスな連携など、かゆいところに手が届く機能が満載です。様々なマーケティング活動をワンストップで実現し、マーケティングのPDCAを強力にサポート。OMOマーケティングの実現を簡単にする顧客管理システムです。

Conductor CRMとは、P&A Works Company 株式会社が提供するAIが顧客を可視化して営業パフォーマンスを向上するシンプルなCRMです。入力作業は必要ないことが特徴。顧客情報に特化したAI技術の活用で顧客感情の可視化を実現します。安価で少人数から始められ、規模の増減も柔軟にも対応可能。メールをもとに解析するシンプル構造なので、導入後はメールボックスを設定するだけ。AIが解析を開始してWebページに結果を自動生成してくれます。特別な教育、指導は必要なく導入後、すぐに利用開始できます。AI が顧客の感情を解析、エモーション値を可視化。営業活動の優先順位をアラートで自動表示もしてくれるので営業チャンスを逃がしません。営業担当だけでなく、リーダー、経営層にもすぐに効果が体感できる役立つCRMです。

commmuneとは、コミューン株式会社が提供する企業とユーザーが融け合うカスタマーサクセスCRMです。会社ごとに顧客ポータルをノーコードで構築。顧客コミュにケーションをシームレス、ワンストップにすることでLTVの最大化とカスタマーサクセス活動の効率化を実現します。タッチポイントの集約、ユーザー体験の向上、顧客データの一元管理、分析・アクションの高速化でLTVの向上。分析・アクションを1つのサービスで完結して工数の削減を実現しカスタマーサクセスをROI最大化します。ノーコードで構築できるエンドユーザー画面は最適なコンテンツだけを表示でき、情報漏れを許しません。管理画面も柔軟に設計可能。各種CRM/MA、分析ツールとの連携もシームレスに使用できます。成功目標達成のために経験豊富なカスタマーサクセスが真摯に支援します。

DATA CAST for futureshopとは、株式会社イー・エージェンシーが提供する個々のニーズに合った提案で顧客との繋がりをより深めるCRMです。すぐに始められるシンプル設計でしかも低価格。オリジナルのキャンペーンなど、サイトや商材にあったオファーの作成が可能。顧客データを統合して、自由なセグメンテーションや適切な形式で連携したい施策・サービスデータを連携することができます。よく使うキャンペーンは初期設定でセットしておけば後はすべて自動連携。新規やリピート、休眠顧客など直感的に操作できるようになります。キャンペーン毎に送信できるメール配信機能・LINE配信機能(簡単作成エディタ有)、全部、個別毎の確認ができるレポート機能、プリセットキャンペーン設定、データ統合、最適なタイミングでレコメンド商品をプッシュできるレコメンド連携など多彩な機能が顧客との深い繋がりの構築、業績向上を実現します。

EMOROCOとは、アーカス・ジャパン株式会社が提供するITを通して顧客の体験・感情を理解する世界初の顧客価値主導型CRMです。顧客サービスに特化したAIサービスと学習データベースを搭載。CRMとAI(人工知能)融合させた世界初のエモーショナルソリューションです。顧客情報にAIのアルゴリズムを作動させ、顧客の性格・感情など深情報を導きだして個客化し、さらなる効果的なOne to Oneマーケティングを実現します。AIは自己進化型なので情報量が増えれば増えるほど効果的な結果を得ることができ、多数チャネルの顧客情報の「1顧客1ID」を可能にします。企業全体最適化にる「攻めのIT」活用で知的生産性向上を促進。今だけでなく、将来発生するニーズにも対応できる顧客インサイトから経営戦略までをカバー可能なリアルタイムで変化していく顧客管理システムです。

Sales8(セールスエイト)とは、株式会社マイクロギアが提供する中小企業向けの使いやすさを追求したクラウド型CRMです。月々1,980円から始められいつでも解約可能。オプション料金は不要です。社内の情報を「すぐに」、「簡単に」参照・共有できノウハウが透明化。徹底追及して生まれた究極の使いやすさ、クロスオーバー検索、既存データCSVファイル・vCardファイルインポート、名刺管理アプリ連携(Google/Office365/Outlookの連絡先形式)の充実した機能が業務の効率化を促進します。シンプルユーザーからパワーユーザーまで誰でも必要な機能を快適に利用できます。多様な使い方ができる柔軟なカスタマイズ可能。クラウドにMicrosoft Windows Azure、ログインはログインはOAuth2.0を採用しているのでセキュリティ面も万全。サポートプランを完備しているので操作に不安の方にも安心です。

InfAjast(インフアジャスト)とは、営業の働き方改革を支援するSFA(営業支援システム)です。営業活動や関連情報の可視化と業務の属人化防止に力を入れており、ログイン認証、ダッシュボード、個人設定などのベース機能に、顧客管理、案件管理、日報管理などの機能が搭載されています。営業業務で必要なさまざまな機能の中から、使う機能だけを自由に選択することが可能なことも大きな特徴のひとつです。機能のカスタマイズ以外にも、項目を任意に200項目まで追加できるため、業務に合わせてシステム構築する事ができます。

SkyDesk Cards Rとは、富士ゼロックス株式会社が提供するシンプルな名刺管理ソフトです。初期費用は0円で最低単価は月額420円、登録上限は100,000枚〜となっております。2週間の無料トライアルもあるため使用感を確かめることができます。名刺情報の取り込みはスマホのカメラ機能を利用したOCRによるデータ化、専用のスキャナーによる取り込みの他、複合機からの取り込みも可能です。また、オペレーターによる制度の高いデータ化や、外部機関の人事情報データベースと提携した名刺交換した相手の人事異動情報の反映など、あると便利な機能も必要に応じて利用できます。

無料プランあり

GrooForce 980は、1人からでも利用できる低価格・簡単なSFA(営業支援システム)です。営業マンが営業マンのために作った現場目線のシステム設計が特徴で、1企業において2IDまで無料で利用することができます。見やすいスケジュール管理や管理しやすい顧客管理、一目でわかる営業進捗管理などの機能を搭載しており、営業で必要なツールが揃っています。また、スケジュール画面から営業活動を登録することも可能で、商談履歴を共有することで担当者の引き継ぎがスムーズとなり、効率的な活動・管理が可能となります。1人からでも利用できるため、営業マンが数名の小規模事業所や、数十名~100名規模の企業、初めてSFAを導入する企業におすすめです。

上場企業導入実績あり

ホットプロファイルとは、現場主義で名刺管理だけでなく顧客管理など営業支援に活用できる名刺管理ソフトです。名刺を撮影やスキャンしてデータ化した後にオペレーターによる入力補正を行うため正確な情報を管理することができます。MA機能によりメールの開封や閲覧状況を分析して確度の高いリードを発掘できるのでインサイドセールスに役立ちます。昨今増えているリモートでの商談の際には名刺交換ができず相手の情報が管理できなくなりますが、Zoom商談とオンライン名刺機能を同期させることで、オンライン商談でもその場で名刺交換を行えるためコロナ禍や遠方の相手との商談の際にも名刺管理を行うことができます。

FlexCRMとは、ノイアンドコンピューティング株式会社が提供する低価格なのに高性能なクラウド型CRMです。クラウド型なのでメンテナンス、バックアップ、不具合対応は不要です。初期導入費用は0円で、少人数からでもすぐに開始できます。安心の月額制のリーズナブルなプランで利用でき、簡単設定で業務アプリケーション構築が可能です。顧客関係管理に必要な6つの要素顧客管理、SFA(営業支援)、お客様サポート、マーケティング、業務プロセス管理、ワークフローを標準装備し収益力アップを実現します。エクセルファイル、名刺管理ソフト等のデータから顧客データベースを簡単に作成できるテンプレート、スマートフォン、タブレットに対応したシンプルで直感的操作ができる操作性抜群のUIは、ワンクリックで機能追加可能な各種クラウドサービス連携など経営戦略に役立つ多彩な機能を利用できます。

CRMとは

CRMとはCustomer Relationship Management(カスターマー リレーションシップ マネジメント)の頭文字をとったもので、日本語では「顧客関係管理」を意味します。顧客の属性に合わせたマーケティングが時代の主流になったことから生まれたマーケティング手法です。

一般的にCRMとはCRMシステムのことを指します。CRMシステムとは顧客との良好な関係性を構築・管理を目的としたツールで、顧客ごと最適なサービスを提供するための機能が搭載されています。近年、CRMの重要性が注目をされており、多くの企業がCRMシステムを導入しています。

CRMの仕組みと使い方

CRMの仕組みは、顧客管理、プロモーション、顧客サポートの3つから成り立ちます。膨大な顧客情報を一元管理できるのはもちろんのこと、顧客の属性に合わせたアプローチを包括的に行うための仕組みが整っており、システムを導入することで顧客情報にあわせた細かいフォローを行えるようになります。きめ細かい対応をするほど顧客と販売者の関係は強化され、顧客は優良なリピーターとなります。

CRMの使い方はさまざまですが、特に効果を発揮するのは定期購入です。一度顧客になった相手と良い関係を築き、事業を着実に成長をさせていくためのツールとして注目をされています。

CRMの機能

CRMシステムの標準的な機能をご紹介します。

・顧客管理機能、見込み顧客の管理機能

CRMシステムの中心的な機能です。顧客ごとの社名、氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレスなど基本情報を管理。過去の購入履歴や問い合わせ内容などのコンタクト情報についても保存できるため、見込み顧客を見逃すこともありません。また、名刺管理機能や企業データベースの管理機能と合わせて利用することで、さらに情報を充実させることができるでしょう。

・マーケティング機能

CRMシステムでは詳細な顧客データを基に、さまざまな角度からデータ分析を行え、常にリアルタイムで必要なデータを収集できます。

またマーケティング機能に含まれるリードナーチャリング機能により、営業フェーズに応じた最適な情報発信も可能に。アナリティクス(分析)機能を通して、蓄積された各データ(顧客や案件、営業活動データなど)を好きなように組み合わせ分析ができる点も注目です。

・SFA機能

CRMシステムには、SFA(営業支援システム)の機能を含むものが数多く提供されています。SFA機能が搭載されている場合、CRMで蓄積した顧客情報をもとに効率的かつ効果的に営業を行うことができます。具体的には、営業の案件管理機能、活動管理機能、予実管理機能、見積書作成機能等が備わっています。

CRMの選び方

CRMを実際に導入する際は製品選びが大切です。自社に最適のCRMシステムを見つけるには次の点に注目をしてください。

・導入形態

CRMの導入形態にはクラウド型とオンプレミス型、ソフトウェア型があります。クラウド型はシステムをベンダー側で提供するため導入ハードルは低いのが特徴です。オンプレミス型はシステムを自社構築する必要がありますが、セキュリティ面やカスタマイズ性には優れています。ソフトウェア型はインストールされているPCに利用が限定されるため、運用者が限られる場合のみおすすめです。

・操作性の高さ・UIの分かりやすさ

CRMシステムは操作感とUIの分かりやすさが大切です。ツール導入の失敗要因は使い勝手の悪さにあります。使い勝手は操作性だけでなく見た目の分かりやすさも重要なポイントとなります。できれば難しいマニュアルを見なくても直感で理解できるシンプルなUIがベストです。

・搭載している機能

CRMシステム選定の際は搭載している機能についてもよく調べておくことをおすすめします。事前に自社でどのような機能が必要か検討し、要件を満たす製品をいくつかピックアップして、その中から製品選びをすると失敗を避けられます。

CRMの価格・料金相場

CRMの利用料金はクラウド版かオンプレミス版かによって異なります。現在主流となりつつあるクラウド版では初期費用と月額利用料に大きく分けられます。初期費用は、無料~5万円程度。月額料金は基本的に1ユーザーごとに月額料金が決まっており、CRMを利用する従業員の数×月額料金という計算です。月額料金の相場は1ユーザーあたり500~1,000円程度、つまり利用人数が20人の場合、月額1万~2万円が相場です。一方オンプレミス型のCRMは、自社にサーバーを設置し、自社サーバー内でのみ利用できるタイプのためクラウド型と料金体系が異なり、20人程度で利用する場合は50万~215万円程度の初期費用がかかります。

【CRMの価格・料金相場】

・クラウド型

初期費用:0~5万円程度

月額費用:500~1,000円程度(1ユーザーあたり)

・オンプレミス型

初期費用:50~215万円程度(20人ほどで利用する場合)

CRM・SFA・MAの違い

CRMに近い業務システムとして「SFA」「MA」があります。

SFAはSales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)の頭文字をとったもので、日本語訳では「営業支援システム」を意味します。SFAで管理するのは営業領域の顧客情報や営業ノウハウで、取引先の顧客情報、興味・関心、案件管理、商談情報などが含まれます。SFAの特徴は営業活動やノウハウを可視化できることで、導入により営業活動の効率化を実現可能です。

一方、MAはMarketing Automation(マーケティングオートメーション)の頭文字をとったもので、マーケティング活動の自動化により見込み客を育成するためのツールです。CRMとの違いは導入目的にあります。MAの目的はあくまでマーケティング活動の効率化にありますが、CRMは顧客満足度の向上にあります。両者は一見似た製品に見えますが、得意領域、設計思想そのものが異なります。

CRMのシェア

CRMの世界全体の市場規模は2015年の段階で260億ドル(2兆9,000億円)に上ります。市場は右肩上がりに成長をしており、2018年までの年間成長率は15%です。日本国内の全体売上高も成長の一途を辿っており、2016年に934億円、2017年には1,000円億円を超えています。2021年には売上予測が1,193億円に達する見込みです。

成長の背景にはITの浸透や主流となるマーケティング手法の変化のほか、クラウド型システムの躍進もあります。中小企業でも導入しやすいクラウド型CRMが多く提供されたことで手軽に利用できるようになり、シェア拡大を後押ししています。この傾向は今後も続くと見られ、将来的にクラウド型がオンプレミス型を逆転することが予想されます。

CRMを使った戦略とその効果

従来、マーケティングと言えば不特定多数を対象とするマス・マーケティングが主流でした。しかし、近年ではテクノロジーの発達、生活・価値観の多様化に伴い、顧客一人一人の属性に合ったアプローチ「One to Oneマーケティング」が主流になっています。

日本社会に目を向けると人口減少、緩やかな経済成長により、高品質なサービスでも売れない時代に突入をしています。こうした時代背景の中で事業を成長させるには、顧客のベネフィット感が重要なポイントになります。顧客一人ひとりの属性にマッチした施策を練ることが重要です。

CRMは新時代のマーケティングの切り札になりますが、システムを導入するだけでは効果を発揮することはできません。CRMを導入する際には、企業の目標を数値化することが大切です。そのためには企業の使命とビジョンを明確にすることが求められます。何をなすべきかが明らかになれば目標が明確になり、顧客とどのような関係を持つべきかも見えてきます。CRMシステム運用を最適化するためにも、ツール導入時に一度立ち止まり、改めて将来に向けた戦略を練ることをおすすめします。

CRMとCMSの違い

CRMと間違えられやすい業務システムに「CMS」がありますが、この2つのシステムは全くの別物です。

CRMは、Customer Relationship Management(カスターマー リレーションシップ マネジメント)の頭文字をとったもので、「顧客関係管理」を意味するマーケティング手法です。

一方、CMSは、Contents Management System(コンテンツマネージメントシステム)の頭文字をとったもので、webサイトの構築・管理を効率化するためのツールです。webサイトを構築する際にはHTMLやCSSの基本的な知識が必要で、専門知識がないと取り組みが難しいのが現状。しかし、CMSがあれば専門知識がなくてもwebサイトの構築ができます。

どちらも現代のITには欠かせないシステムですが、混同しないように気を付けましょう。

CRMの広告

近年、web広告の重要性が高まり、CRMデータを用いた広告が注目を集めています。CRMを用いた広告はアドレサブル広告とも呼ばれ、顧客のターゲティングをした上で広告を出稿するのが特徴です。

CRMデータを用いた広告はさまざまありますが、第一にはメールの開封率やクリック状況に応じた広告配信があります。また、CRMの顧客管理データから、ミスマッチな広告がでることを防ぎます。そのほか、一定期間リピートがない顧客に対して、フォロー広告を行うことも可能です。CRMデータを用いれば高い効果を持つ広告配信も夢ではありません。

CRMを活用したシナリオ設計

CRMを活用したシナリオ設計とは、ターゲットとの状況と心理状態に適したアプローチ方法を決めることです。シナリオ設計では次の4つのポイントを押さえるようにしましょう。

・ターゲット選定

シナリオ設計では最初にターゲットを絞り込みます。顧客の属性、新規か既存かなどユーザーの状態に即したアプローチをすることで成約率を高めます。

・コンタクトのタイミング

ターゲットを決めたらコンタクトのタイミングを決めます。タイミングを間違えると必要な情報が届かない恐れがあるため要注意です。タイミングはCRMの顧客データを分析した上で決定します。

・伝える内容

顧客が必要としている情報は何かを考えます。ターゲットやタイミングが適切でも内容がピント外れならアプローチは失敗に終わるため、コンテンツ内容はよく吟味してください。

・アプローチ方法

最後にどのような方法でアプローチをするか考えます。メール、アプリ、SNS、webサイトなどチャンネルはさまざまですが、最適のアプローチ方法を選択することで効果を高められます。

CRMの分析手法

CRMを活用した分析手法についていくつかご紹介します。

・RFM分析

RFMとは、Recency(最後の購買からの経過時間)・Frequency(頻度)・Monetary(購入金額)の頭文字をとったもので、購入日、購入頻度、購入金額で顧客をスコア化し、優良顧客か否か顧客を分類するという手法です。

・デシル分析

ある期間内の購入金額で顧客を分類する手法です。顧客を購入金額が多い順に並べ10のグループに分類。グループごと売上への貢献度を分析します。

・セグメンテーション分析

年齢、性別、居住地など顧客の属性や過去の購入履歴などから顧客をグルーピングする手法です。

・CTB分析

Category(分類)・Taste(デザイン・サイズ)・Brand(ブランド)の3つの頭文字をとっています。購入された商品ごとに3要素のデータを蓄積。新製品の販売予測に役立てます。

CRMの分析手法はこのほかにもあります。製品導入後はさまざまな角度から現状分析を行うことが可能です。

CRMのメリット・デメリット

CRMシステムを導入するとマーケティングを行う上で多くのメリットがありますが、ツール導入に際してはいくつか気を付けるべき点もあります。業務システムは一度導入をすると、合わないからと後から交換するのは想像以上に大変です。そのため、事前にメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。以下、CRMのメリットとデメリットについて解説をします。

メリット

①顧客情報の一元化

CRMシステムを導入すると社内でバラバラに管理されていた顧客情報を一元管理できるようになります。顧客情報が一元管理されれば退職者や異動があっても混乱がなく、顧客に対しても一貫性ある対応が可能です。部署間の情報共有も容易になります。

②業務効率化

CRMシステム導入により様々な業務が効率化できます。例えば顧客との商談の日程調整、顧客データの分析などの多くは自動化できます。営業活動もデータに基づいて戦略的に行えるようになるため、少ない労力で最大の成果を上げられるようになるでしょう。業務効率化により空いた時間は他の業務にリソースを割けるようになるため生産性も向上します。

➂顧客満足度の向上 

CRMシステムの導入は顧客満足度の向上にも役立ちます。既存客を優良顧客・ロイヤルカスタマーに成長させるには顧客満足度の向上が不可欠で、CRM導入により顧客の属性に沿ったアプローチができるようになります。CRMはOne to Oneマーケティング実現の鍵を握る重要なツールであり、企業の計画立案に役立つでしょう。

デメリット

①導入コストがかかる

CRM導入にはコストが発生します。ツールの利用料金だけでなく、導入に際しての業務フローの構築や教育にかかるコストも見ておかなければなりません。クラウド型の場合は導入時の費用負担は少ないものの毎月利用料が発生するため、長期的なランニングコストについても考慮する必要があります。コストの問題については費用対効果を考慮すると大きな失敗は回避できます。

②定着しない場合がある

CRMシステムを導入しても、場合によっては業務として定着しない場合もあります。試してみたものの効果が感じられない、操作が難しくて扱いづらいなどの要素があると次第に使われなくなる恐れがあります。導入の効果については一定期間を経ないと分からない部分もありますが、使い勝手についてはトライアル等で事前に確認することができます。積極的に活用しましょう。

CRM以外のSaaS

アイミツSaaSではCRM以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。