kintone
サイボウズ株式会社
出典:サイボウズ株式会社 https://kintone.cybozu.co.jp/

kintone

kintoneとは、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できる、サイボウズ社のクラウド型SFA(営業支援システム)です。顧客管理、レポート機能、プロセス管理、リマインド通知など、SFAとして十分な役割を兼ね備えています。業務アプリを直感的に作成でき、社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているため、社内でのスピーディーな情報共有が可能です。また、スマホやタブレットにも対応しているので、時間や場所を選ばずに仕事をすることもできます。そのほか、セキュリティ面も安心で、アプリにアクセスできるIPアドレスや端末を制限する機能もついているため、安心して利用することができます。

トライアルあり

料金(価格・費用)

kintoneの料金プランをご紹介します。

  • ライトコース
    780円/1ユーザー
  • スタンダードコース
    1,500円/1ユーザー

特徴・メリット

kintoneの3つの特徴やメリットをご紹介します。

1
顧客情報を集約して管理・共有できる

取引先や見込み顧客の情報をシステム上に集約して管理・共有でき特徴を持ち、名刺をweb上で共有する機能を利用することにより、チーム全体で情報を有効活用することが可能です。登録している情報をPCやスマートフォンから簡単に検索できるほか、顧客情報に案件履歴を紐付けて管理することが可能。関連情報を参照すれば、質の高い営業活動が実現できるでしょう。

2
案件の状況を「見える化」できる

取引先との案件状況をシステム上で見える化できるため、スムーズな進捗把握ができるとともに、マネージャー層は担当者に迅速な指示を出せるようになります。適切なタイミングでアクションを起こすことができるようになるため、機会損失を減少させることができるでしょう。スマートフォンやタブレットからもアクセスで、外出先からでも確認可能です。

3
スムーズな見積もり作成が可能

見積もり作成をスムーズに行える点がメリットで、見積もり作成に必要な情報はシステムに登録されている情報から自動的に転記されるため、転記作業は必要ありません。ボタンひとつで出力が可能であり、生産性が格段に向上するでしょう。見積もり作成前に現在の内容に至った経緯をチェックすることによって変更履歴の確認ができるため、認識の齟齬を防げます。

機能

kintoneの主な機能をご紹介します。

案件管理機能

予実管理機能

タスク管理機能

ワークフロー機能

ダッシュボードでの管理機能

おすすめアクションの提示機能

顧客管理機能

見込み顧客の管理機能

顧客行動のスコアリング機能

API連携・CSV連携できるサービス

kintoneとAPIやCSV等で連携できるサービスをご紹介します。

クラウドサイン

DocuSign

Adobe Sign

運営会社

サービスを運営するサイボウズ株式会社の概要です。

  • 会社名
    サイボウズ株式会社
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階
  • 拠点
    東京都
    北海道
    宮城県
    神奈川県
    愛知県
    大阪府
    広島県
    愛媛県
    福岡県
  • 設立
    1997年8月
  • 代表名
    青野 慶久
  • 従業員規模
    647名(2020年12月末)
  • 事業内容
    グループウェアの開発、販売、運用
    チームワーク強化メソッドの開発、販売、提供
  • 資本金
    613百万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。