QuickCRM
株式会社MITシステム研究所
出典:株式会社MITシステム研究所 https://quickcrm.site/

QuickCRM

QuickCRMとは、株式会社MITシステム研究所が提供する専門知識なしでニーズにフィットした構築が可能なCRMです。長年の実績やノウハウをもとに作られたコールセンター対応顧客管理システムが、画面作成、機能実装、テスト修正まですべてに対応したシステムを簡単構築。クラウド系の電話サービス(Avaya系、SoftBank、Amazon Connect、CT-E1、mPBX)および設置型(Avaya、AspireUX、CTstage、SV9000、CIC等)との接続も可能です。コミュニケーションツール(SMS送信、メール送受信、LINE送受信、センター内チャット、センター内周知)、レポート作成、タブレット端末、アウトバウンド等の豊富で高機能なオプションも用意。規模の増減も柔軟に対応。拡張性の高いオプション機能が誰でも構築できるフィットしたCRMを可能にします。

特徴・メリット

QuickCRMの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
コンタクトセンター向けのCRMシステム

コンタクトセンター向けのCRMシステムを10年以上運用してきたノウハウのある会社が提供しているCRMシステムです。エントリーモデルから高機能モデルまでシームレスに利用できるという点が魅力。業務管理・データ管理・レポート機能などの基本的な機能に加え、Excelとの連携による自動画面作成機能など拡張機能も充実しています。

02
選べるデータベース環境設置場所

基本的には提供会社のクラウド環境(AWSはSoftBank)上に設置する形ですが、ユーザーの環境にデータベースを設置することもでき、ニーズに合わせてデータベース設置場所を選べる点はメリットだと言えるでしょう。セキュリティーポリシーなどの関係でデータベースを外部に設置できない場合でも自社の環境に設置しての利用が可能なため、安心して導入できます。VPN回線を使用しての利用も可能です。

03
豊富なCTI接続・オプション機能

CTI(電話系サービス)との接続や豊富なオプション機能などを利用できる点が魅力。Avaya系・SoftBank・Amazon Connectといったクラウド系の電話サービスや、AspireUXなどの設置型電話サービスと連携して便利に利用できます。SMSなどコミュニケーションツールとの連携やレポート作成などのオプション機能も利用可能です。

機能

QuickCRMの主な機能をご紹介します。

見込み顧客の管理機能

リードのタグ設定

企業情報の自動取得機能

メール一斉配信

リードナーチャリング機能

リードスコアリング機能

LINEメッセージ配信機能

SMS配信機能

API連携・CSV連携できるサービス

QuickCRMとAPIやCSV等で連携できるサービスをご紹介します。

Marketo

SHANON MARKETING PLATFORM

sansan

LINE

運営会社

サービスを運営する株式会社MITシステム研究所の概要です。

  • 会社名
    株式会社MITシステム研究所
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー11F
  • 拠点
    東京都
  • 設立
    1980年6月
  • 代表名
    水尾 恒雅
  • 資本金
    9,000万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。