自社に合う「EC一元管理システム(OMS)」が見つかる
プロがお悩みや要望をヒアリングし、サービスを比較選定します
EC一元管理システム(OMS)の導入は初めてですか?
はい
いいえ
サンプル1

2分で
サービス診断

2分で診断

選択肢をクリックする
だけで診断完了

サンプル2

最大4サービス
絞り込み

絞り込み

全4サービスから
最大4つに絞り込み

サンプル3

比較して
サービスを選ぶ

サービスを選ぶ

料金・機能を比較し
サービスを選ぶ

EC一元管理システム(OMS)

【2024年2月】EC一元管理システム(OMS)のランキング

EC一元管理システム(OMS)

最新のEC一元管理システム(OMS)4件をランキング形式で一覧掲載(2024年02月23日時点のランキングを表示中)。EC一元管理システム(OMS)の料金や機能、特徴をまとめて比較することができます。画面左に設置された【検索機能】を活用すれば、「導入企業の規模」「導入業界の実績」「使いたい機能」「連携したいシステム」を絞り込んで条件に合ったサービスの人気ランキングを一覧で確認できます。また、画面下に表示される【比較表を作る】から最大6サービスの比較表を作成することも可能です。条件を選択することで、受注管理機能のあるEC一元管理システム(OMS)や在庫管理機能のあるEC一元管理システム(OMS)、フルフィルメント連携ができるEC一元管理システム(OMS)などを探すこと出来ます。また、【比較表機能】を利用すれば、最大4サービスの料金や無料・トライアルプランの有無、機能、連携サービス、導入実績などを簡単に比較することができます。

  • EC一元管理システム(OMS)とは

    EC一元管理システム(OMS)とは、複数チャネルを跨るECサイトの受注から出荷までを一元管理できるシステムです。複数のチャネルに跨るECサイト運営では、受注・売上・出荷・在庫管理など一連の業務が煩雑になりがちで非効率が発生してしまいます。
    EC一元管理システム(OMS)を活用すれば、これの非効率を解決するとともに、人的リソースの開放にもつながるため、業務負担を減らしながらも、売り上げ向上に寄与する分析や施策思案・実行に注力可能です。
    ECサイトを活用する企業が増えている背景を受け、ECサイト運営に係る業務の効率化を実現するEC一元管理システム(OMS)に近年注目が集まっています。

  • EC一元管理システム(OMS)の選び方

    EC一元管理システム(OMS)の選び方で特に重要なのは以下の3つです。
    ・必要なチャネルに対応しているか
    ・必要な機能はあるか
    ・サポートは充実しているか
    まずは必要なチャネルに対応しているか確認しましょう。自社で利用予定・利用中のECモールと連携できないと、EC一元管理システム(OMS)を導入する意味がありません。
    次に、必要な機能をチェックしましょう。EC一元管理システム(OMS)では、受注から発注までECサイト運営に係る業務に関する機能がありますが、自社で必要とする機能が明確でないと、「使いたい機能が無い」「多すぎて使いこなせない」などにつながります。
    また、機能を使いこなすにはサービス側のサポートが充実しているかも重要です。メールや電話サポートで、スピーディ且つ丁寧に対応してくれるかを確認しましょう。

  • EC一元管理システム(OMS)の価格・料金相場

    EC一元管理システム(OMS)の料金体系は、初期費用+月額費用+オプション費用のサービスが多いです。初期費用は無料のサービスも多く、導入にかかる費用を抑えられます。変動が大きいのは月額費用で、プラン制を採用しているサービスが多く、取り扱う商品数や、利用する機能数によって変動する仕組みです。
    また、月額は固定料金の場合と、基本料金+従量課金制の場合があり、一見すると前者の方が高く見えても、取り扱う商品数に応じて月に支払う料金が多いと結果的に高くつく可能性があります。そのため、できるだけ導入前に自社の商品数を把握して料金シミュレーションするのが重要です。

    料金相場
    初期費用:無料~
    月額費用:9,800円~

絞り込む
該当 4 1ページ目 1〜4件
株式会社GoQSystem
トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり
プロが代わりに探して紹介します!
こんなシステムを探していませんか?
要件に対応できる
初心者でも使いやすい
株式会社ネットショップ支援室
トライアルあり
株式会社東通メディア
出典:株式会社東通メディア https://www.totsumedia.co.jp/index.html
株式会社ロジレス

EC一元管理システム(OMS)のメリット・デメリット

EC一元管理システム(OMS)の導入による代表的なメリットは以下の3つです。
・ECサイトの管理業務効率化
・人的リソースの開放
・売上向上につながる
EC一元管理システム(OMS)を導入すれば、受注から出荷までECサイトに係る一連の業務を一つのシステムで一元管理できるので、複数チャネルを行ったり来たりして管理する必要がなくなります。また、各チャネルの受注の取り込みや出荷情報は自動で更新されるので、人的リソースの開放も可能。人が行う作業が減ることで、人的ミス削減にもつながります。
加えて、事務的な作業に追われていた従業員の時間が空くので、より売上向上につながる分析や施策の思案・実行が可能になり、経営改善にも期待できるでしょう。

EC一元管理システム(OMS)の機能

EC一元管理システム(OMS)の代表的な機能は以下の通りです。
・受注管理機能
・売上管理機能
・出荷管理機能
・在庫管理機能
受注管理機能はAPIによる自動取り込みのほか、CSV取り込みも可能です。売上管理機能では、日ごとの受注や販売点数、収支状況をリストやレポート表示で確認できるので、分析にも役立てられます。出荷管理機能では、出荷状況の確認ができるほか、同梱書類の確認、送り状番号で配送状況が確認できるメールも自動送信可能。在庫管理機能では、倉庫に保管してある在庫数をリアルタイムで把握できます。

EC一元管理システム(OMS)の導入事例

EC一元管理システム(OMS)の導入により、ECサイトの管理業務を効率化し、事業拡大や売上アップを実現している企業は多くあります。
とある企業では、膨大な受注の処理にかかる時間と従業員の労力に課題を感じたため、EC一元管理システム(OMS)を導入。導入後は、受注処理がスムーズになり時間を短縮できたのはもちろん、人的ミスの削減にも成功しました。また、ある企業では受注管理業務が簡略化したことにより、マーケティングや市場調査に時間を割けるようになったほか、手間やミスの不安がなくなったことで販路拡大も実現しています。
このほか、出荷におけるラベル印刷の手間や在庫確認の非効率にお悩みの企業にも、EC一元管理システム(OMS)の導入がおすすめです。

EC一元管理システム(OMS)の市場規模・シェア率

インターネットによる商取引が盛んになる昨今、企業においてはEC一元管理システム(OMS)などのITツールを活用する重要性が高まっています。
NE(エヌイー)株式会社の調査(※)によると、月商100万円以上のECサイト運営を行っている個人・法人のうち、一元管理システムの導入率は92%にも上りました。また、このうちEC事業開始から1ヶ月以内での導入率は59%、1〜3か月以内での導入率が15%と明らかになっており、EC一元管理システムのスピーディな導入と活用はEC事業で成果を出すためには必須といえるでしょう。
こうした背景を受け、EC一元管理システムは今後も市場規模を拡大していくと予想されます。

※PR TIMES|月商100万円以上のEC事業者の6割はEC事業開始1ヶ月以内にシステムを導入していた ネクストエンジン調査(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000125456.html)

EC一元管理システム(OMS)以外のSaaS

PRONIアイミツではEC一元管理システム(OMS)以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。