自社に合う「生産管理システム」が見つかる
プロがお悩みや要望をヒアリングし、サービスを比較選定します
生産管理システムの導入は初めてですか?
はい
いいえ
サンプル1

2分で
サービス診断

2分で診断

選択肢をクリックする
だけで診断完了

サンプル2

最大6サービス
絞り込み

絞り込み

全23サービスから
最大6つに絞り込み

サンプル3

比較して
サービスを選ぶ

サービスを選ぶ

料金・機能を比較し
サービスを選ぶ

【2024年3月】生産管理システムのランキング

生産管理システム

最新の生産管理システム23件をランキング形式で一覧掲載(2024年03月01日時点のランキングを表示中)。生産管理システムの料金や機能、特徴をまとめて比較することができます。画面左に設置された【検索機能】を活用すれば、「導入企業の規模」「導入業界の実績」「使いたい機能」「連携したいシステム」を絞り込んで条件に合ったサービスの人気ランキングを一覧で確認できます。また、画面下に表示される【比較表を作る】から最大6サービスの比較表を作成することも可能です。生産管理の業務効率化や、生産の余剰・不足防止に役立つ生産管理システムをお探しなら、ぜひご活用ください。

  • 生産管理システムとは

    生産管理システムとは、生産過程におけるすべての業務・工数を一元管理できるシステムです。生産には、計画・設計・発注・生産・販売・在庫管理など、多くの工程があります。そのため、それぞれの進捗や管理業務が複雑になりがちで、紙やExcelを使っていてもミスや非効率、属人化などの問題が発生する企業は多いです。生産管理システムでは、生産における業務フローをひとつのシステムで一元管理することで、進捗の把握や情報共有などが簡単にできるため、生産管理業務を効率化できます。
    また、ミスや属人化の解消にもつながるため、管理業務に割かれていた時間を、より生産性が向上するための思案・対策立案などの時間にも充てられ、経営改善にも期待できるでしょう。

    更に詳しく知りたい方は、生産管理システムとは何かを解説した記事をご覧ください。

  • 生産管理システムの選び方

    生産管理システムの選び方で重要なのは以下の3つです。
    ・自社の業種や生産形態に適しているか
    ・必要な機能があるか
    ・操作性に優れているか
    生産管理システムには、「化学製品向け」「鉄鋼業向け」など業種に特化したサービスが多数あります。業種に特化しているサービスは、その業種特有の課題解決に役立つ機能を具えているほか、サポート面でも豊富な知識を持っているので、活用しやすいです。
    また、その中でも必要な機能があるかを確認する必要があります。例えば工程の進捗を管理したいならフローチャート機能が、在庫の過不足を管理し経営改善に役立てたいなら分析機能等が必要です。
    加えてそれらの機能を使いこなすには、操作が簡単でなければならないので、誰でも扱えるシステムを選びましょう。  

  • 生産管理システムの価格・料金相場

    生産管理システムの料金体系は、初期費用+月額費用+オプション費用です。導入にかかる費用として初期費用、利用料として月額費用が掛かります。月額費用は、固定料金プラン制を採用しているサービスが多く、○○人~○○人まで○○円などの人数指定制です。また、利用する機能によっても変動します。表示価格は安く見える場合でも、実際の利用人数を鑑みると高額になる場合はよくあるため、利用人数と機能を十分に比較しましょう。

    料金相場
    初期費用:300,000円~
    月額費用:5,000円~150,000円  

絞り込む
該当 23 1ページ目 1〜23件
日本電気株式会社
出典:日本電気株式会社 https://jpn.nec.com/soft/explanner/explanner-z/index.html
プロが代わりに探して紹介します!
こんなシステムを探していませんか?
要件に対応できる
初心者でも使いやすい
株式会社シナプスイノベーション
株式会社キャム
トライアルあり
株式会社テクノア
出典:株式会社テクノア https://www.techs-s.com/product/techs-s-noa
GEN株式会社
出典:GEN株式会社 https://www.e-commode.co.jp/
上場企業導入実績あり
プロが代わりに探して紹介します!
こんなシステムを探していませんか?
要件に対応できる
初心者でも使いやすい
株式会社ネクスタ
株式会社セイノー情報サービス
出典:株式会社セイノー情報サービス https://www.siscloud.jp/
株式会社日本コンピュータ開発
出典:株式会社日本コンピュータ開発 https://kaizen-navi.biz/fuse
日本電気株式会社
出典:日本電気株式会社 https://jpn.nec.com/
上場企業導入実績あり
トライアルあり 上場企業導入実績あり
株式会社Cloud2works
出典:株式会社Cloud2works https://cloud2mfg.com/jp/
上場企業導入実績あり
株式会社エクス
出典:株式会社エクス https://www.xeex.co.jp/products_services/factory-one/st
トライアルあり
株式会社Digit Works
出典:株式会社Digit Works https://www.i-prow.com/
株式会社TFGデータ
出典:株式会社TFGデータ http://tfgdata.jp/index.html
株式会社トウ・ソリューションズ
出典:株式会社トウ・ソリューションズ https://www.to-solutions.co.jp/foodprocs/
プロが代わりに探して紹介します!
こんなシステムを探していませんか?
要件に対応できる
初心者でも使いやすい
株式会社OSK
出典:株式会社OSK https://www.kk-osk.co.jp/products/air_v_industry/wunjin.html
GEN株式会社
出典:GEN株式会社 https://www.gen-square.com/factory
トライアルあり
株式会社ケーエムケーワールド
出典:株式会社ケーエムケーワールド https://asstyle.kmkworld.com/
株式会社構造計画研究所
出典:株式会社構造計画研究所 https://solution.kke.co.jp/adap/
トライアルあり 上場企業導入実績あり
株式会社ティーピクス研究所
出典:株式会社ティーピクス研究所 https://www.tpics.co.jp/
上場企業導入実績あり
CMA株式会社
日本オラクル株式会社
出典:日本オラクル株式会社 https://www.netsuite.co.jp/products/erp/production-management.shtml
上場企業導入実績あり
株式会社インプローブ
出典:株式会社インプローブ https://www.smart-go.net/prevision/
トライアルあり
プロが代わりに探して紹介します!
こんなシステムを探していませんか?
要件に対応できる
初心者でも使いやすい

生産管理システムのメリット・デメリット

生産管理システムの導入による代表的なメリットは以下の3つです。
・生産管理業務の効率化
・生産性向上
・経営改善
生産管理システムを導入すれば、生産過程がすべて可視化されるので、情報共有や進捗管理が簡単にできます。
また、製品ごとに管理方法が異なるケースなども、ベテラン社員や知識のある社員に業務が依存しなくなり属人化も解消可能。業務が可視化・標準化されると従業員全体で同じ働きができるようになるので、生産性の向上が期待できます。
くわえて、分析機能などを活用すれば、余剰在庫や在庫切れなども把握できるため、適正在庫での管理が可能になり、無駄な管理コストや仕入れコスト削減による経営改善にもつながるでしょう。  

生産管理システムの機能

生産管理システムには生産業務における管理を支援するあらゆる機能があります。
・計画管理
・原価管理
・進捗管理
・販売管理
・在庫管理
上記は生産管理システムの代表的な機能です。進捗管理では現在の進捗が自動で更新され可視化されるので、納期に間に合うのか、遅れている場合はどこで遅れが発生しているかなどが簡単に把握できます。リアルタイムで情報を把握できるため、迅速な経営判断をサポートします。在庫管理では、バーコード読み取りなどを活用した自動化でスピーディ且つ正確に在庫を把握できます。また、分析機能を併用して在庫の余剰・不足などもわかるので、適正在庫による経営改善が可能です。  

生産管理システムの導入事例

生産管理システムの導入により、実際に大幅な工数削減やコストカットを実現している企業は多くあります。
在庫管理に課題を抱えていたとある金属加工業では、生産管理システムを導入後、約100万円分の余剰在庫の削減を実現するとともに、年間で在庫確認に費やす時間を72時間分削減しました。
また、とある化学メーカーでは、手書き・Excelでの工程管理に毎日数時間かかっていたため、生産管理システムを導入したところ、月間約100時間の工数削減と従業員1人の省人化を実現するとともに、急ぎの案件の際も都度現場に行って進捗確認をする手間がなくなりました。
このように生産過程における、コスト削減や工数削減を実現したい企業には生産管理システムの導入がおすすめです。

生産管理システムの市場規模・シェア率

2023年に商工中金が行った調査(※1)によると、中小企業のIT・ソフトウェアの活用状況における生産管理システムの市場シェア率は25.8%でした。生産業の課題としては、データの収集・活用に課題を感じている企業が多いと明らかになっている調査(※2)もあります。
これらの結果から、生産管理における工程をデータで管理し、それらを分析・活用することで経営改善につながる生産管理システムは、今後も一層市場シェア率を伸ばしていくと予想されます。

※1:商工中金|中小企業のIT・ソフトウェアの活用状況に関する調査(https://www.shokochukin.co.jp/report/data/assets/pdf/futai202301.pdf)
※2:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社|我が国ものづくり産業の課題と対応の方向性に関する調査(https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2022FY/000060.pdf)  

生産管理システム以外のSaaS

PRONIアイミツでは生産管理システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。