自社に合う「販売管理システム」が見つかる
プロがお悩みや要望をヒアリングし、サービスを比較選定します
販売管理システムの導入は初めてですか?
はい
いいえ
サンプル1

2分で
サービス診断

2分で診断

選択肢をクリックする
だけで診断完了

サンプル2

最大6サービス
絞り込み

絞り込み

全25サービスから
最大6つに絞り込み

サンプル3

比較して
サービスを選ぶ

サービスを選ぶ

料金・機能を比較し
サービスを選ぶ

【2024年7月】販売管理システムのランキング

販売管理システム

最新の販売管理システム25件をランキング形式で一覧掲載(2024年07月15日時点のランキングを表示中)。販売管理システムの料金や機能、特徴をまとめて比較することができます。画面左に設置された【検索機能】を活用すれば、「導入企業の規模」「導入業界の実績」「使いたい機能」「連携したいシステム」を絞り込んで条件に合ったサービスの人気ランキングを一覧で確認できます。また、画面下に表示される【比較表を作る】から最大6サービスの比較表を作成することも可能です。販売データを一元管理できる上、売上予測や販売戦略に役立つ販売管理システムを導入したい企業は、ぜひご活用ください。

販売管理システムとは

販売管理システムとは、企業や商売における販売管理業務を効率化するためのシステムです。販売管理には、受注管理・売上管理・原価管理・在庫管理・支払い管理などさまざまなやるべき業務がありますが、販売管理システムではこれらを一元管理できます。また、管理業務だけでなく分析機能も具えているシステムもあり、売れ筋の分析や顧客の分析など、売上向上にも役立ちます。販売管理業務をシステムで一元管理できると、業務の属人化解消や情報のリアルタイム共有による効率化が図れるなど多くのメリットがあるため、多くの企業に導入されています。

更に詳しく知りたい方は、販売管理システムとは何かを解説した記事をご覧ください。

販売管理システムの選び方

販売管理システムの選び方で重要なのは以下の3つです。
・導入形態
・利用規模
・サポート体制
販売管理システムは、機能を自社用にカスタマイズできるオーダーメイドタイプと、基本的な機能が具わっているパッケージタイプの2種類の導入形態があるので、自社にとって必要な機能が何かを洗い出してから導入形態を決めるのが重要です。
また、利用規模によりランニングコストは大きく変動します。従業員数が多い企業では、利用人数を絞るなど工夫して導入費用を抑える必要があるでしょう。
くわえて、機能が豊富な販売管理システムは提供会社のサポートが欠かせません。使い方指導や不具合が生じた際に手厚いサポートがあるかも確認しましょう。  

販売管理システムの価格・料金相場

販売管理システムの料金体系は、初期費用+月額費用+オプション費用です。初期費用無料のITツールが多い中、販売管理システムは5万円~30万円程度の初期費用がかかります。月額費用は、利用する機能数とライセンス数により変動する従量課金タイプで、6,800円~70,000円が相場と幅のある価格帯です。ライセンス数は、1ライセンス当たりの利用人数上限がそれぞれのサービスで異なるので、よく確認してから比較検討を進めましょう。

料金相場
初期費用:50,000円~300,000円
月額費用:6,800円~70,000円  

該当 25 1ページ目 1〜25件
富士通Japan株式会社
出典:富士通Japan株式会社 https://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/services/application-services/enterprise-applications/glovia/glovia-kirara/
プロが代わりに探して紹介します!

こんなシステムを探していませんか?

要件に対応できる

初心者でも使いやすい

トライアルあり 上場企業導入実績あり
freee株式会社
株式会社WorkVision
出典:株式会社WorkVision https://workvision.net/
株式会社キャム
トライアルあり
プロが代わりに探して紹介します!

こんなシステムを探していませんか?

要件に対応できる

初心者でも使いやすい

株式会社オービック
出典:株式会社オービック https://www.obic.co.jp/
株式会社ネクスタ
アルプ株式会社
上場企業導入実績あり
株式会社アイル
出典:株式会社アイル https://aladdin-office.com/
上場企業導入実績あり
日本電気株式会社
出典:日本電気株式会社 https://jpn.nec.com/soft/explanner/explanner-z/index.html
株式会社テクノア
出典:株式会社テクノア https://www.techs-s.com/product/techs-s-noa
株式会社エステイエス
株式会社オロ
IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
IT業界の実績多数 コンサルティング業界の実績多数
株式会社フリップロジック
出典:株式会社フリップロジック https://www.flam.jp/
トライアルあり
株式会社日本システムテクノロジー
出典:株式会社日本システムテクノロジー https://www.rakusyo.jp/
プロが代わりに探して紹介します!

こんなシステムを探していませんか?

要件に対応できる

初心者でも使いやすい

株式会社ビジネス・アソシエイツ
出典:株式会社ビジネス・アソシエイツ https://www.ba-net.co.jp/plaza-i/
株式会社オロ
出典:株式会社オロ https://www.oro.com/reforma-psa/
株式会社センチュリーシステムズ
出典:株式会社センチュリーシステムズ http://www.censys.co.jp/solution/exequint.html
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・セキスイシステムズ
出典:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・セキスイシステムズ https://skitflexi.jp/
株式会社日立ソリューションズ西日本
出典:株式会社日立ソリューションズ西日本 https://www.hitachi-solutions-west.co.jp/products/industry/kit3/index.html
株式会社ミロク情報サービス
出典:株式会社ミロク情報サービス https://portal.tetsujin.mjs.co.jp/index.html
トライアルあり
株式会社NTTデータ・ビズインテグラル
出典:株式会社NTTデータ・ビズインテグラル https://corp.biz-integral.com/
上場企業導入実績あり
株式会社大塚商会
出典:株式会社大塚商会 https://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/product/smilev-sales/?02=82_erpnavi_v-sales_gn
トライアルあり
株式会社アール・アンド・エー・シー
トライアルあり 上場企業導入実績あり
株式会社ビジー・ビー
トライアルあり
プロが代わりに探して紹介します!

こんなシステムを探していませんか?

要件に対応できる

初心者でも使いやすい

販売管理システムのメリット・デメリット

販売管理システムを導入する代表的なメリットは以下の3つです。
・販売管理業務の効率化につながる
・業務の属人化を解消できる
・経営改善に期待できる
販売管理システムの導入により、販売管理に係るあらゆる業務を一元管理できるので、業務効率化につながります。また、情報を一か所で一元管理できると部署ごとの管理ではなくなるので、共有しやすくなるほか、それぞれの管理業務の属人化も解消可能です。さらに、分析機能に基づいて適正な在庫管理や仕入れ管理を行えば、余剰在庫や在庫切れを減らせるので、経営改善にも期待できるでしょう。  

販売管理システムの機能

販売管理システムの代表的な機能は以下の通りです。
・売上管理
・仕入管理
・在庫管理
・分析機能
・データ連携
主な機能は上記の通りですが、販売管理システムを提供する会社によって詳細な機能や使用感は千差万別なので、無料トライアル等で実際に使ってみて確かめるのがおすすめです。システム自体の機能性を確認するのも重要ですが、業務効率化を促進するためには自社がすでに使っている会計システム等の外部システムとの連携による互換性もチェックしておきましょう。

販売管理システムの導入事例

販売管理システムの導入により、実際に業務効率化を実現している企業は多くあります。
とある企業ではクラウド型の販売管理システムを導入し、3拠点にまたがる利用によりリアルタイムの情報共有を実現するとともに、据え置き機器のメンテナンス等に割く時間も削減でき、ほかの業務に充てられる時間を増やすことに成功しました。
また、販売管理としてのシステム利用ではなく、社内の車両整備依頼や部品の受発注管理として利用する企業でも、繁忙期は1日3時間もかかっていた作業を10分程度に短縮でき、より重要な業務に注力できるように。
このように販売管理に係る業務だけでなく、さまざまな受発注における業務の効率化に課題を抱えているなら販売管理システムの導入がおすすめです。

販売管理システムの市場規模・シェア率

販売管理システムのニーズは年々高まっており、それに伴い市場シェア率も増えています。2021年の株式会社タナベ経営によるアンケート(※)では、5,969社のうち販売管理システムを導入している企業は35.6%で、人事・給与計算システムに次ぐ2番目に多い導入率でした。
人材不足が課題である日本の中小企業にとって、業務効率化は優先度の高い取り組みのひとつです。限られた人的リソースの中で業務効率化を実現するには、ITツール活用がカギとなります。販売業務に係るあらゆる業務を効率化できる販売管理システムは、今後も高いニーズを維持すると考えられるため、シェアを伸ばしていくでしょう。

※:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000058707.html

販売管理システム以外のSaaS

PRONIアイミツでは販売管理システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。