受発注システム一覧

受発注システム5サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、見積書作成機能のある受発注システムやLINEと連携した機能のある受発注システム、製造業界への導入実績のある受発注システムなどを探すこと出来ます。

該当 5 1ページ目 1〜5件
株式会社インフォマート
出典:株式会社インフォマート https://www.infomart.co.jp/index.asp

BtoBプラットフォーム 受発注は、受注者・発注者双方の負担を軽減する受発注システムです。データでの受発注により、FAX用紙や請求書などの郵送費を削減。入力作業や発送処理なども自動化により、担当者の事務作業の負担を軽減します。データを受注者・発注者で共有しているため、仕入額と請求書の突合など各種確認作業も不要。発注業務がスマホ・タブレットからできるのも嬉しいポイントです。

CO-NECT株式会社
出典:CO-NECT株式会社 https://conct.co.jp/
トライアルあり 無料プランあり

CO-NECTとは、様々な職種に対応可能な受発注システムです。発注先が導入していなくても利用できるのが特徴。CO-NECTがFAXやメールに変換して発注書を自動で送信します。また、発注側は無料で使えるため、受注側が導入する場合も安心して取引先へ案内できます。直感的に操作できるデザインなので、使いやすさも特殊です。手厚いサポート体制も特徴。メール、電話に加え、チャットによるリアルタイムでの対応もしています。最短申込み当日から利用が可能。全機能を試せる2週間の無料トライアルも導入しているので、検討段階でも安心です。

株式会社アクロスソリューションズ
出典:株式会社アクロスソリューションズ https://www.acrossjapan.co.jp/
上場企業導入実績あり

MOSとはスマートフォンなどモバイルデバイスから受注・発注が可能な受発注システムです。特徴は発注者目線の設計です。モバイルデバイスを使用するため、操作感もシンプル。ECサイトで買い物するような操作感で発注が可能です。基盤システムとも連携ができるのも特徴です。発注データをそのまま基盤システムに自動反映が可能。システムへのデータ入力などの業務を削減することもできます。業種に合わせたカスタマイズもできます。自社の業種に合わせた仕様にすることが可能です。

株式会社アイル
出典:株式会社アイル https://www.ill.co.jp//
上場企業導入実績あり

アラジンECとはWeb上で受注や発注を可能にする受発注システムです。電話やメールで行っていた得意先や社内など受発注に関するやり取りのデジタル化が可能。注文や問い合わせ業務の負担を軽減することができます。Webを利用した新規顧客の獲得・囲い込みなども可能。様々な活用ができるのも特徴です。汎用性が高いのも魅力。アパレルや食品、医療など様々な業種で導入されており、業界事に合わせたカスタマイズが可能です。

竹田印刷株式会社
出典:竹田印刷株式会社 https://ts-base.jp/
トライアルあり

TS-BASE受発注とは、BtoB事業者間の取引に特化した受発注システムです。受発注から物流・配送まで必要な機能が搭載しているのが特徴です。あらゆる業務フローや在庫・出荷状況の可視化が可能。一目で業務状況を把握できるため、問い合わせ対応の軽減やアナログ管理の脱却など、業務効率化を実現します。既に用意されている機能に加え、各社の個別開発によるカスタマイズも可能。独自の要件がある企業にもおすすめです。伴走型のカスタマーサポートや万全なセキュリティ体制など、安心して利用できる環境が整っています。

受発注システム以外のSaaS

アイミツSaaSでは受発注システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。