労務管理システムをお探しですか?
アイミツSaaSを使って手間なく最良のサービスと出会いましょう

労務管理システム一覧

労務管理システム22サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、無料で利用可能な労務管理システムやランキング上位の労務管理システム、価格の安い労務管理システム、機能が豊富な労務管理システムなどを探すことが出来ます。また、【比較表機能】を利用すれば、最大4サービスの料金や無料・トライアルプランの有無、機能、連携サービス、導入実績などを簡単に比較することができます。

該当 22 1ページ目 1〜22件
株式会社マネーフォワード
トライアルあり IT導入補助金対象
株式会社マネーフォワード
トライアルあり IT導入補助金対象
株式会社CSS-consulting
トライアルあり IT導入補助金対象
トライアルあり
株式会社オービックビジネスコンサルタント
出典:株式会社オービックビジネスコンサルタント https://www.obc.co.jp/bugyo-edge/labor
トライアルあり
株式会社Techouse
上場企業導入実績あり
株式会社SmartHR
トライアルあり 無料プランあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
IT業界の実績多数
トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
小売業界からの★評判4.0以上 外食業界からの★評判4.0以上
株式会社電通国際情報サービス
出典:株式会社電通国際情報サービス https://www.isid.co.jp/positive/
上場企業導入実績あり
金融業界の実績多数
株式会社DONUTS
出典:株式会社DONUTS https://lms.jobcan.ne.jp/
トライアルあり 無料プランあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
IT業界の実績多数
株式会社エフアンドエム
出典:株式会社エフアンドエム https://www.officestation.jp/roumu/
トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
株式会社アクティブ アンド カンパニー
出典:株式会社アクティブ アンド カンパニー https://www.aand.co.jp/lp/saireco/
トライアルあり 上場企業導入実績あり
株式会社ラクス
出典:株式会社ラクス https://www.rakurakuroumu.jp/
Bizer株式会社
出典:Bizer株式会社 https://bizer.jp/bizer/
トライアルあり
アマノ株式会社
出典:アマノ株式会社 https://www.tis.amano.co.jp/e-amano/
トライアルあり
株式会社エムケイシステム
出典:株式会社エムケイシステム https://directhr.jp/
無料プランあり
株式会社S&A
出典:株式会社S&A https://www.arrow-payment.com/
トライアルあり IT導入補助金対象
株式会社BEC
出典:株式会社BEC https://gozal.cc/
トライアルあり 上場企業導入実績あり
株式会社エムケイシステム
出典:株式会社エムケイシステム https://www.mks.jp/sce/
IT導入補助金対象
三菱電機ITソリューションズ株式会社
出典:三菱電機ITソリューションズ株式会社 https://www.mdsol.co.jp/ardio/
IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
株式会社日本シャルフ
出典:株式会社日本シャルフ https://www.shalf.jp/sharoushi_system/esia-zero/
トライアルあり 無料プランあり IT導入補助金対象
株式会社ナブアシスト
出典:株式会社ナブアシスト https://www.nav-assist.co.jp/products/goods/roumukanri.html
トライアルあり IT導入補助金対象

労務管理システムとは

労務管理システムとは、従業員の労務関連の手続きを効率化できるツールです。社会保険や労働保険、年末調整などの書類をシステム上で自動で作成することもでき、それらの人事情報を楽に収集、一元管理することができます。
システム上で作成した書類はそのまま役所へ電子申請ができるようになっており、作成、管理、申請まで労務管理業務の一連を効率化可能。電子申請に対応することで、時間を気にせずいつでも提出できるようになるのも大きなポイントです。労務管理システムがあれば社員の大切な労務関係の書類を速やかに用意できるようになるでしょう。  

さらに詳しく知りたい方は、労務管理システムとは?機能と導入のポイントも紹介【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

労務管理システムの仕組みと使い方

労務管理システムの仕組みは、紙の書類で行っていた労務管理の業務にかかる作業、管理、申請を電子化することで効率化を図るというものです。労務に関する書類の管理や手続きというのは重要な業務であるにも関わらず、社内で重要視されるのは売上や利益確保といった「攻め」の業務を優先しています。従業員が安心して働くためには福利厚生や社会保険をおろそかにしない「守り」の業務も大切です。
労務管理システムは従業員の社会保険や労務に関する業務の効率化に特化しており、入社・退社の手続きから、マイナンバーの管理、年末調整まで、従業員が安心して働くために必要な業務をサポート。システムにデータを取り込めば自動入力によって、関連する労務の書類を作成してくれるので、何度も同じ項目を手書きする必要がなくなるなど、大変便利なシステムと言えるでしょう。  

労務管理システムの機能

労務管理システムの機能では、雇用契約書の作成といった入退社関連、源泉徴収票などの年末調整関連、その他の関係書類の管理や手続きをはじめとした、従業員の雇用管理のIT化が実現できます。
例えば複数の拠点があると、書類を集めることだけでも時間と経費がかかりますが、システムに取り込めばすぐに終わります。従業員の入れ替えが多い業務になれば、その分労務に関係する書類を扱う機会が多くなるため、システム管理ができるようになるだけでかなりのコストカットが見込めるでしょう。サービスを選ぶ時は、自社にとって使いやすい操作ができるかどうかも気にしておくとより良いです。  

労務管理システムのメリット・デメリット

労務管理システムでは、労務関連書類作成の効率化や役所等への書類提出の手間削減のほか、書類発行等の手続きのスピードアップ、保険証などの発行が早くなる、など労務関連全般の作業を効率化することが可能です。
また、電子管理することで必要な書類を探す手間もなくなります。デメリットはシステム導入に一定のコストがかかることと、初めての導入となる場合は使用する従業員が対応できず、効率化どころか余計に時間がかかってしまう恐れがあることです。この点については、サービス提供元のサポートに頼るなどして対応すると良いでしょう。

メリット
①書類作成から回収までを効率化できる書類を作成してから回収するまでの時間が大幅に短縮可能です。紙ベースで労務関係の書類を作成する場合、書類を用意し配布して書いてもらってから回収しますが、この間に書き損じや記入漏れがあれば差し戻しになります。受け渡しの一連のやり取りがどこにいてもすぐできるようになり、効率が良くなるでしょう。

②従業員の書類管理が楽になる従業員の労務書類管理が電子化できることで、必要な時に書類がすぐに見つけられます。住所など登録情報に変更があってもすぐに修正できるので、書類の管理業務が大幅に楽になるでしょう。システムを活用すれば従業員自身で更新することも可能です。

③役所への手続きが効率化できる電子申請ができるようになることで、申請時に役所に行かなくてよくなるのは移動時間や移動コストが削減できるのでかなり大きなメリットと言えるでしょう。万が一不備があって修正が必要な時でも、出向く必要がないので担当者の負担を軽減してくれます。

デメリット
①導入コストが必要選ぶサービスにもよりますが、導入時の初期費用や使用人数に応じた月額使用料が発生します。企業の規模によって扱う書類の数も違い、特に小規模事業だとコストに見合った分の効果を実感しにくい場合も考えられるので、自社にあったサービスを選択しましょう。

②使いこなすまでに時間がかかる場合があるこれまで紙の書類で運用していたものが労務管理システムになることで、従業員自身が活用方法を習得するのに時間がかかることも考えられます。慣れるまでは、質問やサポートをしなければならないため、状況によっては非効率な場面も生まれるかもしれません。

さらに詳しく知りたい方は、労務管理システムのメリット・デメリットまとめ【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

労務管理システムの選び方

労務管理システムを選ぶ際は、まずシステムの対応可能範囲に気をつけてください。特に電子申請できる書類数や、出力できる種類が自社の求めているものがあるかどうかは重要です。システムの運用や操作は、労務担当者だけではなく、従業員側に対して覚えてもらうことや操作が必要になる場合があり、抵抗なく受け入れられるかどうかを見極めることも重要になるでしょう。
また、労務管理だけでなく他のシステムと連動させることで、会社の業務フローや書類管理をさらに効率良く運用できるシステムもあります。どのシステムが自社にとってもっとも適しているかを選ぶには、自社が解決したい課題を明確にし、その課題を解決できるシステムを選ぶことが重要です。企業の規模によって抱える課題は変わってくるので、どういう企業向けのサービスなのかという点から選ぶと良いでしょう。 

さらに詳しく知りたい方は、労務管理システムの選び方を徹底解説!【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。 

労務管理システムの価格・料金相場

労務管理システムの料金は、初期費用が無料のものから40万円程度まで、導入するシステムによって幅があります。どのような違いがあるか事前によく確認して導入しましょう。月額にかかる費用は1ユーザーあたり200~2,000円がだいたいの相場。年額契約をすることで安くなる場合もあるので、システムを導入後も長く使い続けるのであれば年額契約も視野に入れて検討すると良いでしょう。

・クラウド型
初期費用:無料~40万円程度
月額費用:200円~2,000円程度/ユーザー、または年額費用:2万円~9万円程度など  

労務管理システムと勤怠管理システム・給与管理システムとの違い

労務管理システムと似ているのが勤怠管理システムと給与管理システムです。労務管理は従業員の社会保障や年末調整といった、働くために必要な環境を整える書類を扱うのに対して使います。
対して、勤怠管理システムは従業員の出勤や残業管理など、給与管理システムについては給与や賞与といった報酬に関する分野を効率化。これらの業務は独立しているわけではなく、密接に繋がっている関係にありますので、労務管理システムには勤怠・給与管理を包括されるセットやシリーズでシステムを提供しているベンダーも多いです。
一連の効率化を望む場合、システム選びの際に全てをカバーしてくれるシステムを選ぶか、他のシステムと連携できるシステムを選ぶようにすると良いでしょう。  

労務管理の課題について

労務管理の大きな課題は、労務関係の書類作成から申請までの一連のフローにかかる手間が多すぎることです。重要な書類だから手間がかかるのではなく、フローの仕組みに問題があるのがネックであると考えられます。差し戻しの際にかかる手間は決して時間だけで無く、労務担当者にとっては余計な連絡や説明、それに確認作業まで増えるので、かけた時間以上の精神的な負担もあります。しかも年に数回のことなので、一連の流れを正確に覚えている人は少なく、毎年同じトラブルやミスが起りがちです。それは社内だけで無く、対役所に対しても同じことが言えます。
このように作成から申請までの間に、非効率かつさまざまなトラブルが起こりえる可能性が多い状態に大きな課題であると言えるでしょう。

テレワークにおける労務管理の課題

労働環境はこれからも多様性を増し、どのような業種でもテレワークの需要、必要性は高まっていくでしょう。テレワークが浸透すると、物理的に離れたところで仕事をするので何も整備せずに行うと労働状況を管理できなくなっていまいます。この問題によって、働き方に対する評価が難しくなり、従業員の仕事に取り組む姿勢や、プロセスを評価する企業にとっては大きな課題となるでしょう。
実務的なところで言えば、書類の決裁や、部下から上司への報告・連絡・相談がスムーズに行かず滞ってしまうことも懸念されます。労務管理システムのように書類をデータで一元管理する仕組みが整えば改善できるフローも多くあるので、今後もこのような管理システム導入の必要性が高まってくると言えるでしょう。  

さらに詳しく知りたい方は、テレワークで労務管理はどう変わる?おすすめツールや事例も紹介|アイミツSaaSをご覧ください。

労務管理のコンプライアンスにかかわるリスク

労務管理のコンプライアンスに関わるリスクとして、社会保険の適応状況と書類整備ができているかどうかは労務担当者にとって大きく関わるリスクです。例えば社会保険の加入適応条件を満たしているにも関わらず加入漏れがある、もしくは知らずに加入させていないなどが考えられます。
また、働き方改革によって残業時間の上限を超えると罰則が適用されるなど、国内の労務管理に対するコンプライアンスの目は方々で厳しくなっています。労務管理に携わっている担当者が書類の作成や回収、役所への申請によって長時間労働を強いられるようなことがあっては本末転倒です。労務担当者は、人事部の人間が他の採用や育成と併用しながら業務を行っていることも考えられますので、労務コンプライアンスへのリスクへの対処は属人的にならず、仕組みで解消すべきでしょう。

労務管理と人事管理の違い

労務管理と人事管理はどちらも従業員に関係する管理業務ですが、人事管理の対応領域は採用、配属先の設定、人材教育など、直接的に従業員の働き方に影響することが多いです。人材配置によって役職を付与するなど、従業員にとっても直接自身のキャリアに影響する領域なのでわかりやすいと言えます。
対して労務管理の領域は、雇用契約書や社会保険といった従業員が安心して働ける環境を守ることです。労務管理がずさんでは役職どころではなく、働くことに集中できる環境が整っていないことになるので、重要度で言えば労務管理の方が大事とも言えます。また労働組合との交渉ごとも労務担当者の役割です。人事とは違う従業員の働きやすさを守る役割が労務管理と言えるでしょう。  

労務管理システムのシェア

Donutsが提供する「ジョブカン労務管理」は、オフィス内の労務業務を自動化・効率化を実現する労務管理システムで、シリーズ累計10万社以上に導入されています。従業員管理をクラウドにて一元管理することで、面倒な社会保険・労働保険の手続きもスムーズに行えます。
また、SmartHR社が提供する「SmartHR」は登録社数3万社以上のシェアを持っており、雇用契約や入社手続きなど、さまざまな労務の手続きにも対応。外部連携が充実していることもあり便利なツールとして支持されています。数名程度の小規模企業から数万規模の企業まで幅広く対応できる点も魅力です。
労務管理システムはこれからも国内外に広がっていくシステムであり、今後は他の管理システムとの連携も含め、企業内の一連の効率化には必要となっていくでしょう。  

労務管理システム以外のSaaS

アイミツSaaSでは労務管理システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。