マーケティングオートメーション(MA)一覧

マーケティングオートメーション(MA)32サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、リードの管理機能があるマーケティングオートメーション(MA)やスコアリングができるマーケティングオートメーション(MA)、大手企業に導入実績のあるマーケティングオートメーション(MA)などを探すことが出来ます。また、【比較表機能】を利用すれば、最大4サービスの料金や無料・トライアルプランの有無、機能、連携サービス、導入実績などを簡単に比較することができます。

該当 32 1ページ目 1〜32件
株式会社セールスフォース・ジャパン
出典:株式会社セールスフォース・ジャパン https://www.salesforce.com/jp/products/marketing-cloud/marketing-automation/
アドビ株式会社
出典:アドビ株式会社 https://jp.marketo.com/
上場企業導入実績あり
IT業界の実績多数 金融業界の実績多数
株式会社シャノン
出典:株式会社シャノン https://www.shanon.co.jp/products/
SATORI株式会社
出典:SATORI株式会社 https://satori.marketing/
上場企業導入実績あり
コンサルティング業界の実績多数
株式会社Innovation X Solutions
出典:株式会社Innovation X Solutions https://promote.list-finder.jp/
上場企業導入実績あり
IT業界の実績多数
シナジーマーケティング株式会社
出典:シナジーマーケティング株式会社 https://www.synergy-marketing.co.jp/cloud/synergy/
トライアルあり 上場企業導入実績あり
小売業界からの★評判4.0以上 食品業界からの★評判4.0以上 建設・工事業界からの★評判4.0以上
株式会社ハンモック
出典:株式会社ハンモック https://www.hammock.jp/hpr/
3.7
上場企業導入実績あり
建設・工事業界からの★評判4.0以上 金融業界からの★評判4.0以上
カイロスマーケティング株式会社
出典:カイロスマーケティング株式会社 https://www.kairosmarketing.net/marketing-automation
上場企業導入実績あり
IT業界の実績多数 コンサルティング業界の実績多数
株式会社ラクス
上場企業導入実績あり
株式会社データX
出典:株式会社データX https://bdash-marketing.com/
上場企業導入実績あり
HubSpot Japan株式会社
出典:HubSpot Japan株式会社 https://www.hubspot.jp/products/crm
トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり
株式会社 インターパーク
出典:株式会社 インターパーク https://www.saaske.com/index.html
3.6
無料プランあり
食品業界からの★評判4.0以上 外食業界からの★評判4.0以上
株式会社ジーニー
出典:株式会社ジーニー https://ma-jin.jp/
トライアルあり 上場企業導入実績あり
クラウドサーカス株式会社
出典:クラウドサーカス株式会社 https://bow-now.jp/
無料プランあり 上場企業導入実績あり
株式会社アクティブコア
出典:株式会社アクティブコア https://marketing.activecore.jp/
株式会社ブレインパッド
出典:株式会社ブレインパッド https://www.brainpad.co.jp/probance/
上場企業導入実績あり
株式会社FID
出典:株式会社FID https://motenasu.info/
上場企業導入実績あり
株式会社アイアンドディー
出典:株式会社アイアンドディー https://www.iad.co.jp/drm/
ジェネロ株式会社
出典:ジェネロ株式会社 https://marketing.genero.jp/kamihayama1
株式会社E-Grant
出典:株式会社E-Grant https://www.uchideno-kozuchi.com/
トライアルあり
アイセールス株式会社
出典:アイセールス株式会社 https://mk8-robo.com/
トライアルあり 上場企業導入実績あり
スプリームシステム株式会社
上場企業導入実績あり
クラウドサーカス株式会社
出典:クラウドサーカス株式会社 https://cloudcircus.jp/
無料プランあり 上場企業導入実績あり
株式会社ベイス
出典:株式会社ベイス https://www.base-net.co.jp/lp/sumake_line/
富士通株式会社
出典:富士通株式会社 https://www.fujitsu.com/jp/solutions/business-technology/intelligent-data-services/digitalmarketing/solutions/sitecorecms/#anc-01
上場企業導入実績あり
FunTre株式会社
出典:FunTre株式会社 https://infusionsoft-ft.com/
上場企業導入実績あり
株式会社TimeTechnologies
出典:株式会社TimeTechnologies https://timetechnologies.ltd/
上場企業導入実績あり
SAS Institute Japan株式会社
出典:SAS Institute Japan株式会社 https://www.sas.com/ja_jp/software/marketing_automation.html
株式会社NIコンサルティング
出典:株式会社NIコンサルティング http://www.ni-consul.co.jp/
トライアルあり
Appier Inc.
出典:Appier Inc. https://www.appier.com/ja/aiqua_customer_engagement_platform/
株式会社コンファクトリー
出典:株式会社コンファクトリー https://amb-r-t.jp/
無料プランあり
株式会社サテライトオフィス
出典:株式会社サテライトオフィス https://www.sateraito.jp/Markefan/index.html
トライアルあり

マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーション(MA)とはMarketing Automationの略語で、マーケティング活動を効率化するためのツールです。

インターネットの普及によりPCやスマホからの情報収集が主流となった今、顧客との接点や企業の宣伝活動の形は確実に変化しています。そんな時代の変化に対応すべく開発されたMAは、マーケティングの精度を上げると共に自動化し、必要なタイミングで必要なコンテンツをターゲットに届けることができるシステムです。マーケティング業務の効率化はもちろんのこと、見込み顧客との関係性の構築、プロセスの分析・可視化など、さまざまな角度からマーケティングを支援します。

マーケティングオートメーション(MA)の仕組みと使い方

MAの仕組みは顧客情報の収集・蓄積、見込み客育成、マーケティング施策の分析の3つの要素で構成されています。

マーケティングの最初の一歩は顧客情報の収集です。MAを使うことで、顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを展開し、効率良く顧客情報を収集することが可能です。顧客情報の収集ができたら次は見込み顧客に対してのアプローチです。MAでは見込み顧客の行動をトラッキングできるため、収益プロセスを可視化できます。さまざまな切り口でマーケティング施策の分析が可能になり、PDCAサイクルを効率良く回せるようになるでしょう。

マーケティングオートメーション(MA)の機能

MAの機能は多岐に渡りますが、標準的な機能をいくつかご紹介します。

・見込み客(リード)管理機能

リード管理機能は宣伝活動の中で接点のあったリード(顧客)を管理するための機能です。氏名、会社名、役職、メールアドレスなどを顧客属性情報としてデータベースに一元管理することができます。また、リードトラッキング機能を利用するとサイト上のユーザーの行動履歴を可視化することができ、行動に合わせて最適なコンテンツの出し分けをすることもできます。

・コンテンツの作成機能

コンテンツの作成機能の中には、ランディングページ作成機能や各種フォームの作成機能、ポップアップバナー作成機能、広告媒体連携機能等が設けられています。広告媒体連携機能では、Google/Yahoo/Facebookなどの広告媒体と連携し、ターゲティング広告を配信することも可能です。

・スコアリング機能

スコアリング機能は見込み客の行動に対してスコアを付与する機能です。スコアは流入経路やメールの開封の有無などで、興味関心を数値化します。成約見込みの高い順からアプローチするために必要な機能です。

MA(マーケティングオートメーション)のメリット・デメリット

MAの導入によりマーケティング活動は自動化され、効率良く見込み客が獲得できるようになりますが、導入に際してはいくつかの注意点があります。導入後に「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、事前にメリットとデメリットの両方を把握しておくことが大切です。以下、MAのメリット、デメリットについて解説します。

メリット

①人件費の削減

MAツールで業務効率化を達成することで、それまでマーケティング関連の作業に従事していた人員を削減することが可能です。業務効率化した分だけ人件費を抑えられるようになります。人手不足に悩む企業にとってはまたとないツールでしょう。

②収益の増大

MAツールの導入により優先度の高い見込み客を効率良く判別できるようになるため、購入意欲のある見込み客に集中的に営業をかけられます。またマーケティング活動自体を効率化することで、より生産性のある取り組みにリソースを割けるようになるため、収益の増大に繋げることができるでしょう。

➂他部門との連携強化

MAツールを導入することで、他部門との連携が強化できます。例えば営業部門が活用しているCRM・SFA統合機能と連携させれば、相互の顧客情報や対応履歴を確認できるため、部門間で必然的に連携が取れるようになります。

デメリット

①コストがかかる

MAの導入にはコストがかかります。MAの導入費用に加えて、マーケターの人件費、社員への教育費なども必要です。ただし、ツールを効率良く運用できればマーケティング活動の工数を大幅に削減できるため、業務効率化に伴う人件費削減、多業務へのリソースの投入も可能です。費用対効果の観点から導入を検討するようにすると失敗が少ないでしょう。

②運用人財の確保が困難

日本でMAが活用され始めてからまだ日が浅いため、運用経験のある人が少ないのが現状です。そのため、誰が担当者になっても初心者という状況になりやすく、上手く使いこなせない恐れがあります。スムーズな導入を実現するには運用人材の確保は不可欠で、MA導入の一つのハードルとなるポイントです。

➂効果がすぐには分かりにくい

マーケティング活動の自動化を実現するMAですが、全ての業務を完全自動化できる訳ではありません。また、効果があっても劇的な変化まではいかないこともあり、効果をすぐに実感できないこともあります。

マーケティングオートメーション(MA)の選び方

MA製品を選ぶ際は次の3つの点に気を付けると安心でしょう。

・必要な機能があるか

MAを選ぶ際は、必要な機能が揃っているか必ず確認して下さい。顧客管理やメール自動配信など標準的な機能については大抵の製品で搭載されていますが、自社の業態上、独自機能を必要とする場合は内容をよく調べることが必要です。また、同じMAでもマーケティングに強い製品もあれば、顧客管理に強い製品もあったりと、製品ごとに強みは異なるため、自社のニーズに適ったタイプの製品を選ぶことが大切です。

・自社で使いこなせるか

MAを選定する際は、自社で使いこなせるかどうかも要確認です。MAは活用され始めてから日が浅いため、初めて導入するという企業が大半を占めます。担当者だけでなく従業員のリテラシーに合ったものを選ばないと定着しないため、操作性については事前に確認することをおすすめします。

・価格は適切か

MA導入に際しては価格面も要チェックです。額面だけでなく費用対効果まで想定し比較検討すると失敗を避けられます。

マーケティングオートメーション(MA)の価格・料金相場

MA(マーケティングオートメーション)の導入には、基本的に初期費用と月額費用が必要です。また、必要に応じオプション使用料が発生します。料金は数万円から数十万円と幅がありますが、ユーザー数が無制限であったり機能が豊富であったりと費用対効果には期待が持てます。

料金プランが数段階で分かれているサービスも多いため、規模に応じた選択が可能です。製品のなかには、無料で利用を開始できるものもありますが、その場合必要な機能が備わっているかなど、入念な確認が必要です。MAの価格・料金相場は以下の通りです。

【料金相場】

初期費用

10~30万円程度

月額費用

4円~15万円程度

(ユーザーごと提供プランの場合 1,440円~/1ユーザー)

※無料で利用できるものもあり

マーケティングオートメーション(MA)のシェア

インターネットの普及により社会情勢が大きく変化し、マーケティング活動の重要性は一層高まっています。MA市場も2014年より右肩上がりで成長を続けています。

マーケターや営業担当者の間でもMAの必要性が認識されており、矢野経済研究所の調べによると2020年のMA国内市場規模は、420億円に成長すると予測されています。近年のスマートフォン、SNSの普及により顧客接点は拡大の一途を辿っており、MAの需要は今後さらに高まることが予想されます。

マーケティングオートメーション(MA)以外のSaaS

アイミツSaaSではマーケティングオートメーション(MA)以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。