b→dash
株式会社データX
出典:株式会社データX https://bdash-marketing.com/

b→dash

b→dashとは、SQLを利用せずにノーコードでオールインワンのデータ取り込み、加工、統合、抽出、活用が可能なマーケティングオートメーション(MA)です。110を超える業種の13万テーブル分の統合ナレッジをGUIに昇華させた技術のデータパレットが特徴です。Webサイト上の行動履歴や企業が持つ顧客情報や購買情報、商品情報だけでなく、広告情報や地域情報や天気の情報までもを取込み、関連付けることで多様な分析を行うことができます。精密な分析を行うことで、顧客インサイトを導き出し、最適なマーケティングを行うことが可能となります。また、サイトに訪れた顧客の行動情報をもとに、適切なタイミングでバナーを表示しクーポンを配布したり、告知したりするなどのアプローチを行うことも可能です。

上場企業導入実績あり

料金(価格・費用)

b→dashの料金プランをご紹介します。

  • 料金情報がありません。掲載サービスのホームページでご確認いただくか、直接お問い合わせください。

特徴・メリット

b→dashの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
開封率の高いSMSで訴求

メールアドレスへの配信だけではなく、携帯電話に70文字前後のショートメッセージを配信できるため、期間限定のセールや来店リマインドなど、ユーザーに確実に伝えたいメッセージを配信できるというメリットがあります。メールアドレスと異なり開封率が高いことが特徴なため、販促メールを開封してこなかったユーザーにも有効なプロモーションが可能です。クロスチャネル戦略で活用すれば高い効果を得ることができるでしょう。

02
さまざまなメール配信で購買意欲をアップ

ユーザーの過去の購買行動やカート内の商品データ、webの離脱時間をチェックして、ユーザー1人1人に合わせたタイミングでリマインドメールを送信できます。ユーザーが一度閲覧したアイテムが最後の1品になった場合や、値下げされたタイミングなど、思わず買いたくなるタイミングでのメール配信も可能です。また、登録されたデータをもとに誕生日にクーポンメールやポイント期限切れを知らせるメールなども送信できます。

03
DM連携もでき、LINEでユーザーに連絡も可能

提携のDMサービスを使用することで、メール・SMS・LINE・モバイルプッシュなどのチャネルと、DMのクロスチャネルキャンペーンを実行できます。DMで反応率が低いユーザーには、他のチャネルでアプローチが可能です。メールよりカジュアルな方法として、「LINE」を利用したユーザーアプローチも可能なため、ユーザーとの距離を近づけてエンゲージメント向上をめざせるでしょう。

機能

b→dashの主な機能をご紹介します。

見込み客(リード)情報管理機能

ランディングページ作成機能

ABテスト機能

フォーム作成機能

ポップアップバナー作成機能

スコアリング設定機能

シナリオ作成機能

メール作成・メール配信機能

ダッシュボード機能

アンケート作成機能

API連携・CSV連携できるサービス

b→dashとAPIやCSV等で連携できるサービスをご紹介します。

Salesforce

Senses

kintone

Eight

Sansan

Zendesk

使い方

b→dashの使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

b→dashのTOP画面(PC)

b→dashのTOP画面(PC)

出典:株式会社データX https://bdash-marketing.com/

導入実績

b→dashの導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

上場企業導入実績あり

株式会社クレディセゾン / ビッグローブ株式会社 / 藤田観光株式会社

運営会社

サービスを運営する株式会社データXの概要です。

  • 会社名
    株式会社データX
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル26階
  • 拠点
    東京都
    福岡県
  • 設立
    2010年4月
  • 代表名
    安部 泰洋
  • 従業員規模
    229名
  • 事業内容
    ・マーケティングプラットフォーム『b→dash』の開発、並びに導入支援
    ・人工知能を用いたマーケティングソリューション開発
    ・マーケティングテクノロジー領域の基礎研究・開発
  • 資本金
    48億6,350万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。