自社に合う「SaaS管理システム」が見つかる
プロがお悩みや要望をヒアリングし、サービスを比較選定します
SaaS管理システムの導入は初めてですか?
はい
いいえ
サンプル1

2分で
サービス診断

2分で診断

選択肢をクリックする
だけで診断完了

サンプル2

最大6サービス
絞り込み

絞り込み

全8サービスから
最大6つに絞り込み

サンプル3

比較して
サービスを選ぶ

サービスを選ぶ

料金・機能を比較し
サービスを選ぶ

【2024年5月】SaaS管理システムのランキング

SaaS管理システム

最新のSaaS管理システム8件をランキング形式で一覧掲載(2024年05月23日時点のランキングを表示中)。SaaS管理システムの料金や機能、特徴をまとめて比較することができます。画面左に設置された【検索機能】を活用すれば、「導入企業の規模」「導入業界の実績」「使いたい機能」「連携したいシステム」を絞り込んで条件に合ったサービスの人気ランキングを一覧で確認できます。また、画面下に表示される【比較表を作る】から最大6サービスの比較表を作成することも可能です。社内に導入しているSaaSツールを一元管理し、アカウントの棚卸しなどの業務をスムーズに行えるSaaS管理システムをお探しの企業は、ぜひご活用ください。

  • SaaS管理システムとは

    SaaS管理システムとは、社内で利用するSaaSアカウントを一元管理できるシステムです。どのSaaSをどの従業員が使っているかを一括で管理できるほか、新入社員へのアカウント付与、離職者のアカウント自動削除などの機能を具えており、適切なSaaSアカウント運用とコスト管理が可能になります。
    リモートワークや業務効率化のためにSaaSを導入する企業が増えるとともに、「退職した人がアカウント情報を持っていて聞くすべがない」「必要のない社員にもアカウントが発行されコストがかさんでいる」などの課題に頭を悩ませている企業は少なくありません。そのため、こうした課題を解決できるSaaS管理システムが注目を集めており、規模や業種を問わず導入する企業が増えています。

    更に詳しく知りたい方は、SaaS管理システムとは何かを解説している記事をご覧ください。

  • SaaS管理システムの選び方

    SaaS管理システムの選び方で重要なのは以下の3つです。
    ・解決できる課題
    ・使いやすさ
    ・セキュリティ
    SaaS管理システムを導入する目的としては、「社内で使っているSaaSアカウントの管理」である場合がほとんどでしょう。SaaS管理システムでは、コストの可視化、アカウントの活用状況、離職者のアラートなど、導入システムにより機能が異なるので、自社の課題を解決できる機能があるかを確認する必要があります。
    そのうえで、それらの機能を活用できる使いやすさがあるかも、無料トライアル等で実際に画面を操作してチェックしましょう。
    また、SaaSアカウントを一括で管理するため、セキュリティは重要です。不正アクセス等が防げるシステムを選びましょう。  

    更に詳しく知りたい方は、SaaS管理システムの選び方を解説している記事をご覧ください。

  • SaaS管理システムの価格・料金相場

    SaaS管理システムの料金体系は、初期費用+月額費用です。初期費用は掛からないサービスが多く、導入にかかる費用を抑えられます。月額費用は、ユーザー数に応じた従量課金制で、1ユーザー当たり300円程度から利用できるサービスが多いです。利用する機能によっても変動するため、まずは自社の課題をヒアリングしてもらい、適切なプランを提供される形になるでしょう。

    料金相場
    初期費用:無料~
    月額費用:300円~  

    更に詳しく知りたい方は、SaaS管理システムの料金について解説した記事をご覧ください。

絞り込む
該当 8 1ページ目 1〜8件
ジョーシス株式会社
トライアルあり
プロが代わりに探して紹介します!

こんなシステムを探していませんか?

要件に対応できる

初心者でも使いやすい

マネーフォワードi株式会社
トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり
株式会社オロ
出典:株式会社オロ https://www.dxeco.io/
トライアルあり
freee株式会社
出典:freee株式会社 https://bundle.jp/
株式会社サンカ
出典:株式会社サンカ https://sanka.io/ja/
プロが代わりに探して紹介します!

こんなシステムを探していませんか?

要件に対応できる

初心者でも使いやすい

株式会社イエソド
トライアルあり 上場企業導入実績あり
株式会社メタップス
出典:株式会社メタップス https://metaps.com/ja/
トライアルあり 無料プランあり
アイティクラウド株式会社
トライアルあり
プロが代わりに探して紹介します!

こんなシステムを探していませんか?

要件に対応できる

初心者でも使いやすい

SaaS管理システムのメリット・デメリット

SaaS管理システムを導入する代表的なメリットは以下の3つです。
・SaaSアカウントの管理効率化
・コスト削減
・セキュリティ向上
さまざまなSaaSを導入していると、誰にどのアカウントが付与されているか把握しづらくなり、担当部署による管理負担は増していきます。社内で導入しているSaaSのアカウント状況をひとつのシステムで管理できると、逐一該当の従業員に確認を取る手間が減り業務が効率化するほか、必要・不要のアカウントも把握できるので、無駄なランニングコストを削減可能です。また、離職者によるアカウント情報の持ち出し等も防げるので、会社全体としてセキュリティ強化につながります。  

SaaS管理システムの機能

SaaS管理システムの代表的な機能は以下の3つです。
・SaaSアカウントの管理
・有効アカウントの可視化
・セキュリティ対策
SaaSアカウントの管理機能では、一つの画面に社内で使っているSaaSと、そのアカウントが誰に付与されているかを一覧表示できます。加えて、有効アカウントかどうかも一目で判断できるわかりやすく可視化。無効なアカウントはアラートされたり、自動で削除されたりする機能もあるため、無駄なランニングコストの削減につながります。また、情報システム部や上層部が認知していないシャドーITも検知できるなど、セキュリティ対策も万全です。  

SaaS管理システムの導入事例

SaaS管理システムの導入により、実際にアカウント管理の効率化やコスト削減を実現している企業は多くあります。
とあるマネジメント会社では、社員の入退社のたびにSaaSアカウントの発行・削除を手動で行分ければならない点や監査法人からアカウント管理体制の確立を求められた点に課題を感じていました。SaaS管理システムを導入後は、アカウントの自動発行と監査ログを残せるようになり課題解決に至りました。
別の企業では、複数部署にわたりさまざまなSaaSが導入されていたものの適切に管理されておらず、無駄なコストやコミュニケーションロスが発生していました。SaaS管理システムシステムを導入し、管理コストや無駄なアカウント契約を減らせた結果、年間300万円程度のコスト削減の試算に成功しました。
このように、SaaS管理が適切に行われておらず、無駄なコストや労力が発生している点に課題を感じている企業には、SaaS管理システムの導入がおすすめです。

SaaS管理システムの市場規模・シェア率

株式会社ハンモックが2023年に行った調査(※1)によると、8割以上の企業が2年前よりSaaSが増えたと実感していると明らかになりました。一方、それぞれのSaaSの管理に対しては「社内・社員の利用状況」「アカウント発行」に課題を抱えている企業が多いことも判明しています。
普段SaaSを利用しない社員や離職者のSaaSアカウントの放置は、無駄なコストの発生やセキュリティリスクの観点から望ましい状態ではありません。社内のSaaSがどれだけ増えても、それぞれを適切に管理できるSaaS管理システムの重要性はより一層高まるため、今後ますます市場シェア率を伸ばしていくと予想できます。

※1:株式会社ハンモック|情報システム部門 SaaS管理の実態調査(https://www.hammock.jp/assetview/media/saas_research.html)  

SaaS管理システム以外のSaaS

PRONIアイミツではSaaS管理システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。