戦略箱ADVANCED
株式会社インフォファーム
出典:株式会社インフォファーム https://www.infofarm.jp/

戦略箱ADVANCED

戦略箱ADVANCEDとは、発売から20年を超えるロングセラーの純国産SFA(営業支援システム)です。業種・業態を選ばない汎用性の高さが特徴で、10年以上の長期に渡り利用している企業も多いです。顧客情報を中心としたデータ構造となっており、顧客情報に紐づく全ての情報が1画面で把握できるので、担当者の引き継ぎもスピーディに行えます。また、スケジュール管理、活動管理、商談・受注・売上管理、各種集計、掲示板、クレーム管理、CSV入出力などのデータ連携機能も備えています。専任担当によるサポート体制も充実しており、導入から定着まで充実したサポートが受けられるのも魅力です。

トライアルあり

料金(価格・費用)

戦略箱ADVANCEDの料金プランをご紹介します。

  • クラウド(SaaS)型
    4,000円/ユーザ
  • オンプレミス型
     2,000,000円/ユーザ

特徴・メリット

戦略箱ADVANCEDの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
営業支援+αの機能が充実

タスク管理、商談管理といったSFAに求められる基本機能を網羅したうえで、クレーム・サポート機能やプッシュ通知機能も搭載済み。顧客からの問い合わせに対して関連部署のメンバーにフォローを依頼したり、対応が必要なタイミングに合わせて通知を送ったりすることができます。ある金属加工メーカーではこれらの機能を活用することでクライアントの声を吸い上げ、速やかに製品開発へ反映させられるようになりました。

02
データ移行や従業員研修もすべてお任せ

導入時の初期設定はもちろん、運用マニュアルの作成、他システムからのデータ移行、利用者・管理者向けのトレーニングまで包括的なサポートを受けられます。開発元の株式会社インフォファームは経済産業省の「地域未来牽引企業」に認定済み。中小規模の事業者に寄り添う姿勢に定評があるようです。前述の「eセールスマネージャーRemix Cloud」と同様、システムに不慣れな企業も導入しやすいSFAだと言えるでしょう。

03
業種別の専用パッケージ・機能テンプレートを用意

SFAとしては珍しく、業種別に複数の専用パッケージ・機能テンプレートが用意されています。たとえば訪問介護・看護事業者向けのパッケージでは、スタッフのシフト調整や予実管理、家族への連絡を1つをまとめて行うことが可能。他の介護支援システムと連携させれば、事務作業の手間も大幅に軽減できます。関西エリアの医療法人、社会福祉法人を中心に長年利用しているクライアントも少なくないようです。

機能

戦略箱ADVANCEDの主な機能をご紹介します。

案件管理機能

予実管理機能

タスク管理機能

ワークフロー機能

ダッシュボードでの管理機能

おすすめアクションの提示機能

顧客管理機能

見込み顧客の管理機能

顧客行動のスコアリング機能

運営会社

サービスを運営する株式会社インフォファームの概要です。

  • 会社名
    株式会社インフォファーム
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    岐阜県岐阜市柳津町流通センター1丁目8番地4
  • 拠点
    岐阜県
    東京都
    愛知県
  • 設立
    1969年11月
  • 代表名
    辻 博文
  • 従業員規模
    260名
  • 事業内容
    情報システムの開発・導入・運用に係るコンサルティング
    ITコーディネート
    情報セキュリティコンサルティング
    コンピュータを中心とした情報機器の提案販売
    複写機、印刷機の提案販売
    企業向けCRMパッケージ(戦略箱ADVANCED)の開発
    学校ICTソリューション
    医療福祉ソリューション
    カメレオンコード関連システム開発並びにサービス
    インターネットプロバイダ及びインターネット関連事業
    企業ネットワークの設計及び構築
    ハードウェアの保守メンテナンス
    データ伝送、電話設備等の電気通信工事
  • 資本金
    8,000万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。