採用管理システム(ATS)一覧

採用管理システム(ATS)41サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、無料で利用可能な採用管理システムや機能が豊富な採用管理システム、英語対応している採用管理システム、新卒採用向けの採用管理システム、中途採用向けの採用管理システムなどを探すことが出来ます。また、【比較表機能】を利用すれば、最大4サービスの料金や無料・トライアルプランの有無、機能、連携サービス、導入実績などを簡単に比較することができます。

該当 41 1ページ目 1〜41件
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
株式会社ワークス・ジャパン
トライアルあり 上場企業導入実績あり
株式会社Techouse
トライアルあり
株式会社プラスアルファ・コンサルティング
出典:株式会社プラスアルファ・コンサルティング https://www.talent-palette.com/
トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
株式会社ビズリーチ
出典:株式会社ビズリーチ https://hrmos.co/ats/
IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
Thinkings株式会社
出典:Thinkings株式会社 https://sonar-ats.jp/
トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
株式会社ヒューマネージ
出典:株式会社ヒューマネージ https://www.humanage.co.jp/service/i-web/
株式会社ゼクウ
出典:株式会社ゼクウ https://zeku.co.jp/product/rpm.html
トライアルあり 上場企業導入実績あり
人材業界の実績多数
株式会社DONUTS
出典:株式会社DONUTS https://ats.jobcan.ne.jp/
無料プランあり IT導入補助金対象
株式会社HERP
出典:株式会社HERP https://herp.cloud/
トライアルあり 上場企業導入実績あり
IT業界の実績多数
株式会社スタジアム
出典:株式会社スタジアム https://interview-maker.jp/
トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり
株式会社ネットオン
出典:株式会社ネットオン https://saiyo-kakaricho.com/
無料プランあり IT導入補助金対象
株式会社リクルート
出典:株式会社リクルート https://hrtech.rikunabi.com/ats/
無料プランあり
株式会社タレンティオ
出典:株式会社タレンティオ https://www.talentio.co.jp/hire
無料プランあり 上場企業導入実績あり
ゾーホージャパン株式会社
出典:ゾーホージャパン株式会社 https://www.zoho.com/jp/recruit/
無料プランあり IT導入補助金対象
株式会社アローリンク
出典:株式会社アローリンク https://line-next.com/
株式会社ネオキャリア
出典:株式会社ネオキャリア https://official.mochica.jp/
上場企業導入実績あり
株式会社リクルート
出典:株式会社リクルート https://jobop.jp/ats/
上場企業導入実績あり
株式会社リフカム
出典:株式会社リフカム https://jp.refcome.com/
EDGE株式会社
出典:EDGE株式会社 https://fresher.jp/
上場企業導入実績あり
株式会社レジェンダ
出典:株式会社レジェンダ https://www.leggenda.co.jp/services/recruit/system.html
上場企業導入実績あり
株式会社ステラス
出典:株式会社ステラス https://jobsuite.jp/career/
トライアルあり IT導入補助金対象
Freshworks Inc.
トライアルあり 無料プランあり
株式会社ティファナ・ドットコム
上場企業導入実績あり
株式会社キャスティングロード
トライアルあり
株式会社マイナビ
出典:株式会社マイナビ https://careerlab.tenshoku.mynavi.jp/btob/lineup/aolc/1900/
上場企業導入実績あり
株式会社MyRefer
出典:株式会社MyRefer https://i-myrefer.jp/
IT導入補助金対象
HRソリューションズ株式会社
出典:HRソリューションズ株式会社 https://recop.jp/
株式会社タレントクラウド
出典:株式会社タレントクラウド https://talentcloud.jp/
株式会社GoQSystem
出典:株式会社GoQSystem https://goq.jobs/
IT導入補助金対象
HRソリューションズ株式会社
出典:HRソリューションズ株式会社 https://hiring-solutions.net/
ディップ株式会社
出典:ディップ株式会社 https://www.baitoru.com/pdt/master_pr/
エン・ジャパン株式会社
出典:エン・ジャパン株式会社 https://hire-hub.io/
無料プランあり
株式会社リアライブ
出典:株式会社リアライブ https://www.realive.co.jp/service/reworks/
トライアルあり
シングラー株式会社
出典:シングラー株式会社 https://hr-analyst.com/
株式会社アイデム
出典:株式会社アイデム https://www.aidem.co.jp/business/jsk/index.html
株式会社HR PRIME
出典:株式会社HR PRIME https://hr-prime.jp/
クロスセル株式会社
出典:クロスセル株式会社 https://www.dot-entry.com/
トライアルあり
株式会社カケハシ スカイソリューションズ
出典:株式会社カケハシ スカイソリューションズ https://www.kakehashi-skysol.co.jp/catchbowl-lp/
トライアルあり
株式会社フューチャート
出典:株式会社フューチャート https://bizpla.com/saiyo/
IT導入補助金対象
株式会社ヒューマンセントリックス
出典:株式会社ヒューマンセントリックス https://www.humancentrix.com/platform/lepmos

採用管理システム(ATS)とは

採用管理システムとは、求人情報や応募者情報、選考管理や応募者評価、内定者管理などの採用プロセスを一元管理するためのツールです。ATS(Applicant tracking system)と呼ばれることもあります。
大きく、新卒採用向け、中途採用向け、アルバイト・派遣社員向けの3つに分けられます。基本機能として、求人票の作成や応募者情報の管理、選考のスケジューリングなどが搭載されています。導入することで、Excelなどへの入力作業の負担を軽減し、応募者や社内のスタッフとのコミュニケーションをスムーズに行うことができます。

さらに詳しく知りたい方は、採用管理システム(ATS)とは?導入するメリット・必要性も解説|アイミツSaaSをご覧ください。

採用管理システムの仕組みと使い方

採用管理システムの基本的な仕組みは、求人管理、応募者管理、選考管理の3つから成り立っています。
より良い採用を行うには、広く企業の魅力を伝え多方面のルートから求人を行い、応募者の面接を繰り返し、人物・適性を見極める必要があります。そのためには求人情報・応募状況の管理、面接日程調整、メールのやり取り、社内での情報共有などが必要で、担当者はこれら採用にかかる業務に忙殺されがちです。しかし、採用管理システムを導入することで、応募から採用に至るまでの一連のプロセスをシステム化できるため、担当者の負担は大幅に軽減できます。
オペレーション業務の負担が減れば、それだけ応募者とのコミュニケーションに時間を割くことができます。その分、本来の業務に注力できるようになるでしょう。   

採用管理システムの機能

現在、多くの採用管理システムがさまざまなベンダーから提供されています。各製品ごと搭載している機能は異なりますが、代表的な機能としてあげられるのは求人公開機能、採用候補者の管理機能、採用進捗管理機能、データインポート機能、コミュニケーション機能などです。
この中で、最も頻繁に利用されるのは採用候補者の管理機能です。ひと口に採用候補者の管理機能と言ってもベンダーごとに強みが異なるため、新卒採用か中途採用かで選ぶべき製品は変わります。
そのため、採用管理システムの機能を見比べる際は、自社の採用ニーズやどの採用業務を効率化したいのかを明確にする必要があります。また、システム利用に際してはサポート体制も重要なポイントとなるため、機能と合わせて比較検討をすることをおすすめします。 

採用管理システムのメリット・デメリット

採用管理システムを導入すれば煩雑な採用業務をスムーズになるため、採用力を強化したい企業にとっては必要不可欠です。実際に採用管理システムを導入した後は、採用業務の負担が大幅に減るため多くのメリットが発生します。しかし、採用管理システムの導入は良いことばかりではなく、場合によってはデメリットが生じることもあります。

メリット

①採用業務の効率化
採用管理システムを導入すれば採用業務は効率化します。ツール導入により求人管理、応募者管理、選考管理の一連の業務がある程度システム化できるため、応募者の一元管理はもとより面接日程なども効率的に調整可能です。応募者毎の選考状況や評価もぱっと見で分かるため、関係者間の情報共有もスムーズです。

②採用コストの削減
採用管理システムの導入にはコストがかかりますが、ツール導入により採用業務の多くを効率化できるため、当該業務に係る人件費は節約できます。従来型の採用方法ではツール利用料こそ発生しないものの、実際には求人情報媒体への掲載料、就活イベントへの参加費用、人材紹介会社へのマージンなど様々な費用が発生しています。採用管理システムを使えば人件費以外に、従来支払っていた費用も不要となるため、全体的な採用コストを削減可能です。

③採用力の強化
採用管理システムの導入により生じた余剰の労力と資金は、採用力を高めるアクションに投じることも可能です。浮いたコストで採用サイトを構築する、SNS戦略を練る、採用担当者を増やすなど、さまざまなチャレンジができるようになります。新たな試みは長期的な視点では確実に採用力強化に繋がります。

デメリット

①採用が少ない場合は費用対効果が低い
採用管理システムは採用業務の効率化に役立ちますが、年間の採用数が少ない場合はツールを活用する局面も限られるため費用対効果は低くなります。採用管理システムは便利なツールですが、導入に際しては採用業務の規模感にマッチしているのかどうかをよく検討することをおすすめします。

②導入に手間がかかる
採用管理システムは導入に手間がかかることもあります。システムをベンダー側が用意する場合は導入もスムーズですが、自社でシステム構築をする場合は相当の労力が必要です。また、自社に合わないシステムを使うと連携が悪くなるため、その分手間がかかります。操作性が悪い場合は定着に時間もかかるでしょう。導入の際は製品の種類、機能、操作性、従業員のリテラシーなど多面的な視点から比較検討することをおすすめします。

③アナログ作業が必要の場合は費用がかさむ
採用管理システムにおいてアナログ作業が必要になる場合は、システム構築で大掛かりなカスタマイズが必要です。そのため既存のサービスでは間に合わないため、自社構築をすることになります。システムを一から構築する場合はそれだけ費用がかさみます。採用業務の内容は会社ごとに異なるため、ニーズによっては非常に高いコストを支払うことになるでしょう。その場合、採用業務アウトソーシング(RPO)サービスも選択肢に入ります。

さらに詳しく知りたい方は、採用管理システムのメリットを徹底解説【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

採用管理システムの選び方

採用管理システムは、新卒採用向け、中途採用向け、アルバイト・派遣社員向けなど注力している領域が異なるため、導入の目的を整理したうえで選定することがポイントです。また、製品によってどの採用媒体と連携してるかが異なるため、選定の大きなポイントになります。普段利用されている媒体と連携ができるかどうかを選定時に確認するとよいでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、採用管理システム(ATS)の選び方を紹介!目的別のおすすめシステムも|アイミツSaaSをご覧ください。

採用管理システムの価格・料金相場

採用管理システムの価格・料金相場はクラウド型とオンプレミス型で異なります。インターネット経由でサービスを利用するクラウド型は、ベンダー側がシステムを提供しているため、自社でシステムを用意する必要がなく導入は手軽です。クラウド型の場合、総じて初期費用は低額ですが、月額費用が発生するためランニングコストは考慮するようにしてください。料金相場は製品ごとに異なるので自社の予算と応相談です。以前は自前でシステム構築をするオンプレミス型が利用されていましたが、近年はクラウド型が主流の傾向にあります。 

・クラウド型
初期費用:無料~20万円程度
月額費用:2万円~8万円程度

採用管理システムのシェア

採用管理システムの市場規模は拡大の一途を辿っています。特に欧米諸国ではインターネットを介した採用活動が盛んで採用管理システムが多く導入されており、近年は日本でも導入は加速しています。採用管理システムが利用されている背景として、初期費用のリーズナブルなクラウドサービスが普及したこと、スマホの業務利用が進んだこと、ビッグデータを活用できることがあげられます。
現在多くの採用管理システムが提供されていますが、特に高いシェア率を誇るのは「採用係長」で3万事業所以上で導入済です。また、約2万5,000社に導入をされている「GoQ採用管理」や1万社以上で導入をされている「リクナビHRTech採用管理」のほか「ジョブカン 採用管理」「エアリーフレッシャーズクラウド」なども人気です。

エクセルで採用管理を行った場合

採用管理はエクセルでも管理は可能です。エクセルで採用管理シートを自作する場合は自社に合ったフォーマットにできるため、応募者状況や面接日程、選考状況のほか任意に必要項目を作り管理できる点は便利です。
しかし、採用管理は応募者に関する状況が多岐に渡るため、全ての情報をエクセルで管理する場合には、シートをスクロールしなければなりません。そのため、項目ごとにシートを小分けにして管理する必要があります。スプレッドシートやエクセルテンプレートでも同様です。
また、エクセルで採用管理を行う場合は、同時編集や進捗状況の更新には不向きです。応募者が増えるほどエクセルでの採用管理は負担が増えるため、採用管理システムの導入をおすすめします。

採用管理システム(ATS)以外のSaaS

アイミツSaaSでは採用管理システム(ATS)以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。