pipedrive

Pipedriveとは、株式会社Merが提供するCRMです。179か国で10万社以上の導入実績を持ち、Capterraによる 「使いやすさ」評価で4.5の星数を獲得、顧客支援満足度93%、Software Reviewsのデータ クアドラントのCRM No.1(2018年、2019年)など多くの実績を持っています。使い方の学習コストの低い、シンプルで使いやすく優れたインターフェイスにより操作性を高め作業効率をアップします。ノーコードでチャットボットやウェブフォームを作成し、リード情報を自動収集、セールスプロセスによってパイプラインをステージ分けし進捗とネクストアクションを可視化、定型業務の自動化や提案書、見積書、契約書を自動生成さらには電子契約の締結までPipedrive内で完結します。営業パーソンの営業活動をアシスし、営業力、顧客満足度の向上につながる機能が満載です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

料金(価格・費用)

pipedriveの料金プランをご紹介します。

  • Essential
    1,650円/ユーザー
  • Advanced
    3,300円/ユーザー

特徴・メリット

pipedriveの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
使い勝手の良さにこだわったUI / UX

従来のCRM/SFAによくある課題の定着率の低さを改善するために、営業パーソン目線で再定義されたCRMプラットフォームです。直感的な操作方法であらゆるシーンで営業パーソンの活動をアシストし、組織全体の生産性向上に貢献します。また営業マネージャー自らがノーコードで環境構築できることから、自社のワークフローに沿った最適な設計を外部ベンダーに頼ることなく構築することが可能となっています。

02
豊富な外部連携と自動化機能

250種類以上の外部サービスと連携可能で、ワークフローの中心にPipedriveを据えることでシームレスなデータ連携を実現します。また自動化機能で定型業務を自動的に実行することが可能です。提案書、見積書、契約書の自動生成やアラート出し、内部へのチャット通知など営業パーソンの時間が割かれていた業務の負担を軽減します。

03
高いレベルのセキュリティー対策

顧客情報を取り扱うサービスだからこそ、高いレベルでのセキュリティー対策が施されており、セキュリティーダッシュボードではユーザーのデータへのアクセス方法や場所、時間などを確認できるほか、不審なユーザーやアカウントのアクティビティをすぐに察知できます。ユーザーごとでアクセス制限の設定も可能です。データを暗号化し安全に保管することに加え、毎日バックアップを行っているため、万が一のデータ消失時も安心です。

機能

pipedriveの主な機能をご紹介します。

見込み顧客の管理機能

リードのタグ設定

企業情報の自動取得機能

メール一斉配信

リードナーチャリング機能

リードスコアリング機能

LINEメッセージ配信機能

SMS配信機能

使い方

pipedriveの使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

 

 

導入実績

pipedriveの導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

上場企業導入実績あり

導入実績数 100,000社

株式会社Channel Corporation / 株式会社メンバーズ / 株式会社コドモン

運営会社

サービスを運営する株式会社Merの概要です。

  • 会社名
    株式会社Mer
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都渋谷区松濤1丁目28-2
  • 拠点
    東京都
  • 設立
    2020年2月
  • 代表名
    澤口 友彰
  • 従業員規模
     
  • 事業内容
    セールステックとノーコードを活用した
    営業活動の効率化・自動化・最大化の支援
  • 資本金
     
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。