日報管理機能がある勤怠管理システムの人気おすすめランキング

日報管理機能がある勤怠管理システムの人気おすすめランキングです。

日報管理機能がある勤怠管理システムの人気おすすめランキングの検索結果

10件の日報管理機能がある勤怠管理システムの人気おすすめランキングをご紹介します。

該当 10
トライアルあり 上場企業導入実績あり

TeamSpiritとは、勤怠管理・工数管理・経費精算などの社内業務まとめて管理することのできるクラウド型の勤怠管理システムです。フレックス制や固定労働時間制、変形労働時間制などの勤務形態に対応しており、打刻と合わせてプロジェクト工数管理をひとつの画面で行うことができます。管理画面では有給の取得数や残業時間のレポートを自動生成できるため長時間労働の是正を実現します。また、経費精算や電子稟議、TeamSpirit内でのチャット機能があるため従業員の業務管理を一元化します。導入実績は1,400社、30万人以上であり、生産性向上に寄与する働き方改革プラットフォームとして提供されています。

トライアルあり

就業奉行11とは、奉行シリーズとの連携に優れたクラウド型勤怠管理システムです。労働時間や残業時間の管理機能や、勤務感インターバルの自動チェック、休暇消化状況の可視化により労務リスクへ対策できます。他の奉行製品を含めた奉行シリーズは累計65万社が導入しており、バックオフィス業務の効率化につながる幅広いサービスを提供することでスタートアップから上場後まで様々な規模の企業に使われています。就業奉行11も給与奉行や総務人事奉行クラウドなどの奉行シリーズと連携でき、人事労務業務を効率化できるサービスです。

トライアルあり 無料プランあり

スマレジ・タイムカードとは、株式会社スマレジが提供する0円から始められるクラウド勤怠管理システムです。PC打刻、スマホ・タブレット打刻、笑顔認証打刻といった打刻方法があります。給与の自動計算、アルバイトのシフト管理、各種休暇管理、タグを利用した日報管理、進捗や予算消化率を管理できるプロジェクト管理、スタッフ毎のダッシュボード表示などの基本的な機能が備わっています。また、パスコードや顔認証、位置情報(GPS)による不正防止対策も整っているので安心してご利用いただけます。登録事業所数は96,000を突破し、飲食店業界を中心に導入が進んでいてます。テレワークや働き方改革・36協定にもかんたんに対応することができる勤怠管理システムです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

OZO3 勤怠とは、多様な勤務形態に対応するシンプルな勤怠管理システムです。パート・アルバイト、時短勤務、フレックス制、裁量労働制、コールセンター等の複数のシフトパターン登録など、就業ルールに合わせて様々な勤務形態に対応します。また、申請内容の不備や打刻忘れなどの業務の不備があった場合のアラート、36協定に則して超過労働に対してアラート通知を行うことができます。月末の締め作業においては従業員は内容に不備があれば申請できないようになっており、労務担当者の不可を軽減することにもつながるサービスです。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

IEYASUとは、人事実務の専門家集団が共同開発した、無料の勤怠管理システムです。1,000社以上のサポート経験から培った人事・労務の専門ノウハウを生かし、ベンチャー企業で必要な機能を精査、かつシンプルで使いやすい勤怠管理システムを提供しています。ICカード/LINE/Slackでの打刻、出退勤データCSV出力、Web給与明細発行など豊富な機能が特徴です。さらに有料プランにすることにより休暇や残業等の申請ワークフロー、勤怠時間超過等のアラート、業務分類ごとに時間入力することによるプロジェクト収支の見える化、API機能による他社アプリケーションとの情報連携等も可能になります。まずは無料からスタートさせたいという企業ニーズに適した勤怠管理システムです。

トライアルあり

勤労の獅子とは、利用継続率99%を誇るクラウド勤怠管理システムです。高い継続率を維持している特徴として、お客様専任の勤怠コンサルタントによる導入支援、導入完了後は継続的な運用サポートが挙げられます。また機能も充実しており、ニーズに合わせた打刻、休暇管理、法令を基準とした労働時間の適正把握、権限ごとの細かな利用制限設定、勤怠申請ワークフローやデータ出力と様々な業種、職種、契約形態に合わせた運用が可能です。契約形態など従業員一人ひとりに合わせた勤怠課題ニーズに最適な勤怠管理システムです。

MINAGINE勤怠管理システムとは、複雑な就業ルール設定と使いやすさのバランスをとったクラウド型の勤怠管理システムです。残業時間確認や有休取得数確認、PCログオンログオフ履歴と申請時間のギャップを把握し過少申告の有無を把握できるレポート機能で法令に沿った労働時間管理ができます。また、退職者の勤怠実績をAIで分析する機能により、現在の社員の4ヶ月後の退職リスクを予測することもできます。初期設定においては社労士資格を持った専任コンサルタントがサポート。導入後は給与計算のアウトソーシングサービスなども行なっており人的サポートも充実しているサービスです。

奉行Edge勤怠管理クラウドとは、セキュリティ体制に優れたクラウド型の勤怠管理システムです。全てのデータ通信の暗号化、24時間365日の運用監視、国際標準の情報セキュリティマネジメントの規格を取得しているなどセキュリティ体制が充実しています。また、機能面においても打刻や勤怠集計などの必須機能に加えて、働き方改革関連法に対応する機能や、時差出勤、スライド出勤への対応などの機能もあり、多様な働き方にも対応できます。給与奉行クラウドや総務人事奉行クラウドなどの他の奉行製品と連携することでさらに業務を自動化できます。

Isideとは、PCログオンでの出勤登録と、退勤時の社員による工数入力をすることで勤怠管理と工数管理を同時に実現できる勤怠管理システムです。 「統合モデル」「工数専用モデルPro/Lite」「勤怠専用モデル」など複数のモデルがあり、自社の用途に合わせたモデルを選択することができます。 打刻方法はPCログオンでの出勤登録だけでなく、タイムレコーダーを用いた出退勤管理をすることも可能です。 勤怠データを項目の指定や並び替えをした上でCSVファイルで出力することもでき、給与ソフトへの取り込みも可能です。

トライアルあり

e-就業ASPとは、50名未満の成長企業から大手有名企業まで様々な規模や業種に合わせた設定・運用ができる勤怠管理システムです。 管理部からお知らせを従業員ページに表示することができ、メール配信などの工数削減ができます。 PCログオン・ログオフデータ収集ツール「ez-PCLogger」することで、客観的記録と打刻時刻の乖離をチェックすることができます。 残業時間や36協定だけでなく、勤務間インターバル制度にも対応したアラートを出すことができます。 50,000以上が現在利用中で、5年以上の継続率が80%以上を誇るサービスです。