2要素認証に対応している勤怠管理システム

2要素認証に対応している勤怠管理システム4サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

2要素認証に対応している勤怠管理システムの検索結果

4件の2要素認証に対応している勤怠管理システムをご紹介します。

該当 41 ページ目 1〜4件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

「人事労務freee」は、作業ミスや漏れを防ぎ作業効率の向上を目的に作られた労務管理システムです。従業員情報を登録するだけで、労務に必要な計算・書類作成などを自動化することが可能。従業員のデータを一元管理することで経営データの可視化が実現できます。

株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー
トライアルあり

WiMS/SaaS 勤務管理システムとは、出退勤管理だけでなく、休暇・残業の申請、シフト管理やプロジェクト管理など豊富な機能で多様化する勤務形態に柔軟に対応する勤怠管理システムです。 従業員規模1,000名以上の勤怠管理やグループ会社対応、他言語に対応しています。 利用中の基幹システムにも依存せず、上場企業基準のコンプライアンスに適応し、企業独自の制度にも対応可能です。 WiMS/SaaSでは他にも人事考課・経費精算・稟議申請などさまざまなサービスを提供しており、必要なサービスを組み合わせて利用することができます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

OZO3 勤怠とは、多様な勤務形態に対応するシンプルな勤怠管理システムです。パート・アルバイト、時短勤務、フレックス制、裁量労働制、コールセンター等の複数のシフトパターン登録など、就業ルールに合わせて様々な勤務形態に対応します。また、申請内容の不備や打刻忘れなどの業務の不備があった場合のアラート、36協定に則して超過労働に対してアラート通知を行うことができます。月末の締め作業においては従業員は内容に不備があれば申請できないようになっており、労務担当者の不可を軽減することにもつながるサービスです。

株式会社マインド
無料プランあり

MosPとは、株式会社マインドが提供する柔軟にカスタマイズすることが可能で、自社に合わせたシステムを構築することができるな勤怠管理システムです。社員別勤怠承認など約60項目の機能があり、勤務入力から承認、月次集計、データ出力まで幅広く豊富な勤怠機能を搭載しています。さらに5万ダウンロード突破し、稼働数400社以上の実績を誇ります。また、導入設定サービスやユーザーサポートパックなどサポート体制も充実しています。柔軟にカスタマイズできることから大学や工場、情報通信業界など幅広い業界に導入されている日本唯一のオープンソース勤怠管理システムです。