英語に対応しているオンラインストレージ(クラウドストレージ)(2ページ目)

英語に対応しているオンラインストレージ(クラウドストレージ)の検索結果の2ページ目です。

英語に対応しているオンラインストレージ(クラウドストレージ)の検索結果

30件の英語に対応しているオンラインストレージ(クラウドストレージ)をご紹介します。

該当 302 ページ目 21〜30件

おまかせファイルサーバーは、社内間でのファイル共有をはじめ、社外や海外など専用IDを所持していないユーザーとのファイル共有をクラウド上で可能にしています。ドラッグアンドドロップの直感的な操作で共有が行えるため、はじめて利用する方にもおすすめです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

SmartBiz+は、ビジネス利用のために開発されたクラウド型のファイル共有サービスです。スマホやタブレットなどのモバイル端末を、場所・時間問わず、安全・簡単・低価格で業務活用できます。

トライアルあり

HiQZenサービスは、社内外問わずファイル共有、大容量ファイルの転送を可能にしたオンラインストレージです。スマホからのファイルの持ち出しも安全にでき、操作も簡単に行うことができます。

ActiveAssetsは、オンライン校正とファイル管理の機能を併せ持つシステムです。簡単かつ高性能なファイル管理を実現し、セキュリティも万全。クラウド型のため導入の際初期費用が発生しない点も魅力です。

Active! drive SSは、法人向けの大容量ファイル転送サービスです。高度なセキュリティ設定ができるため、ログの管理や閲覧社の権限設定などが細やかに行えます。高品質なサービスを低価格で利用したい人におすすめです。

コンピュータ・ハイテック株式会社
トライアルあり

TeamFileは、コンピュータ・ハイテック株式会社が提供するファイル共有・転送ソフトウェアです。Linux上のApacheモジュールとして作動し、HTTP(s)を利用することでファイル共有・転送を可能としています。

トライアルあり

Cloudstorは、株式会社アイネットが提供するクラウド型ファイル共有サービスです。スマートフォンやタブレットといったモバイル端末からも利用でき、場所と時間を問わずにファイル共有を行うことができます。データは、国内最高クラスのデータセンターにバックアップされるため、セキュリティの観点においても心配いりません。

トライアルあり

C@bi-Netは、ブレーン・アシスト株式会社が提供するオンラインストレージサービスです。大容量ファイルの転送を社内外問わず行うことができ、安全性についてもIDCにてデータが管理されているため、破損・盗難の心配もいりません。

Amazon Cloud DriveはAmazonが提供するオンラインストレージサービスです。誰でも簡単に利用することができ、Amazonのアカウントを作成すれば誰でも5GBまで無料で利用できます。

ActCLOUD DR Storageは、ファイル共有・バックアップ用途として利用に最適なクラウドストレージサービスです。2拠点(東日本・西日本)にてデータを保管しているため安全性も申し分ありません。スマートフォンでも利用できます。