おすすめの「CTIシステム」を
アンケートに答えるだけでご紹介!
アンケートは2分程度で完了します
事業形態はどちらですか?
企業・法人
個人事業主

通話モニタリング機能があるCTIシステム

通話モニタリング機能があるCTIシステム34サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 341 ページ目 1〜34件
アップセルテクノロジィーズ株式会社

UPSELL CLOUDとは、多分野にわたり5,000社以上のコール業務で培ったノウハウを凝縮したアウトバウンド・インバウンド業務をワンプラットフォームで実現できるCTIシステムです。アップセルクラウドで通常の電話業務を行うだけで電話業務の傾向を手軽に掌握でき、次の一手の精度を高めることにより収益効果につなげることが可能です。UPSELL CLOUDを活用することによりコール数、通話数を増やしていくことはもちろんのこと、録音テキスト分析により対話力向上による成約率向上にもつながります。受電の際の自動音声応答システムの設計も専門的な知識を必要とすることなく感覚的に設計ができる仕組みが特徴です。電話料金プランについては、10秒課金、1分課金、3分課金の3種類をラインナップしており、用途に応じて選択が可能。契約期間の縛りもなく、電話料金のコスト削減を実現できます。

株式会社Widsley
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Comdesk Leadとは、株式会社Widsleyが提供するCTIシステムです。400社以上、7,000ID以上の導入実績があり、モバイル回線を利用することにより機材、回線工事不要です。AI搭載のモバイル連動でき唯一のコンタクトシステム(特許取得済み)を活用し、コスト1/4削減、営業効率平均240%アップ、時間削減30時間/月の成果を出しています。通話機能では、顧客情報管理、オートコールモード、禁止番号登録、マイボックス、全通話録音再生、ピンポイント再コールなど多数の機能を搭載。また、外出先でのテレアポ、リスト管理、システムカスタマイズ、情報共有ボックス、ファイルストレージ、レポーティング、携帯ログ管理と管理関連の機能も多彩。SNS、メール、LINE、Messengerなどでやりとり、様々なWebサービスと連携、ビデオ通話、リアルタイムでの営業状況確認なども利用可能でテレワークにも最適。端末紛失時にはログインキックアウトできセキュリティ対策も万全です。

株式会社リンク
出典:株式会社リンク https://biztel.jp/cs/
上場企業導入実績あり
業界実績・評判
IT業界の実績多数

BIZTEL コールセンターとは、株式会社リンクが提供するクラウド型コールセンターCTIシステムです。2,000社以上の導入実績から、さまざまなコールセンターで採用されており、6年連続シェアNo.1を獲得しています。PBX(交換機)の設置は不要で、クラウド利用により短納期・低コストが実現。CRM/SFAとのスムーズな連携、クラウド史上最高峰の音声、待ち呼や入電状況、応対率等のリアルタイム表示を活用し、センターと誤差のない業務環境を可能にしています。24時間対応の電話サポートをご用意しており、トラブル時にも安心です。コールセンター業務に必須なセキュリティには金融機関も利用するプランを完備しており、サービスレベルの高いクラウド型コールセンターCTIシステムです。

株式会社アイ・ピー・エス・プロ
出典:株式会社アイ・ピー・エス・プロ https://ameyoj.com/
上場企業導入実績あり

AmeyoJとは、株式会社アイ・ピー・エス・プロが提供するアウトバウンド・インバウンド両方の機能を備えたCTIシステムです。通話料金を秒単位で課金できるため、通話料を平均30%削減。固定電話からの受発信が1秒0,06円、携帯からの受発信が0,25円を実現しています。カスタマーサービス、テレマーケティング、督促、決済など、あらゆるコールセンターの業務で利用でき、最低5席から最大1,500席までの小規模から大規模にまで対応可能です。アウトバウンド業務、インバウンド業務の両方に必要な機能を全て装備。 業務効率の改善と売上高の向上を同時に実現します。

株式会社Scene Live
出典:株式会社Scene Live https://scene-live.com/listnavigator/

List Navigator.とは、株式会社Scene Liveが提供するCTIシステムです。圧倒的な機能、価格、安全性で導入者数3,100社を突破。2019ITトレンドCTIシステムランキング、BDXIL最新人気ランキング アウトバウンドコールシステムともにNo.1を獲得しています。ネット環境があればすぐに月額利用料金4,500円から3営業日程で利用可能です。コールセンターに必須な機能はもちろん、応答するまで自動発信するオートコール、1つのリストを共有してグループ内で架電するグループ架電、リストをもとに同時一斉発信して繋がった番号をオペレータにつなぐプレディクティブコール(最大5倍の架電率)など、営業方法に合わせた架電スタイルを利用できます。多番号同時発信を行った際に繋がったお客様と繋がらなかったお客様とでリストを仕分け、繋がるリストのみへの架電が可能な「JudgeNavi」でさらに効率アップを図れます。

株式会社ジーシー
出典:株式会社ジーシー https://calltree.jp/
トライアルあり

CALLTREEとは、10年以上コールセンターを運営する、現場を知り尽くしたプロ集団が開発した完全クラウド型のCTIシステムです。無駄のないボタン配置、誰でも使いやすいシンプルな操作性に加えて、業務に合わせたカスタマイズできるのが特徴。インターネット環境、PC、ヘッドセットの3点のみの準備で利用開始でき、最短翌日に1席から導入が可能です。オートコール機能により架電効率・アポイント獲得率を大幅アップ。オペレーターの稼働状況確認機能や架電リストの作成機能、通話分析、目標分析機能など、業務効率を向上させる機能が満載。LINEやChatWorkと連携できるのも嬉しいポイント。また、クラウドPBXの機能も備えているので、固定電話のクラウド化、通信費のコストダウンも可能。SSL暗号化技術で個人情報の保護も万全。トラブル発生時には訪問・電話・遠隔操作によるサポート体制があるので、初めてCTIシステムを導入する企業にもおすすめです。

株式会社フレンディット
出典:株式会社フレンディット https://www.friendit.co.jp/product/bizbase/
トライアルあり

BizBaseテレマーケティングとは、株式会社フレンディットが提供する業務の成果が倍になるクラウド型CTIシステムです。クラウド型なのでサーバー等の高価な機器を用意する必要がなく初期費用を大幅に削減。インターネット環境とWEBブラウザがあればすぐに利用可能です。安心の月額制で、ニーズに合わせて規模の増減ができます。開封率90%のSMS(ショートメッセージ)を1通8円の安価な料金で利用できます。またオートコールBBと連携オートコールBB(自動発信と自動音声による案内)と連携してSMS宛てに送信できるのでユーザーを手軽にWebサイトに誘導することができ営業効率向上を促します。プレディクティブ機能(自動一斉発信)では、つながった発信のみをオペレータに転送する為に架電効率2倍という飛躍的な架電増加を実現します。

ジェイエムエス・ユナイテッド株式会社
出典:ジェイエムエス・ユナイテッド株式会社 http://www.infinitalk.co.jp/
上場企業導入実績あり

InfiniTalkとは、ジェイエムエス・ユナイテッド株式会社が提供するコールセンター運営に最適なCTIシステムです。48業種、400社、10,000席以上の導入実績有り。初期費無料、03番号または050番号、1番号無料、2回線、5席から月額35,803円の安心価格で利用できます。専門知識の必要なく簡単に利用可能なユーザーインターフェイスを搭載。APIとしては「AGI」、「AMI」が利用可能。コールセンターで必須な機能に加え、ACD、IVR、レポート、通話録音、チャット、テキスト分析などクラウドサービスとオンプレミスで提供します。サポート面では操作・設定・障害に関するお問い合わせ対応のみでなく、バージョンアップ製品、修正パッチも提供しています。

株式会社シナジー
出典:株式会社シナジー https://makit.synergy-corp.jp/

Mostable(モスタブル)とは、株式会社シナジーが提供するコール数約1.5倍、通話費最大50%削減、導入成功率98.7%の実績を持つクラウド型アウトバウンドCTIシステムです。クラウド型なので高価なシステムをそろえる必要がなく、PC、ヘッドセット、インターネット環境があればロケーションフリーですぐにコールセンター開設ができます。PCが不慣れな方でも問題なしの簡単操作、リアルタイムのモニタリング機能、ささやき機能、支店、各店舗、場所を選ばないリアルタイム連携、オートコール、再コールお知らせ機能、自動集計機能、リスト項目の内容修正、アンケートシステムなど多彩で効果的な機能を装備。「リアルタイム」「負担軽減」「チーム力」をテーマにコストの削減、業務効率の向上を実現します。

SimpleConnectとは、新たな設備導入や工事が要らず低コストで導入可能なクラウド型のCTIシステムです。PCとインターネット環境があれば、申し込みから最短2営業日で全てのシステムを利用可能。クラウドサービスのため機器の設置が不要なので、オフィスの規模を問わずコールセンターを構築できます。コミュニケーションツールのマルチ対応で一つのプラットフォームで一元管理できる他、CRMの外部連携や様々なビジネスシーンに対応可能なワークフローやナレッジベース等、充実した機能で高いコストパフォーマンスを発揮します。また、統計レポートの出力項目も多岐に渡り、多角的な顧客データを集計できるため、スピード感を求められるPDCAサイクルの循環にも貢献します。

メディアリンク株式会社
出典:メディアリンク株式会社 https://mediaseries.medialink-ml.co.jp/mediacalls/

MediaCallsとは、メディアリンク株式会社が提供するIP-PBX/CTI/ACD/レポート/通話録音を標準装備したオールインワン型CTIシステムです。13,000席以上の導入実績があり、継続利用率 100%達成(販売開始2014年からの継続利用率。廃業による解約を除く)。GRID AWARD2021SUMMERにてPBX、IVR(自動音声応答)がHigh Performer、CTIはLeaderと表彰されました。高い実績から多くの業種業界の方に利用されています。オンプレミス型とクラウド型から選択でき、IPネットワークにつながる環境があれば、どこでもすぐにコールセンターを構築が可能。圧倒的な低価格で提供します。エージェント数の増加や将来的な事業拡大にも柔軟に対応。コールセンターでの業務効率化に必要となる豊富な機能を標準搭載。コスト削減や業務効率化に最適です。

株式会社Zendesk
出典:株式会社Zendesk https://www.zendesk.co.jp/service/voice/
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Zendesk Talkとは、株式会社Zendeskが提供する複雑な問題ひとつひとつに対応したクラウド型CTIシステムです。海外拠点16か国、稼働率99.9%(Zendesk製品のSLA)、処理される年間お問い合わせ件数47億5千万件、データ保護規則GDPRを準拠、米国政府クラウドセキュリティ基準「FedRAMP」認証対応中の厳しい情報セキュリティ対策など高い実績レベルから多くの方に利用されています。クラウド型なので低コストで導入できます。問い合わせ管理機能のみの月額19ドル(年払い)から様々なプランを選択できます。メール、チャット、電話からの問い合わせを一元管理できて、ヘルプページの作成にも対応できるツールは事業成長に伴って柔軟に拡張可能。部署を超えたやり取りを1つの画面で管理できるため情報が一目瞭然です。情報共有が容易になり作業効率、顧客満足度アップを促進します。

合同会社selfree
トライアルあり 上場企業導入実績あり
業界実績・評判
IT業界の実績多数

CallConnectは、サポート業務やインサイドセールスに最適なブラウザ型CTIシステムです。総アカウント数2,000以上で利用されており、96.8%という高い利用継続率を維持。工事不要、インターネット、パソコン、ヘッドセットを用意してたった5分と手軽に始めることができます。様々なクラウドサービスと連携することで通話履歴、顧客情報などを顧客管理システム(CRM)上で確認しながらの顧客対応が可能。応対時の音声データは録音、テキスト化して、フィードバックに生かすなど従業員のサポートにも活用できます。応対率、通話時間のリアルタイム表示機能は指標管理者の手間を大幅に削減し、問題点の迅速な発見につながります。

株式会社Scene Live
出典:株式会社Scene Live https://scene-live.com/lp/osora-lp1/
トライアルあり

OSORAとは、株式会社Scene Liveが提供するPC、スマートフォンから場所を選ばず利用できるCTIシステムです。2021年ITトレンド上半期ランキング(IP電話、PBX)、コールセンターシステム導入のしやすさ(顧客満足度、サポート体制満足度)がすべてNo.1の実績があり、多くの方に利用されています。クラウド型で自社開発なので最小限のコストで導入可能で、システム基本料月額3,000円から開設できます。席の増減は最短翌日とスピーディに反映。基本料金のみでアカウントの登録制限はありません。ビジネスツールとの連携、優れた拡張性で情報管理、共有をスムーズにし、IVR、ACD、全通話録音・履歴、アナウンス設定、ポップアップ、モニタリング・ささやきなど豊富な機能を15種類以上搭載。導入前から運営中まで無料でサポートします。

株式会社エバーバンク
出典:株式会社エバーバンク http://ever-call-sys.com/

Ever Callとは、株式会社エバーバンクが提供する現場の声から生まれた多機能CTIシステムです。最短2営業日から初期費用0円で利用できます。業界初の通話システム実現により通話料を含めた1ブース辺りのランニングコストは未導入時よりも低コスト。業務効率・生産性の大幅な向上が実現できます。コールセンターに必須の機能はもちろん、CRM連動によるバックオフィスとのリアルタイムの情報共有、不在を自動で飛ばすオートコール、クラウドシステムで、複数の拠点を一括管理、離れている拠点の通話録音、全拠点の録音確認、離れた拠点のモニタリング、ささやき、転送、アイドルタイムや休憩時間、コール数等から分析可能な集計機能など多彩な機能が搭載されています。遠隔操作によるサポートも充実しています。

トラムシステム株式会社
上場企業導入実績あり

UNIVOICE ACCSとは、クラウド上で構築するオムニチャネル対応のCTIシステムです。電話・メール・チャットなど、様々なチャネルからのコンタクトに対して、共通のユーザーインターフェースを用いて対応することが可能です。全チャネルの顧客情報やコンタクト履歴を一元管理できるため、様々なチャネルからのコンタクトに対して一貫した応対が実現。顧客満足度の向上を支援します。また、電話交換(PBX)機能がクラウド上で利用可能なので、専用機器は不要で別拠点への電話回線数を増設できます。本社や支店、在宅勤務のスタッフ用回線などを簡単かつスピーディーに増設できるのも大きな魅力のひとつです。そのほかにも、ルールに基づきオペレーターへ応対業務を自動分配するACD機能や、音声ガイダンスで一次応対し要件別に各担当者へ振り分けるIVR機能など、CTIシステムに必要な多彩な機能が搭載されています。

株式会社プロディライト
出典:株式会社プロディライト https://innovera.jp/

INNOVERA とは、株式会社プロディライトが提供する、とにかくわかりやすい操作画面のクラウドPBXです。専用アプリを入れてスマートフォンを内線化。使いやすい操作画面でマニュアル確認なしで思うままに設定変更が可能です。クラウド型PBXだから高価な設備やメンテナンスの費用の必要なし。他社にない「90秒課金」で通話料大幅削減。市内・市外どこからでも全国一律の通話料で利用できます。従業員の増減、移転やレイアウト変更などにも柔軟に対応。すべての通話はデータ量制限なしで自動録音され、録音データは追加料金なしで6か月保存されます。他にも営業時間外アナウンスのスケジュール登録、内線番号表の自動生成、IVR、位置情報コールなどカユイところに手が届く豊富な機能を標準搭載。導入後はINNOVERAを隅々まで知り尽くしたカスタマーサポートがついているので、サポート面も安心です。

株式会社オープンコム
出典:株式会社オープンコム https://www.opencom.co.jp/dialer/

Open Dialerとは、株式会社オープンコムが提供するアウトバウンドに特化したクラウド型CTIシステムです。6時間のモニタリングでは、オペレーター10人で発信件数5,200件、電話応対率53%、見込み8%、獲得2%の高い結果を実現しています。2つのレンタルサーバープランでお客様専用のCTIサーバーを月額料金で提供。プレディクティブダイヤル(同時一斉発生)、全通話録音、コール履歴の条件抽出(CSV出力可能)、発信履歴検索(CSV出力可能)、発信禁止 等の機能など豊富な機能をクラウド、オンプレミスにかかわらず一式レンタルで提供します。アポインターのステータスを自動計測するオープンダイヤラー機能ではアウトバウンドコールセンターに必要な稼働状況(通話時間、入力時間、待機時間など)の把握が一目瞭然。業務の効率化を促します。

株式会社Good Relations
出典:株式会社Good Relations https://good-call.jp/

GoodCallとは、株式会社Good Relationsが提供する発信機能・着信機能だけではない顧客管理・業務効率化機能付きオールインワン・クラウド型CTIシステムです。工事不要、最短2日から業界最安値の1アカウント4,000円でコールセンターを始めることができます。必要なのはインターネット環境のみで、高価な機材をそろえる必要はありません。現場の声を取り入れた直感的に使用可能な優れたUIでオペレータ教育の時間も削減。コールセンターに必須の機能はもちろん、インバウンドではテレアポ、コンタクトセンター、在宅勤務まで利用できる営業分析、アウトバウンドでは、録音機能、前通話履歴、再コール日時設定、通話分析、結果分析、目標・目標・進捗分析など多彩な機能を搭載しています。

楽天コミュニケーションズ株式会社
出典:楽天コミュニケーションズ株式会社 https://comm.rakuten.co.jp/houjin/outboundpro/

アウトバウンド・プロとは、楽天コミュニケーションズ株式会社提供のアウトバウンドコールを強力強化して営業力をアップするクラウド型CTIシステムです。クラウド型なので高価なサーバー、保守費用は必要ありません。PC、ヘッドセット、インターネット回線があれば最短5営業日でどこからでも開始できます。050、0120番号の提供、システム、電話機の手配までワンストップで対応。ワンクリック発信、時間指定発信して不在であれば続けて次の番号へ自動発信するオートコール、ブラウザベースの直感的な操作性、など豊富な機能をオールインワンで提供します。オプションでは一斉発信でつながったコールだけ着信させる架電効率抜群のプレディクティブコール機能も利用可能です。24時間365の監視体制でサポート面も万全、カスタマイズも柔軟に対応します。

株式会社インテック
出典:株式会社インテック https://www.intec.co.jp/service/detail/cti/

CTI-Oneとは、株式会社インテックが提供する中小規模向けのコールセンター構築用CTIシステムです。NECプラットフォームズ社のオフィスコミュニケーションゲートウェイ「UNIVERGE Aspire WX」と連携し、高機能で安価なCTI機能を提供します。強力なシステム連携機能により既存CRMパッケージ、SaaSサービスとの容易な結合を可能にし、ACD、自動発信、IVR、統計、通話録音などコールセンターに必須の機能を装備。UNIVERGE Aspire WXのIP-PBXとしての主要機能やPHS、IP電話機、ボイスメール、他PBXとの内線接続等も可能。オペレーター向け以外にもSV(スーパーバイザー)向けの運用状況モニター機能、通話モニター機能、システム管理者向けにはコールセンター運用カレンダー機能、ネットワーク監視表示灯機能を用意。シンプルなUIでオペレーターの負担を減らし、効率化を促進します。

TIS株式会社
出典:TIS株式会社 https://www.tis.jp/branding/cti/
上場企業導入実績あり

TIS CTI Cloudとは、TIS株式会社が提供するCTIシステムです。小規模なヘルプデスク業務から金融業、通信販売業、製造業などの大規模コールセンターまで幅広い業種のニーズに応えるサービスです。クラウド型で既存のPBX、電話環境を利用する為、高価な機材や保守・運用にかかるコストを大幅削減。業務効率を促進する機能が満載です。電話対応の多い業務では、10%~15%程度のコストダウンを実現が期待できます。CTI機能はオールインワンで、状態管理機能、ヘルプ機能、全オペレータ状態管理機能、オペレータヘルプ機能、通話録音機能、オペレータ情報設定、CRM、SFA、FAQサービス連携、Callクレヨン連携、どこでも入会.app連携など豊富な機能をラインナップ。Tier4レベルのセキュアデータセンター運用、既存資産とのインテグレーション可能、Callシリーズ、CRM/FAQサービス連携で効率化などセキュリティも万全です。

株式会社バルテック
出典:株式会社バルテック https://www.mot-net.com/function/cti

MOTコールセンターは、株式会社バルテックが提供するクラウド連動CTIシステムです。kintone、ネクストエンジン、CROSS MALL、GoQsystemなど多数の連携実績あり。クラウド連携CTIシステムを利用することで従来の電話顧客対応時に必要だった顧客名、会員Noの確認などの自動表示が可能。バルテック社のクラウドサービスまたは既にご利用の顧客管理ソフト、CTM、SFA、基幹システムの情報も表示できるので大幅な電話対応負担の軽減を実現できます。連携可能な電話端末は固定電話(SIP)、ソフトフォンの2つ。ソフトフォンは専用ソフトウェアMOT/PhoneをインストールすることでUSBの簡易電話またはヘッドセットで電話応対を利用できます。MOTの利用で電話応対の負担増加による残業、人件費の増加の大幅削減が可能となります。

メディアリンク株式会社
出典:メディアリンク株式会社 https://mediaseries.medialink-ml.co.jp/mediaoffice/

MediaOfficeとは、メディアリンク株式会社が提供する、テレフォニーシステム技術で独自開発したオールインワン型のクラウドPBXです。シリーズ累計13,000席、継続利用率98%(廃業による解約は除く)の実績あり。CTI、IVR、通話録音、レポート機能、保留・転送機能に加え、通話履歴管理・通話録音機能など、オフィス電話、コール業務に必須の機能を豊富に標準装備。直感的操作が可能な使いやすいWEB管理画面で設定変更がらくらく。ニーズに合わせてオンプレミス方、クラウド型(フルクラウド、ハーフクラウド)の2種類から選択できます。 複数拠点の電話システムを一般化、外部サービスともシームレスに連携が業務効率化を促進します。

株式会社WinSoft
出典:株式会社WinSoft https://www.aponext.jp/

アポ王nextは、株式会社WinSoftが提供するCTIシステムです。2,000ライセンス以上の導入、10年以上の運営実績があります。初期費用無料、最短2日で導入でき、電話効率200~250%増、通信コスト50%減効果を実現します。アポインター端末のソフトフォンから2回線での発信が可能なデュアルコール機能を業界初搭載。他にも自動発信のオートコール、録音機能、リスト管理、モニタリング、稼働時間分析といった業務の手間を軽減し効率アップにつながる機能が満載。アフターサポートとして、利用状況の確認、便利な使用方法のご提案を実施しており、初めてのテレアポ導入でも安心です。

クラウドワン株式会社
出典:クラウドワン株式会社 https://www.cloudcall.jp/

クラウドテレコールとは、クラウドワン株式会社が提供するコールセンター向けのCTI及びCRMがオールインワンになったクラウド型CTIシステムです。クラウド構成で業界最安値水準を実現。GoogleChromeが内蔵されているPC(Windows、MacOS、ChromeOSの最新版)、インターネット環境、ヘッドフォンがあれば、IP電話回線(SIPトランクサービス)の契約ですぐに在宅コールセンターを立ち上げることができます。マウス操作のみで電話発信できるクリックTOコール、着信時に顧客情報をポップアップするCTIポップアップ、顧客情報の検索可能なCRM機能、リアルタイムで発着信の情報をモニタリング可能なKPI機能、など他にも多数な機能を標準搭載。コールセンター向けのCTI、CRM機能がオールインワンのシステムです。

株式会社アースリンク
出典:株式会社アースリンク https://www.earthlink.co.jp/sakura/

コールセンターシステムSakuraとは、株式会社アースリンク提供のCTIシステムです。2017年ITトレンド年間ランキング コールセンタシステム・CTIパッケージソフト第1位を獲得。インバウンド、アウトバウンドのどちらも一つで対応できるクラウド型テレアポ管理システムです。1アカウント月2,500円(1人から)、最短1週間で導入でき随時増設も可能。コールセンターに必要な統計レポート、クリック発信、通話モニタリング、ソフトフォン、IVR(音声ナビ)、ウィスパリング、管理画面、通話録音を完備しています。リスト管理、コール数、スキル、マネジメント、拡張性、テレアポリストなどを一元管理。管理者側でコール禁止設定をすることも可能です。従業員のスムーズな管理や作業効率の向上を促します。Saleforceのクラウドシステム使用なのでセキュリティも万全です。

株式会社ドリームソリューション
出典:株式会社ドリームソリューション https://solution-idw.com/dreamcall.html
トライアルあり

ドリームコールは、株式会社ドリームソリューションが提供するクラウド型CTIシステムです。クラウド型のため、コールセンター業務に通常必要な機材は必要なく、パソコン、ヘッドセット、ルータのみで利用可能。大幅なコストダウンが実現できます。利用方法はシンプルに「発信」「切断」「結果入力」の3ステップ。決まった時間に自動発信を行うオートコール、架け間違え防止のワンクリック発信、アポインター数以上のコール発信でつながった分をアポインターへつなげるプレディクティブコール、顧客に聞こえないようにアドバイスができるささやき機能といった業務効率をアップさせる機能が満載です。もちろん通話録音、集計レポート、モニタリング機能も装備しています。

NTTテクノクロス株式会社
出典:NTTテクノクロス株式会社 https://www.ntt-tx.co.jp/products/ctbase/core.html
上場企業導入実績あり
業界実績・評判
IT業界の実績多数 金融業界の実績多数

CTBASE/Coreとは、NTTテクノクロス株式会社が提供するCTIシステムです。AVAYA社製PBX対応でコールセンターシステムの短期開発を実現します。エージェントの状態取得、転送先ACDグループリスト、エージェントリストの取得、ACDグループの状態取得(Loginエージェント数、AvaiIableエージェント数、Queuing呼数)、会議通話、通話モニタ、個人情報保護機能など豊富な機能を標準搭載。短期間でCTI連携アプリケーション(ソフトフォンなど)の開発が可能となるAPIを提供など、高度なノウハウをもつNTTテクノクロスのエンジニアがCTI全般をサポート。PBXとCRMなど様々なアプリケーションとの連携を行いエンド・ツー・エンドのサポートをワンストップで提供します。

T-Macssとは、株式会社クロノスが提供する多機能なクラウドPBXです。基本的なオフィス電話の機能に加え、着信の自動振り分け(ACD)機能や自動音声応答(IVR)など、コールセンター向けのオプション機能を豊富に搭載しているのが特徴です。各種機能は管理画面で簡単に設定でき、電話機の追加も自社で行えるので、完全自社運用も実現できます。また、現在利用中のCRMやCTIシステムと連携することで、通話履歴の取り込みやユーザーの一元化も可能です。また、モバイル内線化にも対応。使い慣れているスマートフォンへソフトフォンアプリをインストールするだけで、自宅や外出先でも会社宛の電話の着信・転送が可能です。いつでもどこでも電話に出られるようになり、大切な取引先との連絡もスムーズになります。

株式会社OKIソフトウェア
出典:株式会社OKIソフトウェア https://www.oki-osk.jp/product/crm/index.html

enjoy.CRMⅢとは、株式会社OKIソフトウェアが提供するDynamics365をベースにしたクラウド型CTIシステムです。Dynamics365ベースのため、Microsoftの各種サービス基盤を活用した柔軟なカスタマイズ、アプリケーションとの連携が可能。画面のセルフカスタマイズや、AIチャットボットの機能追加なども手軽に行なうことができます。国産ならではの見やすさ、使いやすさにこだわった直感的操作ができる画面「コールパレット」は、スライド・ズームアップなど快適な操作性で使用負担を軽減し、トレーニングコストダウンにもつながります。内部、外部を問わずリアルタイムな情報共有、連携で応対品質を向上。スムーズな情報連携が可能になり一貫性のある顧客対応を実現します。

株式会社オプトエスピー
出典:株式会社オプトエスピー https://www.optsp.co.jp/product/flexphoneplus/

FlexPhonePlusとは、株式会社オプトエスピー提供の場所を気にせずどこでも使えるCTIシステムです。設置工事、大型設備不要で、インターネット環境があればどこでも小規模からオフィス電話の開設が可能です。ソフトフォンも利用できます(固定電話機利用の場合は接続時が必要)。ブラウザからPBXの設定変更ができ、内線IDの増減も最大500席までニーズに合わせて迅速に対応できます。アカウント作成、発信制御、発着信鳴分け、電話転送、WEB画面発信、クラウド電話機、全通話履歴、全通話録音、複数通話、モニタリング、迷惑電話ブロック、電話時間設定など豊富なビジネスフォン機能を搭載。オプションで、IVR、CRM連携も可能です。サポート窓口を平日10:00〜18:00(年末年始を除く)でサポート窓口にてサポート対応しています。

株式会社コスト削減グループ
出典:株式会社コスト削減グループ https://www.gets-qcall.net/

ネオ・クイックコールとは、株式会社コスト削減グループが提供する格安で高機能なクラウド型CTIシステムです。クラウド型のため複雑な機器は不要で、工事不要で最短3営業日から初期費用0円(2ブース以上~)、月額費用6,000円で導入できます。03・06・092・011・052・050・0120の利用が可能。テレワークでの在宅業務にも最適です。コールセンターに必須の機能に加え、ボタンクリックで発信するプレビューコール / クリックトゥコール、一括管理が可能な顧客情報管理、通話内容の確認やオペレータのモニタリング、ささやきができるモニタリング/ささやき、全通話自動録音、架電結果ステータス管理 / 再コール、架電結果分析などその他にも多数の機能を搭載。システムアップデートも自動です。

楽天コミュニケーションズ株式会社
出典:楽天コミュニケーションズ株式会社 https://connect.rakuten.co.jp/speed/

楽天コネクト Speedは、楽天コミュニケーションズ株式会社提供のクラウド型CTIシステムです。1,200社の導入した実績を持ち、2017年ITトレンド年間ランキングコールセンターシステムでは総合第1位を獲得しています。小規模から始められ、いつでも拡大が可能。初期費用、保守・管理費がすべて無料。最短10営業日、インバウンドは1席2,000円、アウトバウンドは8,000円からというスピーディかつ低コストで導入できます。操作は簡単で使いやすく、顧客管理システム(CRM)との連携や着信処理、スケジュール管理、音声ガイダンス等の設定変更も楽々と行えます。オペレータの稼働状況が一目瞭然にすることで、管理集計業務の手間を削減。23時間365日の監視体制でサポート面も安心です。