勤怠管理システム

勤怠管理システム95サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、無料で利用可能な勤怠管理システムや英語対応可能な勤怠管理システム、フレックス勤務に対応した勤怠管理システム、小規模向けの勤怠管理システムなどが探すことが出来ます。

勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、ICカードやタイムカードなどによって出退勤時刻を記録し、従業員の就業日数や残業時間などの勤務状況を管理するシステムです。導入方法は、クラウド型とパッケージ型の2通りの形態に分かれます。

さらに詳しく知りたい方は、勤怠管理システムとは?メリットと事例を具体的に解説をご覧ください。

勤怠管理システムの選び方

クラウド型とパッケージ型の2通りがある勤怠管理システムは、それぞれの導入方法のメリット、デメリットを理解した上で、使い勝手は良いか、必要な機能は備わっているか、サポートは充実しているかなどの観点から自社にとって最適な勤怠管理システムを選択する必要があります。また、アクセスが集中しやすい勤怠管理システムでは、それに耐えうるシステム性能があるかどうかも重要な判断基準になります。

さらに詳しく知りたい方は、勤怠管理システムの選び方を徹底ガイドをご覧ください。

勤怠管理システムのメリット・デメリット

勤怠管理システムを導入する主なメリットとしては、「労働時間の正確な管理」「業務効率化UP」「法改正への対応」「コスト削減」があげられます。一方でデメリットとしては、「自社の就業規則に合っていない」「システムトラブルの可能性」「使用中のシステムと連携不可」があります。

勤怠管理システムの導入失敗例

勤怠管理システムの導入に失敗する背景には、「トライアル期間中に社内に浸透できなかった」「自社の就業規則に合わなかった」「使用しているシステムと連携できなかった」などが挙げられます。これらの失敗を回避するためには導入の目的や環境を事前に整理しておくことが大切です。

勤怠管理システム導入でもらえる助成金や補助金

勤怠管理システムを導入することで助成金を受け取ることができる「働き方改革推進支援助成金」という制度があります。生産性を高めることで残業時間を減らしたり、有給休暇の取得率があがった場合に助成金が出る制度で、「テレワークコース」「労働時間短縮・年休促進支援コース」など5つのコースがあります。また、「IT導入補助金」というものもあり、生産性の向上のため業務プロセスの改善と効率化を促進する汎用的なITツールの導入に活用できます。

勤怠管理システムでできること

勤怠管理システムは多様化する就業形態、勤務形態に応じて煩雑になる労働時間の集計業務負担を軽減し業務効率化を実現します。勤務時間や残業時間、欠勤の管理はもちろん、入力されたデータに基づき、欠勤や休暇、給与などの計算を自動的に行える勤怠管理システムもあります。

勤怠管理システムの機能一覧

勤怠管理システムには、申請・承認などのワークフロー機能、自動集計・管理機能、勤怠管理機能、スケジュール・シフト管理機能、有給休暇・休暇管理機能などがあります。

さらに詳しく知りたい方は、勤怠管理システムの機能一覧をご覧ください。

勤怠管理システム以外のSaaSサービス

アイミツSaaSでは勤怠管理システム以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。

※現在掲載している情報は2020年12月10日時点の情報です。