SFA(営業支援システム)

SFA(営業支援システム)51サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、無料で利用できるSFAやクラウド型のSFA、中小企業向けのSFA、名刺管理と連携可能なSFAなどを探すことが出来ます。

SFA(営業支援システム)の検索結果

51件のSFA(営業支援システム)をご紹介します。

該当 511ページ目 1〜20件
日本マイクロソフト株式会社
料金
7,070円/ユーザー
トライアルプラン
料金
5,000円/ユーザー
トライアルプラン
あり
料金
6,000円/ユーザー
トライアルプラン
料金
198,000
トライアルプラン
あり
料金
50,000
トライアルプラン
あり
サイボウズ株式会社
料金
780
トライアルプラン
あり
料金
50,000円/契約
トライアルプラン
あり
レッドフォックス株式会社
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
UPWARD株式会社
料金
21,000
トライアルプラン
株式会社ラクス
料金
60,000円/契約
トライアルプラン
あり
ゾーホージャパン株式会社
料金
2,160円/ユーザー
トライアルプラン
株式会社コンベックス
料金
10,000円~
トライアルプラン
料金
3,000円/ユーザー
トライアルプラン
あり
料金
1,480円/ユーザー
トライアルプラン
あり
料金
3,500円/ユーザー
トライアルプラン
あり
シンキングリード株式会社
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
あり
StayinFront, Inc.
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
14$/ユーザー
トライアルプラン
あり
料金
3,000円/ユーザー
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
あり

SFA(営業支援システム)とは

SFAとはSales Force Automationの略で「営業の自動化」を意味し、一般的に営業支援システムのことを指します。必要な情報を入力することで業務プロセスを自動化してくれたり、次のアクションを提示してくれたりするので営業担当は本来の業務に集中でき効率よく営業活動が行えます。従来の属人的な営業手法から脱却し、効率のよい営業スタイルを確立するために役立つシステムです。

SFAとCRMの違い

CRMとは、Customer Relationship Management (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の略で、顧客関係を管理するためのシステムです。SFAと共通している点としては顧客情報の管理を主体としているシステムということですが、最終的なアウトプット(出力)方法はSFAとCRMで大きく異なります。CRMは複数部門が顧客情報を確認し、事業戦略を立てるために利用していますが、SFAは営業部門の営業活動を効率化するものとして利用されます。しかし最近ではSFAとCRMが統合された製品も多く出てきていて、その境界線が曖昧になってきいます。

SFAのメリット

SFA導入のメリットは、端的にいうと営業担当の業務を効率化して生産性を上げられる点でしょう。紙ベースやエクセルベースで管理していた煩雑な作業をすべてSFAで管理することで、本来やるべき営業活動に多くの時間を割くことができます。そのため生産性が向上し営業部門だけでなく会社全体の成長にも繋がっていきます。また属人化を回避できるというメリットも大きく、営業担当の退職や部署異動があった際に、SFAで顧客所呪法を管理しておくことで過去の商談情報や顧客とのつながりをスムーズに把握することができます。入力工数やコスト面でのデメリットもありますがメリットのほうが大きと言えるでしょう。

SFA(営業支援システム)以外のSaaSサービス

アイミツSaaSではSFA(営業支援システム)以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。