SFA(営業支援システム)

SFA(営業支援システム) 51サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、無料で利用できるSFAやクラウド型のSFA、中小企業向けのSFA、名刺管理と連携可能なSFAなどを探すことが出来ます。

SFA(営業支援システム)の検索結果

51件のSFA(営業支援システム)をご紹介します。

該当 51 1ページ目 1〜20件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Salesforce Sales Cloud(セールスフォースクラウド)は、29年以上にわたり15万社以上に導入されているCRM・SFAです。FacebookやTwitter等のSNSの情報分析を含め、顧客情報の一元管理の自動化が可能です。

サイボウズ株式会社
トライアルあり

kintoneは、さまざまな業務の課題解決をサポートするクラウドサービスです。顧客管理・レポート機能・プロセス管理など、SFAとしての役割も十分に兼ね備えています。連携可能なサービスは100種類以上で、SFAをはじめ幅広い用途に対応可能です。

トライアルあり

Knowledge Suiteは、クラウド型の統合ビジネスアプリケーションです。SFA・CRM・グループウェア機能を中心に、名刺管理やメール配信、スケジュール・文書管理などさまざまな機能が付帯しています。SFA機能を持つGRIDY SFAは、営業日報を入力するだけで顧客情報を蓄積し営業プロセスを可視化。登録できるユーザー数は無制限で、マルチデバイス対応。SSLデータ暗号化はもちろん、シングルサインオンやIP接続制限など万全なセキュリティを選択できます。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

Zoho CRMは、導入しやすいと評判のクラウド型のCRM・SFA(営業支援システム)です。顧客情報や商談履歴など関連情報を一元的に管理でき、自動化によって営業活動をサポート。BtoB、BtoCに対応しており全世界15万社に選ばれています。

上場企業導入実績あり

eセールスマネージャーRemix Cloudは、ソフトブレーンが提供する国産のCRM・SFAです。営業プロセスを見える化し、組織活動の効率化と事業成長をサポート。導入から定着後までのサポート体制も充実しています。1度の入力で情報が自動反映されるため、営業現場の不可も最小限です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Senses(センシーズ)は、現場主導のクラウド型SFA(営業支援ツール)です。入力の自動化とAIを活用し営業成果の最大化をサポートします。モバイルアプリからの入力も可能。既存サービスとの連携もできます。

上場企業導入実績あり

cyzenは、スマホやタブレット端末で利用できるSFAです。現場に必要な機能を中心に開発されており、営業活動をサポートし売上アップに貢献します。アプリの動作速度の速さにも自信あり。専任のコンサルタントによる導入支援も用意されています。

HubSpot Sales Hubは、クラウド型のCRM・SFA(営業支援ソフトウェア)です。顧客情報とコミュニケーションチャネルを一元管理し自動化することで、顧客満足度を高めることに役立ちます。無料プランあり

トライアルあり 上場企業導入実績あり

ネクストSFAは、使いやすさに定評のあるクラウド型の営業支援ツール(SFA)です。ノンプログラミングなので誰でも簡単に操作できます。サポート体制が充実しており、導入支援をはじめ運用中のサポートもすべて無料です。

株式会社ラクス
トライアルあり

楽楽販売は、クラウド型の販売管理システムです。販売管理をはじめ、顧客管理をはじめ案件管理や日報管理など、営業支援機能も兼ね備えているためSFAとしても利用可能。そのほかにも、購買管理やプロジェクト管理など幅広い用途に対応しています。

トライアルあり

JUST.SFAは、使いやすさとカスタマイズ性の高さを追求した成長型クラウドSFA(営業支援サービス)です。蓄積した情報を分析し個人と組織の成長をサポート。市場や環境の変化にも速やかに対応可能です。

Sales Force Assistantは、長きにわたりSFAの研究開発から運用までを手掛けてきたNIコンサルティングの営業支援・情報共有ツール(SFA)です。提供形態はクラウド版とオンプレミス版。営業スタイルにあわせた幅広い製品を用意しています。

日本マイクロソフト株式会社

Dynamics 365 は、マイクロソフト社が提供する営業ソリューションシステムです。Sales Force Automation を活用してプロセスを自動化し、営業の利益最大化をサポートします。

トライアルあり

F-RevoCRMは、CRMはもちろんSFAとしても活用できます。営業支援機能としては、顧客管理や案件管理、予実管理などが可能。ユーザーライセンスは無料で初期費用や運用サポート費がかかります。

ちきゅうは、Genieeが提供する定着率99%を誇る国産のSFA・CRMツールです。誰でも使いやすいインターフェースなので、直感的に項目設定や入力が可能。売上予測や顧客リストなどさまざまなデータをレポートで見ることができます。

上場企業導入実績あり

UPWARDは、訪問営業を効率化するSFA/CRMです。活動報告や顧客情報を可視化することで、組織強化や売上アップをサポートします。導入・運用支援も充実しており、顧客満足度90%、継続率93%と高水準です。

トライアルあり

Vtiger CRMは、Vtiger社のSFA・CRMです。営業支援機能としては、見込み顧客管理や取引先企業管理、売上予実分析などに対応。GoogleやMicrosoftなどが提供する他システムとの連携も可能です。

株式会社コンベックス

Digimaは、新規案件の管理を容易にし、売上向上を加速させるセールスエンゲージメントツールです。顧客と営業マンのアクションを見える化できるタイムラインや顧客へのアプローチ状況が分かるステータス管理の機能を搭載しています。

StayinFront, Inc.
トライアルあり

desknet's SSS(デスクネッツサザン)は、インストール型の営業マネジメントシステムです。営業日報の入力を通じて顧客管理や売上管理ができるため、営業支援ツールとしても活用できます。入力も選択式が多く簡単で使いやすい構成です。

SFA(営業支援システム)とは

SFAとはSales Force Automationの略で「営業の自動化」を意味し、一般的に営業支援システムやソフト・ツールのことを指します。
必要な情報を入力することで業務プロセスを自動化してくれたり、顧客管理や分析を行えたり、次のアクションを提示してくれたりするので営業担当は本来の業務に集中でき効率よく営業活動が行えます。従来の属人的な営業手法から脱却し、効率のよい営業スタイルを確立するために役立つシステムで、その市場規模も拡大しています。

さらに詳しく知りたい方は、SFAとは?役割やCRMとの違いを解説【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAの仕組みと使い方

SFAは基本的にクラウドサービスとして提供されるので、外出先であっても気軽に利用することができます。そのため、営業の外回り中にも有効活用でき、顧客のもとへ訪問する前にデータを確認しておく、商談が終わったら進捗をすぐに更新し部署のメンバーに知らせる、外出先にいながらも日報の作成・共有を行うなどといった使い方もできるでしょう。
また、日々蓄積していったデータを活用して分析を行えるのもSFAの特徴。「なかなか受注率が上がらないのはどこに問題があるか?」などの課題に対する仮説を立て、改善、分析を繰り返していきましょう。
加えてSFAには、顧客の基本的データや商談情報、提案書、見積書などのほか、どのようなメッセージのやりとりを行ったのかまで多くの情報が管理されているため、そのまま営業部門の基幹システムとして活用していくことも可能。CRMと連携させればより効果的でしょう。

さらに詳しく知りたい方は、SFA活用術!基本的な使い方から効果的な活用方法まで【2021最新】|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAの機能

SFAには、営業活動を効率化するさまざまな機能が搭載されています。
営業先情報や営業進捗、受注確度、提案書や決算書の管理まで行うことのできる案件管理機能をはじめ、コンタクト数やアポイント数などを管理する活動管理機能、売上情報を管理できる予実管理機能のほか、受注率やコンタクト手段など営業に関するデータをまとめる営業管理機能など、営業活動に欠かせない機能が満載。
スケジュール管理機能やタスク管理機能のほか、SFA上でコミュニケーションを取ることのできるチャット機能など、営業活動がスムーズに進むようサポートする周辺機能も充実しています。

SFAのメリット・デメリット

SFA導入のメリットは、端的にいうと営業担当の業務を効率化して生産性を上げる効果がある点でしょう。紙ベースやエクセルベースで管理していた煩雑な作業をすべてSFAで管理することで、本来やるべき営業活動に多くの時間を割くことができます。そのため生産性が向上し営業部門だけでなく会社全体の成長にも繋がっていきます。
また属人化を回避できるというメリットも大きく、営業担当の退職や部署異動があった際にSFAで顧客情報を管理しておくことで、過去の商談情報や顧客とのつながりをスムーズに把握することができます。入力工数やコスト面でのデメリットもありますがメリットのほうが大きいと言えるでしょう。

メリット
①営業活動のリアルタイムな管理が可能
SFAを導入することによって、顧客情報や営業進捗、商談情報などをリアルタイムに把握することが可能です。リアルタイムに状況を把握できることによって、マネージャー側もスピーディな指示出しを行うことができるでしょう。営業状況のブラックボックス化が防げるのも魅力です。

②営業に関するノウハウを蓄積できる
SFAを導入すれば、それぞれの営業パーソンが情報を入力していくため、これまでには共有されることのなかった営業ノウハウが自然と蓄積されていくこととなります。営業成績の優れた人はどのような点に気を配っているのかなどを学ぶことができ、今後の営業活動でさらに効果が期待できるでしょう。

③営業部全体の改善につながる
SFAは、営業活動全体の見える化を叶えることのできるツールです。そのため、隠されていた営業部全体における課題が見えてくる、あるいは潜在的な売上が見えてくるなんてこともあるでしょう。それぞれが個々に動き情報が分散されていた時とは異なり、データを集約して活用することができるので、営業部全体の改善へとつながっていくでしょう。

デメリット

①コストがかかる
SFAの導入には基本的に費用がかかってしまいます。初期費用として数万円、月額費用には1ユーザーあたり1,000〜5,000円ほどかかることもあるでしょう。ランニングコストが予想以上にかかることもあるので、費用面には注意が必要です。

②使いこなせないことがある
SFAにはさまざまな機能があると先に述べましたが、機能が多すぎて使いこなせないということもあります。使いこなすことができれば非常に便利ではあるものの、使いこなせるようになるまでが大変な場合もあるため、導入時にはなるべく使いやすいSFAを選んでおきましょう。

③入力作業に予想以上に時間がかかる
SFAはデータをリアルタイムに共有・蓄積できる点が魅力と言えますが、それぞれの項目を細かに入力していると、予想以上に時間がかかってしまうかもしれません。SFAに慣れれば効率の良い入力方法も掴めてくるかもしれませんが、それまでには苦労してしまう可能性があります。

さらに詳しく知りたい方は、SFA(営業支援システム)のメリット・デメリットまとめ【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAの選び方

先にも述べた通り、SFAを導入した際に「使いこなせない……」と思わせてしまうと導入した意味がありません。「これなら気軽に使える」と思えるような、便利でありながらも分かりやすいSFAを選びましょう。
また、機能数はあればあるほどいいと思われがちですが、そうではありません。重要なのは、自分たちが求めている機能がきちんと揃っているのかということ。求めていない機能が数多く搭載されていても、その分費用がかさんでしまうだけであり、無駄な料金を払い続けることとなってしまいます。また、機能数が多ければ多いほどシステムは複雑になっていくため、「SFAを使うのは難しい」という印象を抱かせてしまうかもしれません。
SFAを選ぶ際には、誰でも使いこなせるような操作性の高いシステムなのか、自社の営業パーソンたちが欲しい!と思っている機能がきちんと揃っているのか、この2点に注意しておくべきでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、SFAの失敗しない選び方とは?意識したいポイントや注意点を紹介!|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAの価格・料金相場

SFAを導入する際には、初期費用と月額費用の2つが発生します。

初期費用はシステムによってばらつきがありますが、5万〜15万円ほど。月額費用は、1ユーザーあたり1,000〜5,000円という料金体系のものもあれば、〜20ユーザーで1〜5万円からという料金体系のものもあります。

初期費用:5万円~15万円程度
月額費用:1,000円~5,000円程度/1ユーザー、~20ユーザーで1万円~5万円程度、など

SFAとCRMの違い

CRMとは、Customer Relationship Management (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の略で、顧客関係を管理するためのシステムです。SFAと共通している点としては顧客情報の管理を主体としているシステムということですが、最終的なアウトプット(出力)方法はSFAとCRMで大きく異なります。CRMは複数部門が顧客情報を確認し、事業戦略を立てるために利用していますが、SFAは営業部門の営業活動を効率化するものとして利用されます。しかし最近ではSFAとCRMが統合された製品も多く出てきていて、その境界線が曖昧になってきます。

SFAとMAの違い

「MA」とはMarketing Automation(マーケティングオートメーション)の略で、一言で言えばマーケティング活動を自動化するためのツールです。主な機能としては、リード獲得・リード育成・webアンケート・メール配信・アクセストラッキングなどがあげられます。

その名の通り、営業活動ではなくマーケティング活動を自動化するためのツールなので、MAツールで営業情報の管理や進捗管理、商談管理や日報作成などを行うことはできません。言わばMAツールは営業活動の前段階で用いるべきもので、顧客とのコミュニケーションが継続的に発生するようサポートするツールであり、商談機会をアップさせるためには非常に役立ちます。

しかし、MA的な機能も持ち合わせているSFAも増えてきているようです。

SFAの導入コンサルティングとは

SFAを導入したいが使いこなせるのかが不安だという場合や、うまく導入できるのか心配という場合には、SFAの導入コンサルティングを利用することも可能です。

導入コンサルティングには、SFAを提供している会社が行ってくれる場合と、導入コンサルティングサービスのみを提供している会社が行ってくれる場合の2種類があります。前者の場合には、スムーズな導入を叶えるための導入コンサルティングや定着フォローを依頼でき、後者の場合は「なぜSFAを導入するのか」という目的設定や、それぞれの会社にあったSFAの選定から相談することが可能です。

どちらの場合であってもシステムの導入やその後の定着までをサポートしてくれるため、SFAを導入したいもののうまくいくのかが不安……という場合にはおすすめでしょう。

SFA導入の失敗例

  SFAを導入したのに、なぜか思うような成果につながらない……ということもないとは言い切れません。SFAの導入失敗例としてよくあげられるのが、数ある機能の中で限られた機能しか使っていないというパターンです。営業情報の管理や日報作成などといった基本的な昨日は使用しているものの、データ分析などは活用できていないという場合があります。これでは毎月の支払い料金が無駄であるだけでなく、SFAツールを十分に有効活用できていないので、営業の伸び代をつぶしてしまっていると言ってもいいでしょう。

導入しても限られた機能しか使わない、便利な機能があるにも関わらず使いこなせないという状況を防ぐためにも、導入コンサルティングや定着サポートをベンダーに依頼するのは1つの手段かもしれません。

SFAのシェア

SFAを選定する際には、実績数にも注目しておきたいところ。数多くの企業に導入されているということは、それだけ信頼の厚いサービスである裏付けです。SFA選びで失敗しないためにも、実績数はどれだけあるのかもチェックしてきましょう。

たとえばSFAの代表格である「Salesforce Sales Cloud」は世界中で導入されており、なんと15万社以上に導入されてきました。また、同じく世界的SFAである「Zoho CRM」も15万社以上の導入実績を誇ります。

国産SFA/CRMとして人気を集めている「eセールスマネージャーRemix Cloud」は導入実績5,000社超え。使いやすいだけでなく、サポート体制が充実しているのが人気の理由でしょう。

SFA(営業支援システム)以外のSaaSサービス

アイミツSaaSではSFA(営業支援システム)以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。