Dynamics 365
日本マイクロソフト株式会社
出典:日本マイクロソフト株式会社 https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/sales/overview/

Dynamics 365

Dynamics 365とは、マイクロソフト社が提供するSFA(営業支援システム)です。顧客管理、商談管理、活動管理、ダッシュボードなどの機能により、人々と営業プロセスを連携し、デジタルセリングと営業促進を実現します。AIを活用することで、顧客のスコアリング、予測分析などができるため、営業担当者に「気づき」を提供します。また、見込み顧客を見逃さないようOffice365やLinkedInのデータベースと連携することが可能で、とるべきコミュニケーションの優先順位付けを支援します。Outlook、Excel、Teams、などのツールと連携し、日々の業務を自動化することで担当者の負担を軽減します。Dynamics 365の導入により販売担当者だけではなく、マネージャーも営業状況を把握しやすくなり、より効果的に買い手の購入を後押しします。

料金(価格・費用)

Dynamics 365の料金プランをご紹介します。

  • Professional
    7,070円/ユーザー
  • Enterprise
    10,330円/ユーザー

特徴・メリット

Dynamics 365の3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
予測スコアリングやAIを活用し営業活動をサポート

予測スコアリングやAIを活用することで営業活動をサポートし、業務効率を向上させることができます。顧客の心に響くアプローチができ、フィードバックを収集することで、営業のエンゲージメント改善につながるでしょう。営業担当が求めるさまざまな機能が用意されており、ワンストップでビジネスに利用できるSFAです。

02
インサイトの取得により新規顧客を開拓

インサイトを取得することで新規顧客の開拓につながり、生産性向上はもちろん、注目した方がいい顧客を教えてくれます。ビジネスにおけるリスク・チャンスを予測することで売り上げに貢献し、AIが営業担当をサポートしてくれるでしょう。アプリケーションのカスタマイズによってワークフローを調整し、最適化された修正アップを実現できます。

03
データをベースにしたコーチングでパフォーマンス向上

メールテンプレート、ソフトフォンダイヤラーなどさまざまな機能が搭載されており、コミュニケーションをマルチチャネル化できます。状況に応じてクライアントの情報を連携可能なので、ネット上での共同作業を実現できるでしょう。データをベースにしたコーチングを期待でき、社員のパフォーマンス向上や業務効率化につながります。

機能

Dynamics 365の主な機能をご紹介します。

案件管理機能

予実管理機能

タスク管理機能

ワークフロー機能

ダッシュボードでの管理機能

おすすめアクションの提示機能

顧客管理機能

見込み顧客の管理機能

顧客行動のスコアリング機能

使い方

Dynamics 365の使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

出典:日本マイクロソフト株式会社 https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/sales/overview/

運営会社

サービスを運営する日本マイクロソフト株式会社の概要です。

  • 会社名
    日本マイクロソフト株式会社
  • 本社の国
    アメリカ
  • 本社所在地
    東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
  • 拠点
    東京都
    北海道
    宮城県
    愛知県
    大阪府
    広島県
    福岡県
  • 設立
    1986年2月
  • 代表名
    吉田 仁志
  • 従業員規模
    3,040 名 (2022 年 4 月 1 日 現在)
  • 事業内容
    ソフトウエアおよびクラウドサービス、デバイスの営業・マーケティング
  • 資本金
    4億9950万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。