アクションコックピット
株式会社ビジネスラボ
出典:株式会社ビジネスラボ https://www.bizlabo.co.jp/

アクションコックピット

アクションコックピットとは、CRM機能を兼ね備えた新世代のSFA(営業支援システム)です。利用シーンや利用目的を考えた設計が特徴で、最初から直感的に使えて、簡単な商談記録なら入力は40秒程度で完了します。営業にまつわる活動を見える化し、情報共有の強化とモバイル端末の活用で、営業をよりスピーディにします。営業活動を振り返り、状況を分析したものを共有することで、マネージャーはプロセス管理とPDCA管理が可能となります。また、スマートフォンやタブレットなどのマルチデバイスでの利用可能で、スケジュール・メモ・タイムラインがクラウドで同期され、顧客情報・商談履歴・訪問先の地図もさまざまなデバイスから確認することができます。

料金(価格・費用)

アクションコックピットの料金プランをご紹介します。

  • BASIC版
    2,000円/ユーザー
  • 案件Premium版
    3,000円/ユーザー

特徴・メリット

アクションコックピットの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
予実管理ができるスケジューラー

あらかじめシステムに予定を入力してメモに追加しておくだけで、活動記録の入力を行える便利な機能を有しています。予定と実績の比較をシステム上で行えるため、消化できなかった予定を後になって気づく、といったミスが発生する心配もありません。プロジェクトメンバーの予定も一覧で確認でき、スケジュール調整も簡単に行えます。メンバーに共有したくない予定は非公開にすることで、プライベートの都合とも調整できるでしょう。

02
コミュニケーションを強化するタイムライン

タイムライン機能を有効活用することで、情報共有を確実に、それでいて円滑に進められるよう改善可能。商談結果を伝えたい人への通知や、社内への相談や情報共有の呼びかけを、必要に応じて切り替えながら行えます。格安プランを利用することで、営業部門だけでなく、組織全体にアカウントを割り当て、社内タイムラインとしての活用も高い利便性を期待できるはずです。

03
案件の進捗情報を伝えるダッシュボード

プロジェクトの進行度合いは刻一刻と変化しますが、活動量や活動配分、商談感触や進捗状況などは、全てまとめてダッシュボード上に集計されます。集計情報はグラフとして視覚化され、感覚的にプロジェクトの進捗を把握可能。プロジェクトチームのコンディション把握や、適切なフィードバック送信の手助けとして役立ちます。

機能

アクションコックピットの主な機能をご紹介します。

案件管理機能

予実管理機能

タスク管理機能

ワークフロー機能

ダッシュボードでの管理機能

おすすめアクションの提示機能

顧客管理機能

見込み顧客の管理機能

顧客行動のスコアリング機能

運営会社

サービスを運営する株式会社ビジネスラボの概要です。

  • 会社名
    株式会社ビジネスラボ
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    大阪府吹田市江坂町5-14-7 天牛ビル3階
  • 拠点
    大阪府
  • 設立
    2000年5月
  • 代表名
    伊地智 善久
  • 資本金
    1,000万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。