文書管理システム

文書管理システム40サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、無料で利用可能な文書管理システムや自治体向けの文書管理システム、英語対応可能な文書管理システム、医療や官公庁向けの文書管理システムなどを探すことが出来ます。

文書管理システムの検索結果

40件の文書管理システムをご紹介します。

該当 401ページ目 1〜20件
株式会社リコー
料金
350,000
トライアルプラン
株式会社ドリーム・アーツ
料金
300,000
トライアルプラン
あり
立山科学株式会社
料金
1,200,000
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
株式会社ハイパーギア
料金
485,000
トライアルプラン
あり
ウイングアーク1st株式会社
料金
50,000
トライアルプラン
あり
株式会社デジタルマトリックス
料金
622,500
トライアルプラン
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
料金
80,000円/ライセンス
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
あり
料金
99,000
トライアルプラン
株式会社富士通四国インフォテック
料金
20,000
トライアルプラン
あり
料金
3,500,000
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
あり
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
キヤノンITソリューションズ株式会社
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
寿精版印刷株式会社
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
株式会社ファインデックス
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン

文書管理システムとは

文書管理システムとは、社内にあるデジタル・紙の文書をデジタルで一元管理するためのシステムです。単にデジタル上に保存し管理するだけではなく、探しやすい検索機能などで文書の管理・活用が可能。主な機能としては、文書の管理、検索、バージョン管理、セキュリティ管理、ライフサイクル管理などがあります。

文書管理システムと電子帳簿保存法の関係

電子帳簿保存法は、1998年に成立。国税関係の帳簿類や証憑類の全部、または一部を電子データで保存することを認めた法律です。業務で発生する膨大な紙書類のペーパーレス化を進めるのに貢献。成立当初は、適用に際して要件が多く導入する企業も少ない状況でしたが、数回の改正により取り入れる企業も増加しています。
文書管理システムを利用して国税関係の帳簿類を管理する際には、電子帳簿保存法が適応されるため、しっかりと対応できる機能があるものを選ぶのが良いでしょう。

文書管理システムのメリット・デメリット

文書管理システムを導入するとさまざまなメリットを得ることができます。

<文書管理システム導入のメリット>
・文書を探す時間が短くなる。
 文書管理システムでは検索などで、必要な資料をすぐに探せます。
・どこでも資料を閲覧・編集できる。
 デジタルで管理しているため外出先からでも文書データを確認・編集することができます。
・文書保管の省スペース化
 紙資料で保管している場所を削減できるのでオフィススペースを有効活用できます。
・セキュリティの強化
 紙での管理だと紛失などの心配があります。文書管理システムはデジタルで管理できるため紛失の心配もなく、セキュリティ面でも高い機能を持っているものが多いため安心です。

<文書管理システム導入のデメリット>
・紙の文書に関しては、スキャンなどのデータ化作業が必要
・システムの使い方の習得。管理者はもちろん、社内全員で使う際はデジタルが苦手な人の指導などが必要になります。
・運用管理。運用方法やセキュリティ面の管理、管理場所の整理などある程度の運用が必要な場合もあります。

文書管理システム以外のSaaSサービス

アイミツSaaSでは文書管理システム以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。