スキャン文書の自動OCR(文字認識)処理ができる文書管理システム

スキャン文書の自動OCR(文字認識)処理ができる文書管理システム13サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 131 ページ目 1〜13件
住友電工情報システム株式会社
出典:住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/document-plus/
上場企業導入実績あり

楽々Document Plusは、高性能の検索エンジンとビューワで迅速にファイルを検索・表示できる文書管理システムです。契約書管理やISO文書管理を支援する機能も搭載。ペーパーレス化を促進し、働き方改革を強力に支援します。

ウイングアーク1st株式会社
出典:ウイングアーク1st株式会社 https://www.wingarc.com/product/ia/documents/index.html
上場企業導入実績あり

invoiceAgent 文書管理は、OCRとオールインワンになった文書管理システムです。OCRエンジンで紙の書類をデータ化可能。自動振り分けをはじめとした文書管理や、RPAとの自動連携によりデータ活用を実現します。

インフォコム株式会社
出典:インフォコム株式会社 https://www.myquick.jp/
トライアルあり 上場企業導入実績あり

MyQuickは、WordやExcel、PDFなどの文書ファイルを保管・記録・共有できる文書管理システムです。幅広い用途に使用でき、スピーディな検索も特徴。セキュリティ対策を行いつつ業務効率を向上させることができるでしょう。

株式会社デジタルマトリックス
出典:株式会社デジタルマトリックス https://www.astrux.jp/

ASTRUX2.0は、ドキュメントの一元管理、検索、セキュリティ対策、ワークフロー申請などが可能な文書管理システムです。誰が、いつ、何をしたのかが一目瞭然のログ管理機能も備わっているので安心して使えます。

株式会社ディジタルメディアシステム
上場企業導入実績あり

Ennov Docとは、製薬、バイオテクノロジー、アニマルヘルス、医療機器などの業界に特化した文書管理システムです。幅広い業務プロセスに対応していることが大きな強みで、管理、品質、非臨床、非臨床レポートコンポーネント、臨床および臨床レポートコンポーネントなど、さまざまな種類の申請文書に対応可能です。直感的なUIと効率的な検索機能が特徴で誰でも簡単に操作することができ、必要な文書をスムーズに検索し、アクセスすることができます。Microsoft Office 365とGoogle Driveとも連携が可能で、組織の生産性と業務効率の向上に貢献します。また、統合型PDFビューアが搭載されており、アプリケーション内から直接PDFへのアクセスができるため、他のソフトを導入する手間やコストが削減できます。

トライアルあり 無料プランあり IT導入補助金対象

バクラク電子帳簿保存とは、株式会社LayerXが提供する、電子帳簿保存法対応の文書管理システムです。様々な国税関係書類のデジタル保管が可能。これまでの複雑な紙媒体での管理が容易になり、業務の効率化に貢献します。令和4年1月に施行された改正電子帳簿保存法のスキャナ保存・電子取引要件にも対応。認定タイムスタンプが付与されたデータはサービス上から削除できない仕組みで不正を防止します。アップロードできる書類の種類に制限がないのも特徴。請求書や領収書などの一般的な書類のほか、売上明細書・支払通知書なども保存できます。PDFファイル・画像ファイルどちらも対応可能なので、アップロードのために変換が必要になることもありません。無料プランが用意されているので気軽に利用開始できるのもうれしいポイント。操作が心配な場合もサポート付きの有料プランがあるので安心です。

立山科学株式会社
出典:立山科学株式会社 http://www.tateyama.jp/product/sfs/

SFSは、使いやすさと大量文書&長期保管対応を特徴とした文書管理システムです。また、バージョン管理や操作ログ管理を自動的に行うため、確実な履歴管理を行うことが可能。

株式会社ハイパーギア
出典:株式会社ハイパーギア https://www.hypergear.com/products/320/
トライアルあり

HGPscanServPlusは、オフィスの書類を自動で電子化するシステムです。紙の文書を電子化することでペーパーレスを促進。電子化によって、文書検索がしやすくなり業務効率の向上にもつながります。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
出典:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 https://www.ctc-g.co.jp/solutions/eimanager/

EIMANAGERは、企業内のさまざまな業務の文書活用のしやすさと、組織横断での文書の一元管理を実現する文書管理システム。 承認機能や文書のバージョン管理、柔軟なセキュリティ設定のため、内部統制やセキュリティ等の要件にも対応可能です。

キヤノンITソリューションズ株式会社
出典:キヤノンITソリューションズ株式会社 https://www.canon-its.co.jp/products/globaldoc/

GlobalDoc5は、社内にある文書や紙書類をデジタルで一元管理することができる文書管理システムです。高度なセキュリティ設定による安全管理と高速検索で、安心して効率よく文書活用をすることができます。

株式会社NTTデータNJK
出典:株式会社NTTデータNJK https://mediadrive.jp/products/solution/sol004.html

NTTデータNJKの文書管理ソリューションは、オフィスに氾濫する文書をOCRで正しく電子化し検索しやすくすることができるシステムです。精度の優れたOCRでさまざまな文書をデータ化してタグ付けし検索することが可能。

枚岡合金工具株式会社
出典:枚岡合金工具株式会社 http://www.digitaldolphins.jp/

デジタルドルフィンズは、社内のさまざまな文書をデジタルで一括管理することができる文書管理システムです。フォルダを意識しない検索や外出先でのスマホなどを利用した文書の閲覧で、文書情報活用を促進します。

株式会社日立ソリューションズ
出典:株式会社日立ソリューションズ http://www.hitachi-solutions.co.jp/libinity-one/sp/
トライアルあり 上場企業導入実績あり

活文 Contents Lifecycle Managerは、文書のライフサイクル全般の作業を一元管理し、情報共有を促進することができる文書管理システムです。高い検索性能とセキュリティ、文書活用を促進することで、ペーパーレス化を加速します。