文書一覧のCSVダウンロード機能がある文書管理システム

文書一覧のCSVダウンロード機能がある文書管理システム15サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 151 ページ目 1〜15件
株式会社ドリーム・アーツ
出典:株式会社ドリーム・アーツ https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/
3.4
上場企業導入実績あり
業界実績・評判
外食業界からの★評判4.0以上

SmartDBとは、現場部門でも完全デジタル化を実現できる、Webデータベース機能を備えた大企業向けのワークフローシステムです。複数部門による並列承認や条件分岐して別のワークフローへ連携する等、大企業の複雑な稟議・決済の承認ルートも簡単に実現できます。入力フォームに柔軟性がある一方で権限制御は堅牢性が高く、フォームの項目ごとに公開・編集の制御が可能です。承認や操作の履歴も記録し画面から確認ができるので、内部統制や監査対策にも有効です。会計システムや人事システムとの連携はもちろん、APIを使った高度な連携やアドオン開発を活用すれば、基幹業務全体を効率化することもできます。

住友電工情報システム株式会社
出典:住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/document-plus/
上場企業導入実績あり

楽々Document Plusは、高性能の検索エンジンとビューワで迅速にファイルを検索・表示できる文書管理システムです。契約書管理やISO文書管理を支援する機能も搭載。ペーパーレス化を促進し、働き方改革を強力に支援します。

ウイングアーク1st株式会社
出典:ウイングアーク1st株式会社 https://www.wingarc.com/product/ia/documents/index.html
上場企業導入実績あり

invoiceAgent 文書管理は、OCRとオールインワンになった文書管理システムです。OCRエンジンで紙の書類をデータ化可能。自動振り分けをはじめとした文書管理や、RPAとの自動連携によりデータ活用を実現します。

株式会社デジタルマトリックス
出典:株式会社デジタルマトリックス https://www.astrux.jp/

ASTRUX2.0は、ドキュメントの一元管理、検索、セキュリティ対策、ワークフロー申請などが可能な文書管理システムです。誰が、いつ、何をしたのかが一目瞭然のログ管理機能も備わっているので安心して使えます。

株式会社ディジタルメディアシステム
上場企業導入実績あり

Ennov Docとは、製薬、バイオテクノロジー、アニマルヘルス、医療機器などの業界に特化した文書管理システムです。幅広い業務プロセスに対応していることが大きな強みで、管理、品質、非臨床、非臨床レポートコンポーネント、臨床および臨床レポートコンポーネントなど、さまざまな種類の申請文書に対応可能です。直感的なUIと効率的な検索機能が特徴で誰でも簡単に操作することができ、必要な文書をスムーズに検索し、アクセスすることができます。Microsoft Office 365とGoogle Driveとも連携が可能で、組織の生産性と業務効率の向上に貢献します。また、統合型PDFビューアが搭載されており、アプリケーション内から直接PDFへのアクセスができるため、他のソフトを導入する手間やコストが削減できます。

株式会社リコー
出典:株式会社リコー https://www.ricoh.co.jp/ridoc_ds/rds/rsn2/

Ridoc Smart Navigator V2は、日々業務で発生する紙や電子の文書を安全かつ効率的に一元管理することができる文書管理システムです。複合機や他のアプリケーションと連携し、文書の電子化から、管理、検索、活用、共有まで行うことが可能。

立山科学株式会社
出典:立山科学株式会社 http://www.tateyama.jp/product/sfs/

SFSは、使いやすさと大量文書&長期保管対応を特徴とした文書管理システムです。また、バージョン管理や操作ログ管理を自動的に行うため、確実な履歴管理を行うことが可能。

株式会社ハイパーギア
出典:株式会社ハイパーギア https://www.hypergear.com/products/320/
トライアルあり

HGPscanServPlusは、オフィスの書類を自動で電子化するシステムです。紙の文書を電子化することでペーパーレスを促進。電子化によって、文書検索がしやすくなり業務効率の向上にもつながります。

株式会社コネクテッド
出典:株式会社コネクテッド https://www.connected.co.jp/?page_id=117
無料プランあり

FullWEBは、文書だけでなく図面までも管理することができる文書管理システム。図面などを変更する際は、改定後と前の両方を保管できるため安心です。

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ四国
出典:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ四国 http://bunsyo.raku2spot.jp/

らく2文書主任は、紙文書と電子文書を一元管理し、文書の収受・起案から廃棄までのライフサイクルを支援することができる自治体向け文書管理システムです。庁内のスピーディーな情報伝達・意思決定を促進します。

株式会社ファインデックス
出典:株式会社ファインデックス https://findex.co.jp/products/medical/documaker/index.html

DocuMakerは、医療機関向けの文書作成および文書管理向けのシステムです。院内で必要な各文書の定型フォーマットを用意しているため、文書の作成が簡単な上に統一書式で管理がしやすくなります。また、文書はそれぞれタグ付けされ管理されるため収集や分析が簡単。

株式会社NTTデータNJK
出典:株式会社NTTデータNJK https://mediadrive.jp/products/solution/sol004.html

NTTデータNJKの文書管理ソリューションは、オフィスに氾濫する文書をOCRで正しく電子化し検索しやすくすることができるシステムです。精度の優れたOCRでさまざまな文書をデータ化してタグ付けし検索することが可能。

ソフトバンク株式会社
出典:ソフトバンク株式会社 https://www.visuamall.com/service/smartcatalog/
トライアルあり 上場企業導入実績あり

SMART CATALOGは、PDFやOfficeドキュメントをクラウド上で一括管理することができるシステムです。文書に動画や音声を自由に付けて訴求力の 高いコンテンツとして配信できるのが特徴。

鈴与株式会社
出典:鈴与株式会社 https://www.document.suzuyo.co.jp/service/bunsho_system
上場企業導入実績あり

鈴与の文書管理システムは、文書情報やPDF等のデータを登録・保存・管理することが可能。必要な時に必要な情報が検索・閲覧することができます。契約書の電子管理はもちろん、契約業務自体も電子化できるのでリモートワークなどにも活用できるでしょう。

株式会社日立ソリューションズ
出典:株式会社日立ソリューションズ http://www.hitachi-solutions.co.jp/libinity-one/sp/
トライアルあり 上場企業導入実績あり

活文 Contents Lifecycle Managerは、文書のライフサイクル全般の作業を一元管理し、情報共有を促進することができる文書管理システムです。高い検索性能とセキュリティ、文書活用を促進することで、ペーパーレス化を加速します。