化学業界へ導入実績がある文書管理システム

化学業界へ導入実績がある文書管理システム4サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 41 ページ目 1〜4件
住友電工情報システム株式会社
出典:住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/document-plus/
上場企業導入実績あり

楽々Document Plusは、高性能の検索エンジンとビューワで迅速にファイルを検索・表示できる文書管理システムです。契約書管理やISO文書管理を支援する機能も搭載。ペーパーレス化を促進し、働き方改革を強力に支援します。

インフォコム株式会社
出典:インフォコム株式会社 https://www.myquick.jp/
トライアルあり 上場企業導入実績あり

MyQuickは、WordやExcel、PDFなどの文書ファイルを保管・記録・共有できる文書管理システムです。幅広い用途に使用でき、スピーディな検索も特徴。セキュリティ対策を行いつつ業務効率を向上させることができるでしょう。

株式会社ディジタルメディアシステム
上場企業導入実績あり

Ennov Docとは、製薬、バイオテクノロジー、アニマルヘルス、医療機器などの業界に特化した文書管理システムです。幅広い業務プロセスに対応していることが大きな強みで、管理、品質、非臨床、非臨床レポートコンポーネント、臨床および臨床レポートコンポーネントなど、さまざまな種類の申請文書に対応可能です。直感的なUIと効率的な検索機能が特徴で誰でも簡単に操作することができ、必要な文書をスムーズに検索し、アクセスすることができます。Microsoft Office 365とGoogle Driveとも連携が可能で、組織の生産性と業務効率の向上に貢献します。また、統合型PDFビューアが搭載されており、アプリケーション内から直接PDFへのアクセスができるため、他のソフトを導入する手間やコストが削減できます。

ダイキン工業株式会社
出典:ダイキン工業株式会社 http://www.comtec.daikin.co.jp/SF/document/
上場企業導入実績あり

SpaceFinderは、ものづくりの現場で発生し、厳格な管理が求められるさまざまな文書をしっかり一元管理できる文書管理システムです。文書上に開示範囲や法令対応、案件情報などのさまざまな管理項目や承認フローを設定可能。