invoiceAgent 文書管理
ウイングアーク1st株式会社
出典:ウイングアーク1st株式会社 https://www.wingarc.com/product/ia/documents/index.html

invoiceAgent 文書管理

invoiceAgent 文書管理は、OCRとオールインワンになった文書管理システムです。OCRエンジンで紙の書類をデータ化可能。自動振り分けをはじめとした文書管理や、RPAとの自動連携によりデータ活用を実現します。

上場企業導入実績あり

料金(価格・費用)

invoiceAgent 文書管理の料金プランをご紹介します。

  • クラウドサービス
    50,000
  • パッケージ版 SPA Standard
    495,000円/保守費用

特徴・メリット

invoiceAgent 文書管理の3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
4つのAI OCR(光学文字認識)エンジンに対応

複数の機能を組み合わせてドキュメント管理の自動化ができ、AI OCRエンジンは4種類から選ぶことができます。4つのうち「ABBYY FineReader」は200ヵ国以上での使用実績を誇り、「WingArc Data Capture」は日本語の文字コードに広く対応できる点が魅力。非定型帳票のデータ化読み取りや、確認・修正を自動化させるデータコンペア機能も搭載しています。

02
仮想文書によるセキュアな管理を実現

外部システムから出力された文書を自動で取り込み、文字列の条件などから指定フォルダへ振り分け。作成した文書は自動保存のうえ管理され、保存期間が定められている記録管理の際は文書作成から破棄までを記録します。原本のPDFの保護のために仮想文書が利用可能でパスワード設定や透かし、改ざんを防ぐタイムスタンプや電子署名にも対応して高いセキュリティ性を追求しています。

03
企業間の文書のやり取りをシステム上で完結

共有アカウントの設定により企業間での文書連携が行え、取引時に交わす契約書や請求書などのやり取りをシステムだけで完了できます。文書プレビュー機能・参照先の文書検索機能を搭載しており、安全かつ簡単に文書を共有。web配信クラウドサービス「SVF TransPrint」を利用して受発注データから業務システム連携まで一連の商取引を自動化できるため、時間短縮とペーパーレス化に貢献します。

機能

invoiceAgent 文書管理の主な機能をご紹介します。

文書一覧のCSVダウンロード機能

文書の改訂履歴管理機能

文書の期限管理機能

文書の属性設定

ドラッグ&ドロップでのファイル登録機能

登録ファイルの自動PDF変換機能

スキャン文書の自動OCR(文字認識)処理

文書の属性検索機能

文書の全文検索機能

ユーザーの管理機能

使い方

invoiceAgent 文書管理の使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

SPAの文書管理画面(PC)

SPAの文書管理画面(PC)

出典:ウイングアーク1st株式会社 https://www.wingarc.com/product/ia/documents/index.html

導入実績

invoiceAgent 文書管理の導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

上場企業導入実績あり

伊藤忠商事株式会社 / マツダ株式会社 / 合同製鐵株式会社

運営会社

サービスを運営するウイングアーク1st株式会社の概要です。

  • 会社名
    ウイングアーク1st株式会社
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都港区六本木三丁目2番1号 
    六本木グランドタワー
  • 拠点
    東京都
  • 設立
    2016年3月
  • 代表名
    田中 潤
  • 従業員規模
    連結717人/単体623人(2022年2月末現在)
  • 事業内容
    ・帳票事業
    ・データエンパワーメント事業
    ・第三者データ提供サービス等、その他ソリューション
  • 資本金
    10億8,400万円(2022年2月末現在)
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。