らく2文書主任
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ四国
出典:株式会社エヌ・ティ・ティ・データ四国 http://bunsyo.raku2spot.jp/

らく2文書主任

らく2文書主任は、紙文書と電子文書を一元管理し、文書の収受・起案から廃棄までのライフサイクルを支援することができる自治体向け文書管理システムです。庁内のスピーディーな情報伝達・意思決定を促進します。

料金(価格・費用)

らく2文書主任の料金プランをご紹介します。

  • 料金情報がありません。掲載サービスのホームページでご確認いただくか、直接お問い合わせください。

特徴・メリット

らく2文書主任の3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
誰でも直感的な操作ができる画面デザイン

紙文書と電子文書を一元管理して庁内の情報伝達を円滑にする、自治体向けに提供された総合文書管理システム。一目見ただけで機能を連想できるアイコンが並んだメインメニューが特徴的で、誰でも直感的な操作が可能です。優先度の高い文書をアイコンで表示させられるほか、ユーザーごとの画面カスタマイズや入力項目のテンプレート登録など、使いやすさに細部までこだわった設計です。

02
期日管理で将来の情報を事前に登録

申請フォームは複数のデザインが登録可能で、テキストや金額など項目を自由に組み合わせて起案文書以外でも幅広く利用できます。所属や人事情報は将来の情報を前もって登録できるため、年度切り替えの多忙な時期もシステムを停止させずに運用がスムーズ。システムの利用状況がわかる統計情報表示や、カスタマイズ不要で要望に応じた帳票出力機能も備えており無理なく効率的に運用が続けられます。

03
セキュリティを高めて文書を細部まで管理

庁内文書ごとにアクセス権を設定でき、共有範囲に指定した人のみに閲覧・操作を許可してセキュリティを維持。電子決裁は金額などの条件に合ったルートを自動で選択して、庁内規程に即した決裁を実現します。簿冊単位での文書のライフサイクル管理やオンラインでのアクセスログ確認も行え、書庫状況は書庫まで行くことなくシステム画面で確認できるなど自治体向けならではの管理機能が豊富です。

機能

らく2文書主任の主な機能をご紹介します。

文書一覧のCSVダウンロード機能

文書の改訂履歴管理機能

文書の期限管理機能

文書の属性設定

ドラッグ&ドロップでのファイル登録機能

登録ファイルの自動PDF変換機能

スキャン文書の自動OCR(文字認識)処理

文書の属性検索機能

文書の全文検索機能

ユーザーの管理機能

導入実績

らく2文書主任の導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

東京都狛江市 / 香川県 / 東京都武蔵野市

運営会社

サービスを運営する株式会社エヌ・ティ・ティ・データ四国の概要です。

  • 会社名
    株式会社エヌ・ティ・ティ・データ四国
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    愛媛県松山市三番町4-9-6 NBF松山日銀前ビル7F
  • 拠点
    愛媛県(三番町)
    愛媛県(山越)
    香川県
    徳島県
    高知県
  • 設立
    1991/01/01
  • 代表名
    山田 典史
  • 従業員規模
    220名(2022年4月1日現在)
  • 事業内容
    ・情報システムの開発および保守の受託、企画、販売ならびに賃貸
    ・情報システムに係るソフトウェアまたはハードウェアの開発および保守の受託、企画、販売ならびに賃貸
    ・情報システムに係る建設工事ならびにその他建設工事および設備工事の請負
    ・前各号に関する調査、研究、研修およびコンサルタント業務の委託
    ・その他前各号に関連する一切の業務
  • 資本金
    1億円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。