EIMANAGER
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
出典:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 https://www.ctc-g.co.jp/solutions/eimanager/

EIMANAGER

EIMANAGERは、企業内のさまざまな業務の文書活用のしやすさと、組織横断での文書の一元管理を実現する文書管理システム。 承認機能や文書のバージョン管理、柔軟なセキュリティ設定のため、内部統制やセキュリティ等の要件にも対応可能です。

料金(価格・費用)

EIMANAGERの料金プランをご紹介します。

  • 文書管理サービス (SaaS)
    80,000円/ライセンス
  • 文書管理パッケージ
    1,800,000

特徴・メリット

EIMANAGERの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
文書を守る柔軟なセキュリティ設定

大企業から100人程度の規模まで幅広い事業に対応して、組織を横断した文書の活用と一元管理を両立。最小限にまとめたシンプルな画面にファイル検索機能とPDFへの自動変換などを搭載しています。柔軟なセキュリティ設定が強みの一つでアクセスログと操作ログで監査対応ができるほか、いつでも最新版が確認しやすく古い文書を使用してしまうミスを防ぐことができます。

02
紙文書を取り込んでテキストデータを抽出

スキャンした紙文書のデータを電子化オプションでシステムに登録後、全文検索用にテキストデータの抽出が可能です。文字のデータがない紙での情報管理も入力ミスを防ぎながらデジタル化させて、社内の資産をより活用できます。RPA(ロボットによる業務自動化)ツールを利用することで一括登録やデータ集計が定期的に行え、繰り返しの操作が必要な業務の負担を減らすことができます。

03
多数のツールと連動して文書をデジタル化

データを統合させるEAIツールを用いて外部システムと連携することで、複数のシステムにある文書を1ヵ所に集約して分類。さらに、その文書やシステムのデータを抽出して実績レポートの自動作成が行えるため活用の幅が広がります。また、e-文書法対応ツールとの併用で帳簿や領収書まで電子保管でき、デジタルでの働き方改革を推進できます。

機能

EIMANAGERの主な機能をご紹介します。

文書一覧のCSVダウンロード機能

文書の改訂履歴管理機能

文書の期限管理機能

文書の属性設定

ドラッグ&ドロップでのファイル登録機能

登録ファイルの自動PDF変換機能

スキャン文書の自動OCR(文字認識)処理

文書の属性検索機能

文書の全文検索機能

ユーザーの管理機能

使い方

EIMANAGERの使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

EIMANAGERのトップ画面(PC)

EIMANAGERのトップ画面(PC)

出典:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 https://www.ctc-g.co.jp/solutions/eimanager/

導入実績

EIMANAGERの導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

ソニー銀行株式会社

運営会社

サービスを運営する伊藤忠テクノソリューションズ株式会社の概要です。

  • 会社名
    伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー
  • 拠点
    東京都(虎ノ門・大崎・赤坂・芝・芝浦・駒沢・後楽・南池袋・錦糸)・北海道・宮城県・静岡県・愛知県(豊田・名駅・錦)・大阪府(ノースゲートビルディング・東京建物梅田ビル)・広島県・香川県・福岡県・沖縄県
  • 設立
    1979年7月
  • 代表名
    柘植 一郎
  • 従業員規模
    4,718人
  • 事業内容
    コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守およびソフトウェア受託開発や情報処理サービス、科学・工学系情報サービス
  • 資本金
    21,763百万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。