eValue V ドキュメント管理
株式会社OSK
出典:株式会社OSK https://www.kk-osk.co.jp/products/evalue_v/document.html

eValue V ドキュメント管理

eValue V ドキュメント管理は、社内規定、契約書、図面、伝票など、さまざまな文書を電子化し管理できる文書管理システムです。検索機能で速やかに文書を探せ、文書の更新履歴も管理することも可能。

トライアルあり

料金(価格・費用)

eValue V ドキュメント管理の料金プランをご紹介します。

  • 料金情報がありません。掲載サービスのホームページでご確認いただくか、直接お問い合わせください。

特徴・メリット

eValue V ドキュメント管理の3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
充実の管理機能でトラブル防止

文書を登録するだけで、セキュリティ保護が施されたPDFが自動で作成される機能を備えています。パスワード保護や印刷制限がフォルダごとに設定できるため、文書の性質に合わせて適切な管理が可能です。また、常に最新版のファイルが表示される仕様ですが、必要に応じて旧バージョンの内容や更新情報の閲覧にも対応しているため、より確実に更新履歴を管理することができます。

02
業務効率化に役立つ豊富な機能

ほかのファイルサーバーやシステムで保管されているデータを、効率的に移行できる登録ツールが用意されているのもメリットの1つです。複合機からの自動登録にも対応しているので、紙の文書であっても最小限の時間と手間で電子化・保管が可能。また、検索機能も充実しているので、膨大な文書のなかから必要な情報にすぐアクセスすることができるでしょう。

03
データ改ざんの有無が手軽に確認できる

複合機などを経由してシステムへ保存された証憑や、スマートフォンで撮影された証憑にはタイムスタンプが付与されます。タイムスタンプの付与状況は一覧画面でひと目で確認することができるため、タイムスタンプの有効性の確認に時間と手間をかける必要もありません。日本文書情報マネジメント協会による「電子法スキャナ保存ソフト 法的要件認証」を取得しているというのも安心できるポイントです。

機能

eValue V ドキュメント管理の主な機能をご紹介します。

文書一覧のCSVダウンロード機能

文書の改訂履歴管理機能

文書の期限管理機能

文書の属性設定

ドラッグ&ドロップでのファイル登録機能

登録ファイルの自動PDF変換機能

スキャン文書の自動OCR(文字認識)処理

文書の属性検索機能

文書の全文検索機能

ユーザーの管理機能

使い方

eValue V ドキュメント管理の使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

eValue V ドキュメント管理の文書検索画面(PC)

eValue V ドキュメント管理の文書検索画面(PC)

出典:株式会社OSK https://www.kk-osk.co.jp/products/evalue_v/document.html

運営会社

サービスを運営する株式会社OSKの概要です。

  • 会社名
    株式会社OSK
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル 9F
  • 拠点
    東京都・宮城県・大阪府・愛知県
  • 設立
    1984年7月
  • 代表名
    橋倉 浩
  • 従業員規模
    464名 (2022年3月現在)
  • 事業内容
    パッケージソフトウェア開発
    システム受託開発
    情報マネジメントコンサルティング
  • 資本金
    4億円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。