booMo
株式会社イングカワモト
出典:株式会社イングカワモト http://www.boomo.jp/

booMo

booMoは、pdfファイルやWord、Excel、PowerPointといった文書データを管理することができる文書管理システムです。管理した文書は、カテゴリやタイトル、タグによる検索や全文検索、横断検索などが行えるためすぐに利用することが可能です。

トライアルあり

料金(価格・費用)

booMoの料金プランをご紹介します。

  • ライトプラン
    120,000
  • スタンダードプラン
    240,000

特徴・メリット

booMoの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
見やすく使いやすい設計

「見やすさ」と「使いやすさ」を両立した設計で、ストレスなくシステムを利用できます。リストが本棚のように表示され、文書がデジタルブック形式で開けるなど高い閲覧性を備えているだけでなく、ビューアとしてそのまま公開することも可能。また、専用のソフトが不要となっており、簡単に登録・設定が行えるのも魅力的なポイントです。

02
万全のセキュリティで安心運用

SSLによる暗号化通信に対応しているのはもちろん、管理画面ではファイルごとに閲覧権限の設定が可能です。たとえば、関係者外秘の資料を登録する場合は、関係者にのみ閲覧権限を付与するといったことができるため、情報漏洩のリスクが抑えられます。また、ユーザーごとの閲覧状況やシステムの利用状況が把握できるアクセスログ管理機能も備えています。

03
あらゆるデバイスからの利用が可能

システムの操作はすべてwebブラウザで行うため、インターネット環境があれば幅広い端末から利用できます。スマートフォンやタブレットからでも手軽にアクセスが可能なので、システムに保存されている資料や商品データを活用すれば商談時に紙の資料を用意する必要がありません。PDFにくわえて、ExcelやWord、PowerPointで作成されたファイルのアップロードに対応しているのもうれしいポイントでしょう。

機能

booMoの主な機能をご紹介します。

文書一覧のCSVダウンロード機能

文書の改訂履歴管理機能

文書の期限管理機能

文書の属性設定

ドラッグ&ドロップでのファイル登録機能

登録ファイルの自動PDF変換機能

スキャン文書の自動OCR(文字認識)処理

文書の属性検索機能

文書の全文検索機能

ユーザーの管理機能

運営会社

サービスを運営する株式会社イングカワモトの概要です。

  • 会社名
    株式会社イングカワモト
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    愛知県名古屋市中区栄4丁目17番18号 川本ビル
  • 拠点
    愛知県
  • 設立
    1925年1月
  • 代表名
    川本嘉博
  • 従業員規模
    23名
  • 事業内容
    ネイルシール事業、タトゥーシール事業、SPツール制作全般、広告デザイン制作、オンデマンド印刷、ウェブサイト構築、スキャンデータサービス、ファイル管理ツール、新聞製版
  • 資本金
    1000万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。