電子契約システム

電子契約システム 25サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、クラウド型の電子契約システム、ランキング上位の電子契約システム、格安な電子契約システムなどを探すことが出来ます。

電子契約システムの検索結果

25件の電子契約システムをご紹介します。

該当 25 1ページ目 1〜20件
無料プランあり 上場企業導入実績あり

CloudSign(クラウドサイン)は、弁護士監修のオンライン電子契約サービスです。契約締結や契約書の保管・管理をはじめ、発注書や納品書、請求書・領収書などのさまざまな書類の一元管理が可能です。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

GMO電子印鑑Agreeは、クラウド型の電子契約サービスです。契約印相当と実印相当2種類の法的効力をもつ電子署名に対応。契約締結の電子化をはじめ、押印ワークフローや管理機能も安全に利用できる高いセキュリティ体制を誇ります。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

ドキュサインは、50万社以上に導入されている電子署名サービスです。契約書の準備、契約ワークフロー・管理プロセスの自動化や承認を効率化。世界180か国以上、44言語に対応しています。

トライアルあり

Adobe Signは、クラウド型の電子契約サービスです。各国の電子サインに関する法律に則り、紙からデジタルへの移行をサポート。世界で広く活用されています。他システムとの連携も可能で高いセキュリティレベルを保持しているのも特徴です。

クラウドスタンプは、クラウド型の電子契約サービスです。契約書をはじめ、納品書や請求書などさまざまな契約の締結から契約書管理までを一元管理。導入時のサポートも充実しているため、初めて電子契約サービスを導入する方も安心です。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

BtoBプラットフォーム 契約書は、クラウド型の電子契約システムです。契約の締結や契約書の発行・保管・管理などをクラウド上で簡単に行うことができます。ワークフローシステムを活用すれば、社内の稟議書も電子化可能です。

無料プランあり

ラクラク電子契約は、クラウド型の電子契約サービスです。収入印紙税や切手代などの経費削減に加えコンプライアンス強化にも繋がります。契約書の作成から電子署名、保存までのステップも簡単なので、誰でも簡単に使うことが可能です。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

NINJA SIGNは、クラウド型の電子契約システムです。オンラインでの電子契約書はもちろん、紙の契約書も一元管理可能。契約書の柵瀬から保管まですべてワークフローで対応しています。

上場企業導入実績あり

CONTRACTHUB@absonneは、日鉄ソリューションズが提供する電子契約サービスです。購買システムやERPとの連携も可能。大企業を中心に幅広い業界の18万人以上が利用しています。

無料プランあり

リーテックスデジタル契約は、クラウド型の電子契約サービスです。電子署名法と電子記録債権法を併用するなど、業界最高峰の法的安全性が特徴。電子契約書はもちろん、紙の契約書も一元管理が可能です。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

WAN-Signは、日本通運グループとGMOインターネットグループが共同開発したクラウド型の電子契約サービスです。電子証明書とメール認証、組み合わせたハイブリッド締結に対応。書面・電子契約書の一元管理が可能です。

無料プランあり

e-signは法人・個人問わず完全無料で利用できるクラウド型の電子署名サービスです。生まれは、電子契約サービスが広く普及する北欧のエストニア。東京都にもオフィスを構えるxID株式会社が提供しています。

トライアルあり

クラウドコントラクトは、ベンチャー企業・中小企業・個人事業主向けの電子契約サービスです。契約の締結、電子署名・タイムスタンプ、契約書の保管を自動化。簡単で使いやすいシンプルなシステムで、マルチデバイス対応です。

paperlogic(ペーパーロジック)は、クラウド型の電子契約サービスです。電子署名法・電子帳簿保存法、e-文書法などに対応。電子契約以外に電子稟議(ワークフロー)と電子書庫(クラウドストレージ)サービスも提供しています。

ソフトバンクグループが提供するIMAoS(イマオス)は、不動産業界向けの電子契約サービスです。不動産賃貸業に従事する人々の声をもとに構築したシステムで、法改正にもスピーディに対応。賃貸契約書や重要事項説明書、建設請負契約などの電子契約を実現するクラウドサービスです。

無料プランあり

電子契約プラットフォームβは、無料の電子サインサービスです。契約書などの書類のアップロード、電子サイン、電子シール(角印相当)、タイムスタンプ署名、書類の保管・管理などが可能。現在はベータ版のみの提供のためすべての機能を無料で利用できます。

トライアルあり 無料プランあり

Zoho Sign(ゾーホー・サイン)は無料で始められる電子署名ツールです。パソコンはもちろんスマホアプリで契約書などへの署名や保管・管理ができます。最新の電子署名法であるESIGNとeIDASに準拠し、銀行レベルの高いセキュリティが特徴です。

トライアルあり

セコムあんしん電子契約スマートは、クラウド型の電子契約サービスです。電子帳簿保存法などで求められる認定タイムスタンプを活用。電子契約に必要な電子証明書はセコムが発行しています。

トライアルあり 無料プランあり

DottedSignは、クラウド型の電子契約システムです。webページからのアクセスをはじめ、iOS・Androidアプリも用意されているので、パソコン・スマホ・タブレットなど幅広い端末から利用可能。契約の全プロセスの暗号化や監査証跡の提供などセキュリティも万全です。

CECTRUST-Lightは、企業間の契約をクラウド上で行う電子契約サービスです。発注者側のみの費用負担になるため、取引先側は無料で利用可能です。電子契約・電子署名・文書管理機能つき。提供元は電子契約サービスを約20年にわたり手掛けているため豊富なノウハウを所有しています。

電子契約システムとは

電子契約システムとは、従来の契約書とは異なり紙と印鑑を使用せずに契約を交わせるシステムです。電子契約では、印鑑や署名の代わりにPDFなどの電子ファイルに電子署名を入力して契約を締結します。インターネット経由で契約を締結するため、紙の契約書のように物理的な書類をやり取りする手間もありません。
また、単に契約書を作成するだけではなく、承認や保管などの契約に関する業務を支援する機能も。テレワークが普及している昨今、 電子契約を導入する企業が増えています。  

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムとは?メリットや基本的な機能を紹介!【2021最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

電子契約システムの仕組みと使い方

紙の契約書が長い間用いられてきた理由は、改ざんの難しさにあります。改ざんが疑われる場合、印鑑や署名の筆跡を鑑定すれば、真正性の確認が可能です。仕組みは異なりますが、電子契約システムにも契約書の改ざんを防ぐための機能が備わっています。電子契約システムでは、電子署名に第三者機関が発行した電子証明書とタイムスタンプを埋め込んで契約書に法的な効力を持たせているため、改ざんは困難です。
また、暗号化技術も用いられており、契約書が改ざんされればすぐに分かります。高度なセキュリティ対策が施されている電子契約システムですが、使い方は非常に簡単です。多くのシステムでは契約内容ごとにテンプレートが用意されているので、必要な契約条件を追記・修正すれば、契約書が完成。後は契約者が電子署名を入力するだけで契約を締結できます。  

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムの仕組みをわかりやすく解説【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

電子契約システムの機能

電子契約システムには電子署名や電子サインなどの基本機能のほか、さまざまな機能が備わっています。多くのシステムでは、法律の専門家が作成したテンプレートを提供。テンプレートをベースに契約書を作成すれば、業務負担の軽減に繋がります。
また、社内で承認されていない契約書の送信を防止するワークフロー機能が備わっているシステムも。取引先に契約書を送信し、署名から返信、保管までの一連の業務を管理できます。締結した契約を管理する機能も利用でき、契約期限が近づくと自動的にアラートを出してくれるので、更新漏れを予防できるでしょう。  

電子契約システムのメリット・デメリット

電子契約システムのメリットは、なんといってもオンライン上で契約が完結することです。書面契約であれば、書類作成後に印刷・捺印・郵送などさまざまな業務が発生するため、費用と時間がその分かかります。電子契約であれば、それらが不要なので短期間かつ低コストで契約を締結することが可能です。検索機能を活用すれば、過去の契約書類を見つけることも簡単でしょう。一方でデメリットとなる点にも注意した上で、導入を検討してください。

メリット
①契約手結までの期間を短縮電子契約システムには、契約締結までの期間を短縮できるメリットがあります。テンプレートを利用すれば、いちから契約書を作成する必要がなくなる上、紙を使用しないため物理的な書類の受け渡しも不要です。ワークフロー機能を活用すれば、承認までの期間も短縮できます。

②コスト削減電子契約システムを導入すれば、契約に伴うコストを削減できます。紙の契約書を交付する場合、印紙税や紙代、送料などが必要です。特に印紙税は、契約金額が高くなるほど高額になるため、メリットも大きいです。高額な商材を扱っている場合は、導入を検討してみると良いでしょう。

③契約書の管理を効率化電子契約システムを活用すれば、契約書の管理を効率化できます。システム上で検索するだけで、目的の契約書にすぐにアクセスできるほか、契約期限が近づくと通知する機能も。原本はサーバー上に保管されるので、契約書を紛失する心配もありません。

デメリット
①契約によっては電子契約を利用できない法的な効力が認められている電子契約ですが、一部の契約には利用できないことも。定期借地契約などの契約は、法律で書面による契約書の交付が義務付けられています。すべての契約に利用できるとは限らない点は、デメリットと言えるでしょう。

②情報漏えいのリスク強固なセキュリティ対策が施されている電子契約システムですが、情報漏えいのリスクがまったくないわけではありません。紙の契約書に盗難や紛失のリスクがあるように、電子契約書もサイバー攻撃の標的になる可能性があります。電子契約でも契約書は慎重に取り扱わなければなりません。

③社内・社外で理解を得る必要がある電子契約システムは、社内・社外で理解を得られなければ、導入が難しくなるデメリットも。電子契約のシステムを導入する場合、社内の業務フローを変更しなければなりません。また、主要な取引先が電子契約を認めていなければ、導入は難しいでしょう。 

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムのメリット・デメリットまとめ【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。 

電子契約システムの選び方

 電子契約システムの選び方について解説します。システムを比較する際は、自社の用途に対応できるか、費用対効果が高いか、セキュリティ対策をチェックしましょう。自社の用途に合った機能が備わっていなければ、電子契約のメリットを得られません。システムを比較する前に、必要な機能を洗い出しておくと、製品選びをスムーズに進められるでしょう。
また、不要な機能が多い電子契約システムを導入するとコストが割高になってしまう恐れも。必要な機能に優先順位をつけて、何を重視するのかを明確にしておくことも重要です。情報が漏えいすると自社だけではなく、取引先にも迷惑を掛けてしまう可能性があります。システム自体のセキュリティ対策はもちろん、ベンダーがISMSなどの情報セキュリティマネジメントの承認を受けているかどうかも確認しましょう。

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムの選び方を徹底解説!【2021最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。  

電子契約システムの価格・料金相場

電子契約システムの料金相場は、月額1~4万円です。プランによっては、月額料金とは別に書類を送付するごとに料金が掛かることもあります。
1回あたりの価格が、50~300円程度に設定されているケースが多いです。また、サービスごとに利用可能なユーザー数も異なります。一見すると高額に見えるプランでも、1ユーザー単位の価格を比較すると割安な場合も。実際に利用する人数で料金を比較することが大切です。
月額費用:1万円~4万円
契約1件あたり:50円~300円  

電子契約システムとEDIとの違い

EDIは「企業間(B to B)」に限定していますが、電子契約にその限定はありません。また、EDIは業界など多数の企業による「広く合意された標準的な規約に基づいて」制定された通信プロトコルやフォームを前提とする一方、電子契約では書面契約同様、個別企業間の自由にまかされています。その他、電子契約は証拠力強化の手段として、電子署名とタイムスタンプを前提にしていますが、EDIにはそのような限定は通常ありません。

電子サインと電子署名の違い

電子契約システムの中核を成す署名機能ですが、現在のシステムでは電子サインと電子署名の2種類が用いられています。電子署名は、第三者機関を介して本人による契約であることを証明する仕組みです。電子署名には、電子承認局や時刻承認局が発行した電子証明書とタイムスタンプが埋め込まれているため、以前は法的効力が強いとされていました。一方で、事前登録が必要な上、証明書の発行に時間が掛かるデメリットも。
そんな中、2020年に政府が電子証明書のない署名も法的に有効であるとする見解を示したことで電子サインが使用されるケースも増えています。電子サインは、メールアドレスやSNSのIDなどで認証する仕組みで、電子署名のような事前登録の手間もありません。利便性の高さから今後は、電子サインが普及していくと考えられています。  

電子契約システム以外のSaaSサービス

アイミツSaaSでは電子契約システム以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。