ジンジャー給与の評判【2022年最新版】

作成日 2022年09月23日 更新日 2022年09月23日

給与計算ソフト「ジンジャー給与」の評判を調査。ジンジャー給与の機能や連携サービス、料金からサービスの総評を紹介。また、導入実績やお客様の声もお伝えし、ジンジャー給与の評判をお伝えします。

ジンジャー給与とは

ジンジャー給与とは、クラウド型の給与計算ソフトです。各社の規則や給与体系に応じて、項目名や計算式を細かく設定・登録できる点に最大の特徴があります。給与を自動計算できることはもちろん、人事情報や勤怠情報などさまざまな情報と自動連係することも可能です。1ユーザーにつき、月額500円からと低価格な料金も魅力です。

ジンジャー給与のおすすめポイント

ジンジャー給与のおすすめポイントの一つが、誰でも使いやすい画面・操作性です。画面上の流れに沿って処理を進めていくだけで、毎⽉の給与計算から明細書の発行までの給与管理業務を遂行できます。また、さまざまな給与体系に対応しており、各種手当の自動計算も可能です。計算ミスや入力ミスなどが起こりやすい給与・賞与・源泉徴収票などの各種明細をワンクリックで計算し、出力が可能なため、給与管理業務にかかる業務負担を大きく軽減できるでしょう。

どんな会社におすすめ?

手厚いサポート体制を敷いているため、はじめて給与計算ソフトを導入する会社に特におすすめします。契約から本格運用までの最適なスケジュールを提案してくれるため、はじめての方でも安心して導入できるでしょう。もちろん、初期設定もサポートしてもらえますし、すべてのプランでメールサポート、チャットサポートに対応しています。さらに、設定や使い方をサポートしてもらえるだけでなく、自社に最適な運用方法も提案してもらえます。

詳しい料金プランを知りたい方はこちら、詳しい機能一覧・連携サービス一覧はこちらからご覧ください。  

ジンジャー給与の評判と実績

ここでは、ジンジャー給与の評判と実績を導入した企業の事例をもとに紹介します。従業員数100人規模の企業と1,000人以上の企業の2社の事例を紹介します。

導入企業からの声①

まず紹介するのは、首都圏を中心にレストランチェーンを展開するラムラです。拠点数は約130、従業員数は2,700人に上ります。給与計算に関して、「ジンジャー導入前は、勤怠管理や給与計算はオンプレミスのシステムを使っており、それ以外は紙で管理していました。極端に入社数が多い月もあり、年間数百人のアルバイトの雇用契約書をやり取りが発生していました。なので、紙のやり取りが非常に多かったです」(※1)という課題があったそうです。ジンジャー給与の導入により、勤怠管理、給与計算、入社手続きを中心にペーパーレス化が実現したといいます。

※1出典 https://hcm-jinjer.com/results/results-89375/

導入企業からの声②

次に紹介するのは、従業員数が約100人の第一楽器です。音楽教室の運営やピアノなどの楽器販売、楽器の買取などを手掛けています。勤怠管理について「当時他の勤怠管理システムと集計ソフトを利用していました。当時抱えていた悩みは、打刻漏れの修正に工数がかかっていたことです」「人事異動や昇給をおこなう際に人事情報が必要になるのですが、まず従業員の経歴がどこに載っているか探すところから始まるので大変でした」(※2)という悩みを抱えていました。ジンジャー給与の導入で、「従業員がマイページに登録するという仕組みに変更した結果、全従業員が締め切りまでに登録することに成功しました」(※2)と評価されています。従業員データの一元管理ができることになり、業務効率も大幅に向上したそうです。

※2出典 https://hcm-jinjer.com/results/results-87120/

詳しい導入実績はこちらからご覧ください。    

公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。