名刺管理ソフト

作成日:2021-07-19 18:45:53 更新日:2021-07-21 14:59:29

簡単に使えるおすすめの名刺管理システム8選【2021年最新版】

SaaSカテゴリー「名刺管理ソフト」のなかで、おすすめの「簡単に使える名刺管理ソフト」をまとめました。選び方のポイントやメリットなども徹底解説!この記事だけで、「簡単に使える名刺管理ソフト」のすべてが分かります。

簡単に使えるおすすめの名刺管理システム8選【2021年最新版】

近年では、業務効率の改善に役立つツールとして名刺管理ソフトが人気を集めています。ニーズの増加にともないさまざまなサービスが各社から提供されており、なかには豊富な機能を備えたものもありますが「できるだけ使いやすい名刺管理ソフトを探している」という方も少なくないのではないでしょうか。

そこで本記事では、営業・バックオフィス・情報システムなど、様々な分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できるアイミツSaaSが、簡単に使えるおすすめの名刺管理ソフトを紹介します。名刺管理ソフトを選ぶ際のポイントも解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1.名刺管理ソフトとは

名刺管理ソフトとは、名刺に記載されている情報をデータ化して管理するシステムのことです。社内で情報を共有することによって営業に役立てられるのはもちろん、名刺のファイリングも不要になるので、スペースの有効活用にもつながるでしょう。

名刺情報の取り込みにはスキャナーやスマートフォン、複合機を使用するものが大半ですが、なかにはオペレーターによる手動入力に対応しているものも。双方に対応している名刺管理ソフトもあるので、簡単でありながらも高い精度が実現します。

2.簡単に使える格安の名刺管理ソフト4選

まずは、簡単に使える格安の名刺管理ソフトを紹介します。

名刺ファイリングCLOUD

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
無料プランあり 上場企業導入実績あり

名刺ファイリング CLOUDは、東京都中央区に本社を構えるNTTデータNJKが提供している名刺管理ソフトです。高性能OCRを搭載しているのが特徴で、名刺をスキャン・撮影するだけで簡単にデータ化することができます。手軽に修正や加工も行えるので、名刺管理ソフトの利用がはじめての場合にもぴったりです。
100枚までの名刺登録が0円というのも大きな魅力。100枚を超える場合は有償となりますが、上位プランの「名刺ファイリング CLOUD Standard」は1,000枚までの管理が可能で年額2,400円(税抜)とリーズナブルに設定されています。
また、オプションの「訂正サービス」では、国内のオペレーターによるデータ作成が名刺1枚ああたり40円で利用可能。最短で翌営業日に訂正が完了というスピード感もうれしいポイントでしょう。

主な機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • 登録者の名刺共有機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • PC対応

名刺プラスコム

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー

名刺プラスコムは、大阪府大阪市にあるシスプロが提供する名刺管理ソフトです。「いくら高性能なシステム使いこなせなければ宝の持ち腐れ」という考えのもと、機能を絞ってシステムを設計しているのが特徴。誰でも簡単に操作できるので、「名刺管理ソフトの利用がはじめて」という企業や、「シンプルな名刺管理ソフトを探している」という場合にうってつけといえます。
機能を絞ることによって、低価格を実現しているのも大きな魅力。初期費用0円、10ユーザーまでは月額1,980円となっており、ユーザーを追加する場合も1人あたり月額230円(いずれも税別)で利用が可能です。
また、リーズナブルに利用できるサービスでありながらも、名刺の原本を送付、もしくはアプリで撮影するだけで名刺情報が自動的にデータ化されるのもうれしいポイントでしょう。

主な機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • 登録者へのメール配信機能
  • オンライン名刺の活用機能
  • PC対応

メイシー

1,980
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
上場企業導入実績あり

メイシーは、大阪府大阪市に本社を構えるもぐらが提供している名刺管理ソフトです。名刺を送付するだけで人力でデータ化を行うという手軽さと、業界最安値クラスの価格を兼ね備えているのが特徴で、基本プランはユーザー数無制限で月額1,980円(税抜)、データ入力料金は名刺1枚あたり25円(税抜)となっています。
使いやすさを追求しており、名刺情報が簡単に検索・閲覧できるのもうれしいポイント。iPhone、Android端末向けのアプリも用意されているため、移動中や外出中であっても使用が可能です。
また、東京23区内の顧客企業には「出張スキャンサービス」も提供しており、スキャン料金は名刺1枚あたり10円(税抜)。名刺の送付が難しい場合でも安心して利用できるのではないでしょうか。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • 登録者へのメール配信機能

名刺管理コアラ

名刺管理コアラは、東京都渋谷区にあるアジルコアが提供している名刺管理ソフトです。リーズナブルな価格設定が特徴で、中小企業や部署単位での利用にぴったりな「プランS」は初期費用3万円、月額費用9,000円。中堅企業向けの「プランM」、中堅・大手企業向けの「プランL」も用意されているので、ニーズに応じて選ぶことができます。
機能の面ではスキャナーやスマートフォンのカメラによる名刺情報のスキャンに対応しており、自動OCRによるテキスト化が可能。情報の修正やメモの追加などが簡単に行えるのはもちろん、CSVデータによるデータ移行が可能なのもうれしいポイントです。
また、セキュリティ対策についてもISMS認証を取得しているため、安心して利用できるのではないでしょうか。  

会社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-18-20 代々木フォレストビル3F
電話番号 03-5363-5038

名刺管理コアラの詳細情報を見る

ここまで、簡単に使える格安の名刺管理ソフトを紹介しました。
名刺管理ソフトを導入する際は「できるだけコストを抑えたい」と考える方も多いのではないでしょうか。しかし、料金だけで導入する名刺管理ソフトを決定するのはおすすめできません。
料金だけでなく「誰でも簡単に操作ができるのか」や「自社にとって必要な機能が備わっているのか」などをきちんと確認した上で、名刺管理ソフトの選定を進めるようにしましょう。

3.簡単な操作で人気の名刺管理ソフト2選

続いて、簡単な操作性で人気の名刺管理ソフトを紹介します。

CAMCARD BUSINESS

1,700円/ID
初期費用 ー
最低利用期間 3ヵ月
最低利用人数 5ID
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数3,000社超

CAMCARD BUSINESSは、東京都中央区にあるワウテックが提供している名刺管理ソフトです。全世界で1億1,000人以上のユーザーを抱えるCAMCARDの企業向けサービスとして、日本国内ではミクシィグループや住友重機械工業といった大手を含む幅広い企業で採用された実績があります。
処理速度に優れたOCRが組み込まれているのも特徴で、スマートフォンのカメラで名刺を撮影するだけという簡単操作でデータ化が完了。社内の名刺情報が共有できるのはもちろん、オンラインでの名刺交換・共有にも対応しています。
料金プランについては、「STANDARD」と「PROFESSIONAL」の2種類を用意。さらに、10日間の無料トライアルも受け付けているので、「操作性を確かめてから検討したい」という場合にもうってつけです。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 組織ツリーの作成機能

Sansan

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数6,000社

Sansanは、東京都渋谷区に本社を構えるSansanが提供している名刺管理ソフトです。業界のパイオニア的なサービスとして高い人気を誇り、これまでの導入企業は6,000社以上。NECやJTB、ライオン、カルビーなど幅広い業種で活用されています。
OCR処理にくわえてオペレーターによる手入力を行うことで、ほぼ100%という高精度なデータ化を実現しているのも大きな特徴。利用者はスキャナーやスマートフォンのカメラで名刺を読み取るだけでデータ化の作業が完了するので、「簡単に使える名刺管理ソフトがいい」という場合にうってつけです。日本語はもちろん、英語や中国語、韓国語、フランス語など11言語に対応しているのも魅力的なポイントでしょう。
料金プランは「Lite」「Standard」「DX」が用意されており、利用企業のニーズに応じて適したプランを提案しています。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 手書きメモの文字起こし機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能

簡単に使える人気の名刺管理ソフトを紹介しました。

大手を含むさまざまな企業で活用されている名刺管理ソフトは、簡単に操作ができるだけでなく、便利な機能や万全のセキュリティを備えていると考えられます。「信頼性を重視して名刺管理ソフトを選びたい」という場合は、これまでの実績を判断材料に加えてみてもよいでしょう。

もし「急ぎで自社に合った名刺管理ソフトが知りたい」という場合は、「アイミツ」へお気軽にお問い合わせください。

4.操作が簡単でサポート体制も充実の名刺管理ソフト2選

続いて、操作が簡単でサポート体制が充実している名刺管理ソフトを紹介します。

アルテマブルー

トライアルあり 上場企業導入実績あり

アルテマブルーは、東京都港区にあるキヤノンエスキースシステムが提供している名刺管理ソフトです。「使いやすさ」を追求した設計が特徴で、専門知識や導入前の準備が不要。管理も簡単に行うことができます。
エキスパートによる事前コンサルティングに注力しているのも魅力で、丁寧なヒアリングを実施した上でニーズに合った使用方法を提案しています。2週間のトライアルで実際に操作をしてから最終判断ができることや、運用サポートが用意されている点も大きな魅力といえるでしょう。
また、名刺管理だけでなく営業支援を目的とした機能を備えているのも特徴の1つ。メールの一斉送信や営業日報の作成にも対応しているので、「営業に活かせる名刺管理ソフトを探している」という方にもおすすめできるサービスといえます。

主な機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 登録企業の会社マスタ機能
  • 名刺情報のエクスポート機能

SkyDesk Cards R

3,150円/ユーザー
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 5
トライアルあり

SkyDesk Cards R(名刺管理)は、東京都港区に本社を構える富士ゼロックスが提供している名刺管理ソフトです。特徴としてあげられるのはシンプルな機能構成で、名刺情報の社内共有にも対応しているため、担当の引継ぎも簡単に行うことができます。
複合機やスキャナーにくわえて、スマートフォンからも名刺情報の取り込みが可能。くわえて、専任のオペレーターによる入力にも対応しているので「社内業務をできるだけ削減したい」という場合にもうってつけです。
また、24時間・365日受け付けのメール・フォームによるカスタマーサポートにくわえて、「活用ガイド」や「オンラインヘルプ」「よくある質問」が用意されているので、操作に関する不明点が生じた際でも安心ではないでしょうか。

主な機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • 人事異動情報の配信機能
  • オンライン名刺の活用機能
  • PC対応

5.名刺管理ソフトの選び方のポイント

最後に、名刺管理ソフトを選ぶ際のポイントを解説していきます。

名刺情報を登録しやすいか

名刺管理ソフトでは、OCRを活用して名刺情報を登録するケースが多くあります。その場合はスキャナーや複合機が必要になる可能性があるので、登録方法を必ず確認するようにしましょう。なかにはスマートフォンのカメラで情報が取り込めるものもあるので、簡単な操作性を重視する場合は注目してみてもいいかもしれません。

また、どんなに機能に優れていても、画面がわかりづらければ社内での浸透は困難だと考えられます。業務効率化をより早期に叶えるためには、職種を問わず多くの社員が簡単に使いこなせる設計になっている名刺管理ソフトを選ぶのがおすすめです。

セキュリティ対策に注力しているか

名刺管理ソフトでは、営業先や取引先の社員の個人情報を多く扱うことになります。そうした情報の漏えいを防ぐためにも、名刺管理ソフトを導入する際はセキュリティ対策を確認することも大切なポイントです。

セキュリティ面での1つの基準となるのが「プライバシーマーク(Pマーク)」の取得有無です。専門機関の評価によって「個人情報保護体制が構築されている」と認定された企業だけが取得できるため、信頼性も高いと考えられます。

また、プライバシーマークの取得にくわえて、導入実績も豊富な名刺管理ソフトであれば、より安心して利用できるのではないでしょうか。

6.【まとめ】名刺管理ソフト選びで迷ったら

この記事では、簡単に使える名刺管理ソフトを紹介するとともに、名刺管理ソフトを選ぶ際のポイントを解説してきました。

名刺管理ソフトを導入すれば、名刺情報の管理・共有が簡単に行えるのはもちろん、営業活動の効率化にも期待ができます。名刺管理に特化したシンプルなものから、営業支援に対応しているものまで多彩なサービスが各社から登場しているので、自社の目的に適したものを選びましょう。

アイミツSaaSでは、機能や連携ツールや無料プランのあるなしで検索をすることができ、自社にあった名刺管理ソフト選びに役立てることができます。ぜひ一度お試しください。

アイミツ

著者 | アイミツSaaS編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

名刺管理ソフトに関連する記事

名刺管理ソフトに関連する記事をご紹介します。

作成日:2021-07-19 18:46:17 更新日:2021-07-21 15:00:41
作成日:2021-07-19 18:50:17 更新日:2021-07-21 15:12:33
作成日:2021-07-19 18:49:14 更新日:2021-07-21 15:09:20
作成日:2021-07-19 19:02:37 更新日:2021-07-21 15:16:47
作成日:2021-03-12 19:08:53 更新日:2021-06-17 18:01:28
作成日:2021-07-19 18:52:48 更新日:2021-07-21 15:39:48