名刺管理ソフトをお探しですか?
アイミツSaaSを使って手間なく最良のサービスと出会いましょう

エンタメ業界へ導入実績がある名刺管理ソフト

エンタメ業界へ導入実績がある名刺管理ソフト5サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 51 ページ目 1〜5件
ナレッジスイート株式会社
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Knowledge Suite(GRIDY 名刺CRM)とは、名刺情報を正確に高速でデジタル化しSFAやグループウェアと連携して社内での活用を促進する名刺管理ソフトです。名刺情報のデータ化は、名刺に手書きしたメモさえも認識するほど高性能なOCRや、独自の辞書機能、オペレーターによる正確さ入力で反映されます。取り込んだ名刺情報は自動的にGRIDY SFAの顧客データに蓄積されるため、活動情報などのデータを紐付けて一元管理することができます。データ補正作業は、国内スタッフが名刺情報を部分的に目視、修正するため安全にデータを保管できます。

ワウテック株式会社
3.7
トライアルあり 上場企業導入実績あり

CAMCARD BUSINESSとは、制度の高いOCR変換機能を使うことで最速5秒で名刺をデータ化することができる名刺管理ソフトです。展示会や複数人での商談の際、名刺交換を行ってからすぐにデータ化し管理することができるため、スピード感を大切にする営業に向いているシステムです。取り込んだ名刺データはオペレーターによるデータの修正が入り、名刺情報を99%の精度で補正できます。また、SFA機能を活用し商談情報やタスクを名刺に紐付けしておくことができます。日本語だけでなく、英語、中国語、フランス語など計17ヶ国の言語に対応しているので、外国人労働者がいる企業やグローバル展開を行っている企業に対応しています。

Sansan株式会社
出典:Sansan株式会社 https://jp.sansan.com/products/sansan/
3.6
トライアルあり 上場企業導入実績あり
業界実績・評判
IT業界の実績多数 コンサルティング業界の実績多数 コンサルティング業界からの★評判4.0以上 エンタメ業界からの★評判4.0以上

Sansanとは、社内の名刺をはじめとした顧客データを一括管理することで、企業の成長を後押しする名刺管理ソフトです。専用スキャナかスマートフォンで手軽にスキャンを行え、スキャンした情報はAIやオペレーターの手入力により99.9%の正確性を誇っています。従来人為的に行っていた反社チェックを自動で行うことができ、チェック漏れなどミス防止ができリスク回避につながります。スキャンしたデータを「Sansan Plus」を利用してさらにデータの活用の幅を広げることができます。契約管理オプションとしてクラウドサインと連携を行えば、契約状況をシステム上で確認できるので、営業や法務、バックオフィスなどの業務効率化を図ることができます。

株式会社もぐら
出典:株式会社もぐら https://maysee.jp/
3.7
上場企業導入実績あり
業界実績・評判
IT業界の実績多数 食品業界からの★評判4.0以上 建設・工事業界からの★評判4.0以上

メイシーとは、Google検索エンジンのようにシンプルで使い慣れた操作性が特徴的な名刺管理ソフトです。利用者のユーザビリティを重視した設計を追求した仕様になっており、スマートフォンから相手の連絡先や住所などの情報を検索し簡単に確認することができます。料金プランは月額2,178円でユーザー無制限で利用することができます。コストを抑えて名刺管理ソフトを導入したい企業には最適なシステムです。また、名刺を郵送するだけでCSVデータで納品ができたり、写真でデータ送信することで電子名刺化ができます。データ入力は1枚25円で対応可能で、すべて手作業で正確に細部まで反映します。東京23区限定では出張スキャンサービスにも対応しているます。

株式会社ランドスケイプ
出典:株式会社ランドスケイプ https://www.landscape.co.jp/service/usonar/u-meishi/
3.4
上場企業導入実績あり

名刺ソナー(名刺Sonar)とは、日本最大の法人企業データベースLBCを活用することで企業情報の補正や属性情報の付与を行える名刺管理アプリです。他名刺管理アプリと違い、自身が名刺交換をした相手担当者の情報だけではなく、企業間の名刺交換情報や相手企業の企業情報も含めて管理することができます。一度登録された企業情報は日々メンテナンスがされ、常に最新の企業情報を参照して営業活動を行うことができます。さらに、同社が提供する顧客データ統合ソリューションuSonarを介しCRM/SFAと連携させることで取引状況や商談情報を参照する事も可能です。