iQube
株式会社ガイアックス
出典:株式会社ガイアックス http://www.iqube.net/

iQube

iQube(アイキューブ)とは、10名まで無料で使えるクラウド型グループウェアです。スケジュールや社内Wiki、メッセージ、議事録等に使えるレポート、フォームをカスタマイズできるワークフローなど、日常業務に便利な15の機能を搭載しています。ノウハウを蓄積・共有する文化が社内に定着するよう作られているのが特徴で、情報が散在しないよう工夫されています。例えば、掲示板機能では1つの議題に対し複数ユーザーで議論ができるほか、過去の議題の検索機能があり、情報が必要になった際にすぐ参照可能。また、スケジュール機能はレポートやToDoリストとの連携が可能で、プロジェクトの進捗をスケジュール上で一元管理できるようになっています。

無料プランあり

料金(価格・費用)

iQubeの料金プランをご紹介します。

  • 無料プラン
    無料
  • スタンダードプラン
    400円/ユーザー

特徴・メリット

iQubeの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
10IDまで無料のプランでお試し可能

このシステムは機能の異なる4つのプランが用意されていますが、10IDまでなら無料で使える「無料プラン」も利用可能。ユーザー数や利用できるストレージ容量には制限がありますが、基本的な機能はすべて使えるため、お試しとして導入するのに適しています。必要ID数が増えたら別のプランに切り替えることで、利便性を確保した使い方ができるでしょう。

02
9,000社以上での導入実績

9,000社以上の会社で導入されているシステムであることから、使いやすさやサポート面も期待できるのがポイントです。導入実績が多いということは、導入先からのさまざまな意見を吸い上げて、サービスに反映させることができるということ。ユーザーからの声が多いことでユーザー目線でのサービスに仕上がっていることが期待でき、これからシステムの導入を検討している会社にとっても安心感を得られるでしょう。

03
スマホを使っていつでも利用可能

スマホとインターネット環境があれば、社外のどこでもシステムを利用できます。営業やリモートワークなど、社外での活動が多い業務形態の場合、社内でしかシステムが使えないと不便であり、業務効率を低下させてしまうことも。しかしスマホもあわせて使いながらシステムを利用できることにより、社外活動の多い従業員にとってもストレスがありません。

機能

iQubeの主な機能をご紹介します。

スマホアプリ(iOS)対応

スマホアプリ(Android)対応

スケジュール管理機能

ファイル管理機能

プロジェクトのタスク管理機能

文書管理機能

チャットメッセージ機能

日報の管理・共有機能

安否確認機能

会議室の予約機能

ワークフロー機能

アクセス権限管理機能

ログ管理機能

使い方

iQubeの使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

iQubeのメイン画面(PC)

iQubeのメイン画面(PC)

出典:株式会社ガイアックス http://www.iqube.net/

運営会社

サービスを運営する株式会社ガイアックスの概要です。

  • 会社名
    株式会社ガイアックス
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRiD(総合受付:1階)
  • 拠点
    東京都
  • 設立
    1999年3月
  • 代表名
    上田 祐司
  • 従業員規模
    142名(連結)
  • 事業内容
    ソーシャルメディアサービス事業
    シェアリングエコノミー事業
    インキュベーション事業
  • 資本金
    1億円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。