バクラク申請
株式会社LayerX

バクラク申請

トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり

バクラク申請とは、株式会社LayerXが提供するクラウド型のワークフローシステムです。用途にあわせて様々な申請フォームを作成できるのが特徴。承認経路の分岐設定に対応しており、例えば申請金額に応じて経路を自動切り替える等も可能です。申請が行われると承認者へSlackで通知が届くのも特徴のひとつ。承認・却下もアプリ上で可能なので、承認完了までの時間を短縮できます。モバイルブラウザにも対応しているので、自宅や外出先など場所を選ばず申請・承認が可能です。同シリーズの「バクラク請求書」との連携すれば、支払申請で入力した内容を経理部門へデータ連携できます。請求書に紐づく各種申請・稟議データや承認ステータスをリアルタイムで確認できるので、工数のかかる突合作業が不要に。稟議・申請から経理業務までの一連の業務を効率化できます。

料金(価格・費用)

バクラク申請の料金プランをご紹介します。

  • 支払申請
    10,000
  • 汎用申請
    10,000

特徴・メリット

バクラク申請の3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
自社にあわせた汎用フォーム作成が可能

用途にあわせて様々な申請フォームを作成できるのが特徴。項目タイプはプルダウンや添付ファイルを含め10種類以上用意されています。承認経路の分岐設定も可能で、申請金額に応じて自動切換えや、プルダウンからの経路選択にも対応しています。新規取引と継続取引で承認経路が異なる場合など、あらかじめルート設定をしておけば都度承認者を指定する必要がなく便利です。

02
チャットアプリで承認が完結

申請が行われると承認者へSlackで通知が届きます。承認・却下もアプリ上から可能なので、申請から承認完了までの時間を大幅に短縮。モバイルブラウザも対応しているので、外出先や自宅など場所を選ばず、リモートワークでも安心して利用できます。会社のパソコンを起動しないと対応ができず、申請が溜まってしまう、ということもありません。

03
データ連携やオプション機能でさらに便利に

同シリーズのバクラク請求書と連携することで経理業務の効率化も実現。支払申請で入力した内容が経理部門へデータ連携されます。請求書に紐づく各種稟議データや承認ステータスをリアルタイムで確認できるので、工数のかかる請求書と稟議の突号作業が不要になります。また、「購買管理オプション」を利用すると、購買申請のモニタリング機能や金額超過アラート機能も利用可能に。内部統制の強化に貢献します。

機能

バクラク申請の主な機能をご紹介します。

導入支援・運用支援あり

チャットサポートあり

メールサポートあり

電話サポートあり

オンプレミス(パッケージ)

API連携・CSV連携できるサービス

バクラク申請とAPIやCSV等で連携できるサービスをご紹介します。

Googleサイト

Google Workspace

サイボウズ Office

Garoon

desknet’s NEO

使い方

バクラク申請の使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

「稟議システム」から「会計システム」へ自動でつながる

「稟議システム」から「会計システム」へ自動でつながる

導入実績

バクラク申請の導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

上場企業導入実績あり

導入実績数 10,000社(シリーズ累計)

株式会社浅野歯車工作所 / 株式会社平和堂 / アイリスオーヤマ株式会社

運営会社

サービスを運営する株式会社LayerXの概要です。

  • 会社名
    株式会社LayerX
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都中央区築地一丁目13-1 銀座松竹スクエア 5階
  • 拠点
    東京都
  • 設立
    2018年8月
  • 代表名
    福島 良典
  • 従業員規模
    250名
  • 事業内容
    LayerXは、「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに掲げるSaaS+FinTechスタートアップです。 法人支出管理サービス「バクラク」を中心に、デジタルネイティブなアセットマネジメント会社を目指す合弁会社「三井物産デジタル・アセットマネジメント」、プライバシー保護技術「Anonify」で組織横断のデータ利活用を目指すPrivacyTech事業、大規模言語モデル(LLM)関連技術を活用し組織内の知識活用や効率化に関する事業化を目指す LayerX LLM Labsなどを開発・運営しています。
  • 資本金
    約132.6億円

バクラク申請

トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり

バクラク申請とは、株式会社LayerXが提供するクラウド型のワークフローシステムです。用途にあわせて様々な申請フォームを作成できるのが特徴。承認経路の分岐設定に対応しており、例えば申請金額に応じて経路を自動切り替える等も可能です。申請が行われると承認者へSlackで通知が届くのも特徴のひとつ。承認・却下もアプリ上で可能なので、承認完了までの時間を短縮できます。モバイルブラウザにも対応しているので、自宅や外出先など場所を選ばず申請・承認が可能です。同シリーズの「バクラク請求書」との連携すれば、支払申請で入力した内容を経理部門へデータ連携できます。請求書に紐づく各種申請・稟議データや承認ステータスをリアルタイムで確認できるので、工数のかかる突合作業が不要に。稟議・申請から経理業務までの一連の業務を効率化できます。

特徴・メリット

バクラク申請の3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
自社にあわせた汎用フォーム作成が可能

用途にあわせて様々な申請フォームを作成できるのが特徴。項目タイプはプルダウンや添付ファイルを含め10種類以上用意されています。承認経路の分岐設定も可能で、申請金額に応じて自動切換えや、プルダウンからの経路選択にも対応しています。新規取引と継続取引で承認経路が異なる場合など、あらかじめルート設定をしておけば都度承認者を指定する必要がなく便利です。

02
チャットアプリで承認が完結

申請が行われると承認者へSlackで通知が届きます。承認・却下もアプリ上から可能なので、申請から承認完了までの時間を大幅に短縮。モバイルブラウザも対応しているので、外出先や自宅など場所を選ばず、リモートワークでも安心して利用できます。会社のパソコンを起動しないと対応ができず、申請が溜まってしまう、ということもありません。

03
データ連携やオプション機能でさらに便利に

同シリーズのバクラク請求書と連携することで経理業務の効率化も実現。支払申請で入力した内容が経理部門へデータ連携されます。請求書に紐づく各種稟議データや承認ステータスをリアルタイムで確認できるので、工数のかかる請求書と稟議の突号作業が不要になります。また、「購買管理オプション」を利用すると、購買申請のモニタリング機能や金額超過アラート機能も利用可能に。内部統制の強化に貢献します。

使い方

バクラク申請の使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

「稟議システム」から「会計システム」へ自動でつながる

「稟議システム」から「会計システム」へ自動でつながる

導入実績

バクラク申請の導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

上場企業導入実績あり

導入実績数 10,000社(シリーズ累計)

株式会社浅野歯車工作所 / 株式会社平和堂 / アイリスオーヤマ株式会社

運営会社

サービスを運営する株式会社LayerXの概要です。

  • 会社名
    株式会社LayerX
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都中央区築地一丁目13-1 銀座松竹スクエア 5階
  • 拠点
    東京都
  • 設立
    2018年8月
  • 代表名
    福島 良典
  • 従業員規模
    250名
  • 事業内容
    LayerXは、「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに掲げるSaaS+FinTechスタートアップです。 法人支出管理サービス「バクラク」を中心に、デジタルネイティブなアセットマネジメント会社を目指す合弁会社「三井物産デジタル・アセットマネジメント」、プライバシー保護技術「Anonify」で組織横断のデータ利活用を目指すPrivacyTech事業、大規模言語モデル(LLM)関連技術を活用し組織内の知識活用や効率化に関する事業化を目指す LayerX LLM Labsなどを開発・運営しています。
  • 資本金
    約132.6億円
公式サイトの内容をもとにPRONIアイミツ編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。