RemoTEL
株式会社ジェイドコーポレーション

RemoTELの評判【2022年最新版】

作成日 2022年09月23日 更新日 2022年09月23日

クラウドPBX 「RemoTEL」がどんなサービスか気になっている方も多いのではないでしょうか。 今回は「RemoTEL」の評判について調査しました。機能や連携サービスから特徴を紹介。導入実績や企業からの声を参考に評判・実態をお伝えします。 他のページでは料金プランや機能・連携サービス、詳細な導入実績についてもご紹介しています。

RemoTELとは

RemoTELは、インターネット環境だけで利用できるクラウドPBXです。クラウド型なので従来のビジネスフォンのように物理的な機器を設置する必要はありません。PCやスマホアプリから会社の電話番号を利用できます。インターネット回線があれば場所を問わず使用できるので、テレワークにも活用できます。新しい電話番号の取得はもちろん、使用中の電話番号もそのまま利用できるので、取引先に周知する手間もかかりません。新規で電話番号を取得する場合は、050ではじまるIP電話専用の番号や全国主要都市の市外局番などを利用できます。

機器の設置が不要なため、最短1日で利用できるのも魅力。加えて、契約は月単位なので一時的なビジネスフォンの増設も可能です。物理的な機器を必要としないため、メンテナンスのコストを削減できるほか、災害で会社の電話が使用できなくなるリスクも低減できます。RemoTELでは、基本パッケージに必要なサービスを追加して金額を決定する料金体系を採用。基本パッケージは初期費用が1万1,000円、月額料金が6,050円です。基本パッケージには、5つのIDと新規外線1つが含まれ、同時通話数は1です。IDを追加する場合、1つのIDにつき月額990円かかります。IDはユーザー数ではなく、端末ごとに必要なので注意しましょう。同時通話数も月額990円で追加できます。

主な機能

RemoTELは外線・内線両方の発着信に対応。対応端末はPCとスマホ、固定電話機で、PCとスマホで利用する際はソフト・アプリをインストールします。保留や転送、グループ設定などの通話制御機能も搭載。簡単な操作でグループを設定できます。自動応答機能も備えられており、営業時間の設定も可能です。不在時や営業時間外に着信があった際はアナウンスを再生できます。共有電話帳や通話履歴管理機能も備わっているので、回線の混雑状況の把握も容易です。オプションで通話録音機能を追加することもできます。

詳しい料金プランを知りたい方はこちらから、詳しい機能一覧・連携サービス一覧はこちらをご覧ください。

RemoTELの評判と実績

RemoTELには、15年以上の運用実績があります。コールセンター並みの音質の高さと安定性がユーザーに評価されています。システムや機器の点検・保守は、運営会社のデータセンターで実施するため、旧来のPBXのようにメンテナンスの費用を別途ユーザーが負担する必要はありません。クラウド型のためBCP対策としても有効です。メンテンナンスを依頼する手間やコストを省きつつ、安定してビジネスフォンを利用できる点が評価されているといえでしょう。

公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。