Microsoft Whiteboard
日本マイクロソフト株式会社
出典:日本マイクロソフト株式会社 https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-whiteboard/digital-whiteboard-app

Microsoft Whiteboard

Microsoft Whiteboardは、日本マイクロソフト株式会社が提供するデジタルキャンパスです。オンライン上で会議する際に参加者が同時にペンタブで書き込めるホワイトボードが用意されており、付箋や図形といったデジタルならではの機能が強みと言えます。

料金(価格・費用)

Microsoft Whiteboardの料金プランをご紹介します。

  • 料金情報がありません。掲載サービスのホームページでご確認いただくか、直接お問い合わせください。

特徴・メリット

Microsoft Whiteboardの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
リアルタイムでの共有が可能

共有機能を使えば、オンラインでもリアルタイムでホワイトボードに書き込みながら説明やブレインストーミング、議論などが行えるのが最大のメリットです。ただ文字を書き連ねるだけでなくテンプレートやふせん、図形を活用すれば視覚的にもわかりやすく情報がまとめられるので、オンラインでの議論の活発化に大きな効果を発揮するのではないでしょうか。

02
万全のセキュリティ対策

作成したすべてのホワイトボードが、「Microsoft Azure」に自動的に保存されるというのもメリットの1つです。「Microsoft Azure」は情報セキュリティの国際規格であるISO27001(ISMS)認証をはじめとした90種以上のコンプライアンス認証を取得するなど、強固なセキュリティを実現しているのが特徴。機密性の高いデータであっても安心して扱うことができるでしょう。

03
マイクロソフト社の他サービスと連携可能

同じ提供元のサービスである「Microsoft Teams」や、「OneNote Class Notebook」との連携が可能。「Microsoft Teams」との連携では、Web会議のなかでホワイトボードを利用することができます。また、Web会議で作成したホワイトボードは「OneNote Notebook」にエクスポートすることも可能なので、大切なデータの保存やバックアップも容易です。

機能

Microsoft Whiteboardの主な機能をご紹介します。

ドキュメントのテンプレート機能

ドキュメントへのタグ付け機能

フリーテキストでの検索機能

ファイルの全文検索機能

ドキュメント更新などの通知機能

変更履歴の管理機能

閲覧履歴の管理機能

ページの外部共有機能

メールとの連携機能

運営会社

サービスを運営する日本マイクロソフト株式会社の概要です。

  • 会社名
    日本マイクロソフト株式会社
  • 本社の国
    アメリカ
  • 本社所在地
    東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
  • 拠点
    東京都
    北海道
    宮城県
    愛知県
    大阪府
    広島県
    福岡県
  • 設立
    1986年2月
  • 代表名
    吉田 仁志
  • 従業員規模
    3,040 名 (2022 年 4 月 1 日 現在)
  • 事業内容
    ソフトウエアおよびクラウドサービス、デバイスの営業・マーケティング
  • 資本金
    4億9950万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。