名刺管理ソフト

作成日:2021-07-19 18:46:17 更新日:2021-07-21 15:00:41

英語対応でおすすめの名刺管理ソフト6選【2021年最新版】

SaaSカテゴリー「名刺管理ソフト」のなかで、おすすめの「英語対応の名刺管理ソフト」をまとめました。選び方のポイントやメリットなども徹底解説!この記事だけで、「英語対応の名刺管理ソフト」のすべてが分かります。

英語対応でおすすめの名刺管理ソフト6選【2021年最新版】

グローバル化の拡大により、昨今ではビジネスのさまざまな場面で英語を利用することが増えました。そうした背景から、「業務で使用するシステムも英語対応のものを選びたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、営業・バックオフィス・情報システムなど、様々な分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できるアイミツSaaSが厳選した、英語に対応している名刺管理ソフトを紹介します。英語対応の名刺管理ソフトの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

1.名刺管理ソフトとは

名刺管理ソフトとは、名刺に記載された情報をデータ化して登録・管理ができるシステムの総称です。昨今ではスマートフォンのカメラで名刺を撮影するだけで取り込みが完了するものも多く、手軽に使用できることから業種を問わずさまざまな企業で活用されています。

しかし、搭載されている機能はサービスによってさまざま。必要最低限の機能のみを備えたシンプルなものはもちろん、名刺管理にくわえてSFAやCRMのような機能をもつものも存在しています。利用料金にもある程度の幅があるので、導入する際は自社が名刺管理ソフトに求める機能を明確にした上で、各サービスを比較するのがおすすめです。

名刺管理ソフトの導入を検討中の方は、まずは「アイミツ」で無料の見積もりから始めてみてはいかがでしょうか。人気の名刺管理ソフトの一括見積もりも可能なので、名刺管理ソフト選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

2.英語に対応する無料・格安の名刺管理ソフト3選

まずは、無料・格安で使える英語対応の名刺管理ソフトを紹介します。

Wantedly People

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
無料プランあり 導入実績数400万人

「Wantedly People」は、ビジネスSNS「Wantedly」を運営しているウォンテッドリーが提供している無料の名刺管理ソフトです。App Store、Google Playからダウンロードして手軽に使用できるだけでなく、PCのブラウザからもデータを閲覧することができます。
特徴としてあげられるのは、英語を含む117もの言語に最適化されていること。対応言語の設定も簡単なので、グローバルな人脈の形成に役立てられるでしょう。
また、スマートフォンでの写真撮影による名刺情報のスキャンに対応しているのはもちろん、相手に関する情報の検索も可能。名刺データでつながった相手が転職や昇進、異動によってプロフィールを更新した際にもアプリを開くだけで確認できるのもうれしいポイントといえます。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • PC対応

myBridge

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
無料プランあり 上場企業導入実績あり

「myBridge」は、コミュニケーションアプリでおなじみのLINEが提供している無料の名刺管理ソフトです。スマートフォンで撮影するだけで名刺に記載された情報を正確にデータ化できるのはもちろん、名刺情報の検索も手軽に行えることから人気を集めています。
「共有名刺帳」機能を使えば、社内で名刺の情報がシェアできるのも特徴の1つ。複数のスタッフのもつ名刺を一元管理できるため、営業データベースとしても活用することができます。日本語だけでなく英語、韓国語の名刺入力に対応しているのも魅力的なポイント。
くわえて、オンライン会議でも対面時と同様に名刺交換が行える「オンライン名刺」機能も備えているので、リモートワークを推進している企業にもおすすめできる名刺管理ソフトといえるでしょう。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 組織ツリーの作成機能
  • 名刺情報のエクスポート機能

名刺de商売繁盛

「名刺de商売繁盛」は、ヤマトシステム開発が提供しているクラウド型の名刺管理・情報共有サービスです。「名刺情報は全社員で使ってこそ有効に活用できる」という考えのもと、ID数無制限・月額3万円(税別)という料金体系を採用しているのが大きな特徴。名刺情報をデジタル化する際に「オペレーターモード」を利用する場合は1枚あたり40円(税別)が別途発生しますが、利用者が自身で入力する「セルフモード」では追加料金はかかりません。
オペレーターモードでは日本語と英語のほか、中国語についても入力が可能な範囲で対応が可能。また、地図連携や訪問履歴、メール配信といった営業に役立つ機能を豊富に備えていることにくわえて、セキュリティ対策にも注力しているので、安心して利用することができるでしょう。

主な機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 手書きメモの文字起こし機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のエクスポート機能

無料または格安で利用でき、英語に対応している名刺管理ソフトを紹介しました。

「名刺管理に必要な機能があればじゅうぶん」「余計な機能は不要」とお考えの場合には、シンプルかつリーズナブルな名刺管理ソフトがぴったりです。とはいえ、搭載されている機能はサービスによって異なるため、複数のサービスを比較した上でニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

3.英語だけじゃない!多言語対応型の名刺管理ソフト3選

続いて、英語だけでなくさまざまな言語に対応している名刺管理ソフトを紹介します。

CAMCARD BUSINESS

1,700円/ID
初期費用 ー
最低利用期間 3ヵ月
最低利用人数 5ID
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数3,000社超

「CAMCARD BUSINESS」は、全世界で1億1,000人以上のユーザーをもつ「CAMCARD」の法人向けソリューションです。INTSIG Information Corporationが開発し、日本では東京都港区に本社を構えるワウテックが窓口となっています。
世界最高水準の画像補正・OCR機能が搭載されているのが特徴で、名刺画像は最短5秒でデータ化が可能。さらに、オペレーターによる修正も最短5分とスピーディーでありながらも、99%という高い精度を維持しています。世界各国で使用されている名刺管理ソフトならではの多言語対応も魅力で、日本語や英語、中国語にくわえてフランス語やスペイン語、ドイツ語などにも対応が可能です。
そのほかにもオンライン名刺交換や簡易SFA、メルマガ配信など豊富な機能を備えているのも魅力といえるでしょう。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 組織ツリーの作成機能

Sansan

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数6,000社

「Sansan」は、東京都渋谷区に本社を構えるSansanが提供している名刺管理ソフトです。7年連続で国内トップシェアを獲得しており、利用企業は6,000社以上。名刺管理ソフトの定番として、幅広い規模・業種の企業からの支持を受けています。
スキャナもしくはスマートフォンで名刺情報がスキャンできる手軽さにくわえて、日本語や英語、中国語、韓国語など11言語でのデータ化対応、人物情報の一元管理など便利な機能が豊富に搭載されているのが特徴。スマートフォン向けアプリも用意されているので、移動中や外出先からでも訪問先の情報を手軽に確認することができます。
英語をはじめとする多言語に対応しているだけでなく、豊富な実績で安定感のある名刺管理ソフトをお探しの方にうってつけといえるでしょう。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 手書きメモの文字起こし機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能

WorldCard V8

「WorldCard V8 」は、東京都小金井市に本社を置くNEXXが提供している名刺管理ソフトです。世界最高水準の認識性能を備えていながらも、わかりやすいインターフェースが設計されているのが特徴。日本語はもちろん英語や中国語、フランス語、ドイツ語など24の言語に対応しています。
取り込んだ名刺の連絡先情報はGmailの連絡先と同期してバックアップができるため、スマートフォンやPCを切り替える際でも復元が容易。「WorldCard」のモバイルアプリにくわえてMicrosoft OutlookやSalesforce、ACT!などさまざまなサービスと連絡先が共有できるのも魅力です。さらに、SNS連携ではFacebookやTwitter、LinkedInといったSNSのユーザー検索にも対応しています。  

会社所在地 東京都小金井市桜町2-1-42-101
電話番号 042-316-7088

WorldCard V8の詳細情報を見る

4.名刺管理ソフトの選び方のポイント

最後に、名刺管理ソフトを選ぶ際のポイントを解説していきます。

セキュリティ体制をチェックする

名刺管理ソフトを導入する際に必ず確認したいのが、セキュリティ体制です。名刺には個人情報が多く含まれているため、「情報漏えいを防ぐためにどのような対策を行っているのか」具体的な説明を受けた上で納得できる名刺管理ソフトを選ぶことをおすすめします。

ユーザーごとにアクセス権限が細かく設定できるものや、アクセスログが確認できる名刺管理ソフトであれば、より安心して利用できるでしょう。

使いやすさを重視する

業務で使用するシステムを選定する際は、どうしても機能の数や性能、料金に注目しがちですが、ユーザーにとっての使いやすさも大切な要素です。「直感的に使えるインターフェースに設計されているか」はもちろん、「名刺情報の読み取りがスムーズかつ正確か」という点も確認するようにしましょう。

読み取りが早く手作業での修正頻度の低い名刺管理ソフトを選べば、社内での浸透もスムーズに進むと考えられるので、業務効率改善の早期実現が期待できます。

5.【まとめ】名刺管理ソフト選びで迷ったら

本記事では、日本語だけでなく英語にも対応している名刺管理ソフトを紹介するとともに、名刺管理ソフト選びのポイントを解説してきました。

名刺管理ソフトは無料で利用できるシンプルなものから、豊富な機能を備えているものまでさまざまなサービスが存在しています。セキュリティ体制にも着目した上で、自社のニーズを満たせる名刺管理ソフトを選びましょう。

アイミツSaaSでは、機能や連携ツールや無料プランのあるなしで検索をすることができ、自社にあった名刺管理ソフト選びに役立てることができます。ぜひ一度お試しください。

アイミツ

著者 | アイミツSaaS編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

名刺管理ソフトに関連する記事

名刺管理ソフトに関連する記事をご紹介します。

作成日:2021-07-19 18:46:57 更新日:2021-07-21 15:02:43
作成日:2021-07-19 18:43:54 更新日:2021-07-20 15:25:45
作成日:2021-07-19 19:02:37 更新日:2021-07-21 15:16:47
作成日:2021-07-19 18:51:13 更新日:2021-07-21 15:30:11
作成日:2021-07-19 18:49:14 更新日:2021-07-21 15:09:20
作成日:2021-07-19 18:35:02 更新日:2021-07-21 14:41:56