Streamline
株式会社ミトリ
出典:株式会社ミトリ https://streamline.mitori.co.jp/

【2023年最新】Streamlineの評判

作成日 2022年10月21日 更新日 2023年01月04日

ワークフローシステム 「Streamline」がどんなサービスか気になっている方も多いのではないでしょうか。 今回は「Streamline」の評判について調査しました。機能や連携サービスから特徴を紹介。導入実績や企業からの声を参考に評判・実態をお伝えします。 他のページでは料金プランや機能・連携サービス、詳細な導入実績についてもご紹介しています。

1.Streamlineとは

Streamlineとは、ペーパーレス化・テレワークでの承認作業を可能にするワークフローシステムです。ワークフロー作成・稟議申請・決裁などを効率化する便利な機能が揃っています。
以下から、機能やおすすめの方について詳しく解説していきます。

主な機能

Streamlineでは、現在使用しているExcelや紙の申請書などのフォーマットを背景に入力項目をドラッグ&ドロップで簡単に配置できるため、既存のフォーマットをそのままのイメージで電子化することができます。申請後のルート(業務フロー)に関しても、設定が可能。複雑なルートにも柔軟に対応しています。

このほか、申請日・最終処理日・申請者名などさまざまな条件を指定して文書を検索できる機能も搭載。承認の際のサインを手書きできる機能があるほか、スマホ・タブレットからの利用も可能です。アクセス制限・シングルサインオン・パスワード設定などにも対応しているため、セキュリティ面でも安心して利用できます。

Streamlineをおすすめしたい方

Streamlineをおすすめしたい方は、ペーパーレス化を推進していきたい方や、承認・申請作業をテレワーク・リモートワーク中にも実施したいと考えている方、ワークフロー作業を効率化したい方です。

ワークフローをStreamlineに移行することで、既存のフォーマットそのままのイメージで申請書などをデジタル化できるので、使いやすさはそのままにペーパーレス化が促進されます。また、電子承認に強くモバイル端末でも利用できるため、テレワーク・在宅勤務時もスムーズな申請・承認が可能です。

代理者の設定やメール通知設定、APIを活用したシステム連携も可能なため、ワークフロー作業効率化も期待できます。

詳しい機能一覧・連携サービス一覧はこちらからご覧ください。

2.Streamline の料金プラン

Streamlineの料金プランは2タイプあります。一つは月額300円の年額3980円で利用ができるBasicプランです。契約期間は12か月で、初期費用が1~50ユーザー :5,500円/社、51~100ユーザー:11,000円/社、101ユーザー以上:33,000円/社かかります。

また、オプションで申請データアーカイブ機能が利用が可能です。二つ目は月額825円、年額9,900円のProfessionalプランです。こちらは、保存容量:10TBの初期費用が11万円/社になります。加えて、申請データアーカイブ機能は標準で搭載されています。また、30日間の無料トライアル期間もあるため、まずはお試しでの導入も可能でしょう。

詳しい料金プランはこちら記事をご覧ください。

プロが条件に合った
サービスを選定します!
特に気になっているのはどちらですか?
必要な機能があるか
料金プランや費用

3.Streamline のメリット・デメリット

紹介したような特徴がある「Streamline 」ですが、活用することでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

【メリット】コストを抑えた導入が可能

Streamlineは従量課金制を導入しており、1ユーザーごとで請求がされます。そのため、人数に応じた利用料金のみ発生するため、余計な費用が掛からないため、少人数な会社でも導入がしやすいでしょう。また、

【メリット】豊富なテンプレート

Streamlineはテンプレートが豊富に用意されているのが特徴。総務、人事などバックオフィス業務のテンプレートをはじめ、システム、医療など業界用のテンプレートも完備しており、様々な形式の書類に対応することが可能です。

また、オプションとして、フォーマット作成代行サービス(2万7500円)を提供しており、テンプレート作成に割く工数なども削減できるでしょう。

【メリット】業務効率化が可能な機能が豊富

Streamlineは申請者と管理者側の業務を効率化できる機能が豊富です。ワークフローの申請には既に使用している申請書のデータをそのまま取り込む事が可能。取り込んだデータは編集が可能なため、申請内容に応じたレイアウト変更ができます。

また、ワークフロールートの設定も直観的な操作で設定が可能。PC操作が苦手な方でも使用がしやすいように設計されているため、業務を効率化をはかることができるでしょう。

【デメリット】オプション利用した場合、ラーニングコストが掛かる場合がある

Streamlineは月額か年額で支払いする料金プランですが、ユーザーニーズ合わせた導入を目的にオプションが豊富に用意されています。例えば、ワークフローシステム構築代行や基盤システム連携、カスタマイズ開発など利用した場合は導入時の費用が高くなるため、オプションを利用する場合は必要な機能を精査してから、検討するようにしましょう。

4.Streamlineの評判と実績

Streamlineの評判と実績を導入した企業の事例をもとに紹介していきます。1,500社5,000業務、運送・建設・広告・ITなど幅広い業界・業種において導入され、高い評価を得ています。以下から、導入企業の声を確認していきましょう。

導入企業からの声

ここでは、Streamlineを導入した企業からの声を2つ紹介します。
イズミ物流では、稟議書類の形態が紙・メール・FAXと複数あり対応漏れや紛失が多く発生している、申請ルールが統一されていないといった状況を課題に感じていました。
Streamlineの導入後は「3~4日かかっていた稟議がタイミングよく行けば最短1日もかからずに完了するようになった」(※1)という点や、過去の稟議書の内容を確認できるようになり新たな稟議書の作成・チェックに役立てられるようになった点が高く評価されています。

過去、紙で申請書を回していた明治アドエージェンシー。申請者が休暇を取っており稟議が滞ってしまう事態が発生していたことや、書類が日々増えていってしまうことに課題を感じていたそうです。
Streamline導入後、「操作が簡単だったので社員に細かく教えることなく、皆使いこなせるようになっていました」(※2)と話すほどの直感的に操作できる点や、「書類が今誰の所で止まっているのかも直ぐに確認できる」という点などが高く評価されています。

※1出典:https://streamline.mitori.co.jp/work/izumi/
※2出典:https://streamline.mitori.co.jp/work/meiji-ad-agency/

詳しい導入実績はこちらをご覧ください。

プロが条件に合った
サービスを選定します!
特に気になっているのはどちらですか?
必要な機能があるか
料金プランや費用

5.他のワークフローシステムと比べてどうなのか

Streamlineは他のワークフローシステムと比べテンプレートが多いのが特徴です。総務や人事などバックオフィスのテンプレートは網羅しており、医療やシステムのテンプレートも用意されています。様々な業界の申請書に対応ができるのは他社にはないポイントでしょう。

また、他社のサービスの多くはAPI連携により他のサービスと連携させることで拡張していくものが多いです。その点、Streamlineはオプションワークフロー構築代行やカスタマイズ機能開発などオプションを活用することで自社に合わせた仕様に開発できるため、他社と比べ独自のシステムを構築がしやすいのが、特徴でしょう。

6.【総評】Streamline シンプルながらカスタマイズ制に優れたワークフローシステム

これまでご紹介した通り、Streamlineはシンプルでカスタマイズ制に優れたワークフローシステムと言えるでしょう。デフォルトでの機能は申請書類などの取り込みと編集機能、ワークフロー設定のみ、ルート設定も直観的にできるため、PCに不慣れな方でも使いやすく設計されています。

加えて、豊富なオプションにより会社の基盤システムとの連携や独自の仕様にカスタマイズすることができるため、会社独自の承認フローがある場合など特注要件がある場合にはうってつけのシステムでしょう。

公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。