HUEワークフロー
株式会社ワークスアプリケーションズ

HUEワークフロー

HUEワークフローとは、ユーザー目線で「使いやすい」を追求した今までにないワークフローシステムです。スプレッドシート形式の申請フォームのため使い慣れた操作感で設定、マニュアル不要でワークフローの設計ができるため、技術力がなくてもかんたんに現場部門で導入・運用できます。また、ペーパレス化の実現のみならず、申請データの集計や報告作業を自動化することで、申請・承認にとどまらない業務全体の効率化やDXの推進を叶えます。1ユーザー単位で購入できるサブスクサービスのため、まずは小規模でお試し利用しながら導入を検討したいお客様にもオススメです。基本料金300円の中で、IPアドレス制御やモバイル対応、外部システム連携など、ワークフロー運用に必要な機能すべてを利用できるほか、導入前・導入中のご不安にも、追加費用なしでサポートチームによるサポートが受けられるため、安心して利用できます。導入実績:大手企業2200社(320グループ)以上

トライアルあり

料金(価格・費用)

HUEワークフローの料金プランをご紹介します。

  • 月額プラン
    300円/ユーザー

特徴・メリット

HUEワークフローの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
導入がかんたん!最短10分で設定が完了

お使いの申請書を取り込むことで、承認フローも含めて最短10分で設定完了。ドラッグ&ドロップのかんたん操作でフローを作成し、すぐに運用をスタートできます。稟議書、見積書、購入伺い、報告書など、関連部門への展開も楽に行えます。専門スキルがなくても導入運用ができるため、ITに詳しくないご担当者が多い部署にもおすすめです。

02
使いやすい!問い合わせゼロを実現

先進的なデザインと視覚的な画面で、使いやすさを追及。Excel同様の操作感と、メール・チャット通知からのワンクリック承認により、マニュアルいらずで誰でも迷わず利用できます。申請者や承認者の利用画面がわかりやすいことはもちろん、管理者画面においても承認フロー作成時のフローチャートの見やすさやアイコンの配置などの操作性のしやすさにこだわり、ストレスフリーな運用を実現します。

03
圧倒的な機能!申請・承認後の業務も効率化

文書管理や電子契約、ファイル共有など、外部システムとの連携で申請・承認後の関連作業までを自動化。さらに、申請データの自動集計・レポート作成により、これまで集計作業や報告に費やしていた時間を削減することが可能です。ワークフローのペーパレス化にとどまらず、業務全体の効率化を目指すことで、DX推進を実現できます。

機能

HUEワークフローの主な機能をご紹介します。

スマホアプリ(iOS)対応

スマホアプリ(Android)対応

代理申請機能

申請へのファイル添付機能

申請時の承認ルート編集機能

申請フォーマットの作成機能

承認ルートの分岐機能

申請情報のCSV出力機能

申請の検索機能

申請のメール通知機能

使い方

HUEワークフローの使い方を画面イメージや動画でご紹介します。

HUEワークフローの使い方を画面イメージなどでご紹介します。

HUEワークフローの使い方を画面イメージなどでご紹介します。

運営会社

サービスを運営する株式会社ワークスアプリケーションズの概要です。

  • 会社名
    株式会社ワークスアプリケーションズ
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都千代田区麹町 2-5-1 半蔵門 PREX South 2F
  • 拠点
    東京(本社)、大阪
    上海、シンガポール、インド・チェンナイ
  • 設立
    1996年7月
  • 代表名
    秦 修(代表取締役最高経営責任者)
  • 従業員規模
    1,487 名(連結) ※2021年9月末時点
  • 事業内容
    ERPを軸としたソリューション事業の運営・管理
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。