POWER EGG 汎用申請ワークフロー
ディサークル株式会社
出典:ディサークル株式会社 https://poweregg.d-circle.com/product/apps/workflow/
POWER EGG 汎用申請ワークフローに似ているおすすめサービス

POWER EGG 汎用申請ワークフロー

POWER EGG 汎用申請ワークフローとは、ノーコードで誰でも簡単に申請フォームが作成できるワークフローです。ドラッグ&ドロップ操作でレイアウトが可能で、スマホ用の画面も簡単に作成できるので、電子化がスピーディーに進められます。必須チェックや自動計算項目など入力補助機能や、顧客マスタなど外部DBの参照機能なども搭載しており、申請者の負担軽減・ミス防止につながります。承認ルートは日本企業の組織・規定や運用ルールに沿っているのが特徴。申請者が意識せずに正しいルートで申請を回せるようになっています。また、金額や選択した項目により自動で分岐するなど柔軟な設定が可能です。人事異動時も適切なルート設定が自動生成されるので、新組織への移行もスムーズに行えます。

トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり

料金(価格・費用)

POWER EGG 汎用申請ワークフローの料金プランをご紹介します。

  • クラウド版汎用申請ワークフロー
    10,000円/ 
  • パッケージ版汎用申請ワークフロー【1~300】
    8,400円/ユーザ

特徴・メリット

POWER EGG 汎用申請ワークフローの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
徹底した管理機能でメンテナンスしやすい

全ユーザーの情報を所属部署や役職などと関連付けて登録できるうえ、その組織図情報をもとに承認フローの自動生成が可能。部署や役職に応じたルール設定ができるため、人事異動があった場合にも自動的に修正されるシステム設計を採用しています。なおかつ世代管理や組織変更の予約管理などにも対応しており、メンテナンス作業の負担軽減に役立ちます。

02
紙ベースのように臨機応変な対応が可能

申請用のテンプレートはシステム上で簡単に作成でき、承認ルートも柔軟に決めることが可能。例えば処理の途中で承認者を追加する・状況に応じて通常のワークフローから一部省くなど、臨機応変な対応もカバーしています。なおかつ各ユーザーごとに柔軟なアクセス制限ができ、閲覧権限の設定も自由に変えられるため、その場に合った運用が可能です。

03
申請・承認の状況が明確にわかる

社内ワークフローの可視化にも長けているシステムで、これから申請や承認をするべき案件や処理中の状況などは、ポータル画面のナビビュー機能によって通知されます。さらに各種申請の詳細ページに入れば、承認のステータスがどこまで進んでいるのか、常に明確に把握できます。さまざまな処理漏れや遅延を防止するのにも有効でしょう。

機能

POWER EGG 汎用申請ワークフローの主な機能をご紹介します。

スマホアプリ(iOS)対応

スマホアプリ(Android)対応

代理申請機能

申請へのファイル添付機能

申請時の承認ルート編集機能

申請フォーマットの作成機能

承認ルートの分岐機能

申請情報のCSV出力機能

申請の検索機能

申請のメール通知機能

導入実績

POWER EGG 汎用申請ワークフローの導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

上場企業導入実績あり

導入実績数 シリーズ累計国内1447社

株式会社北國銀行 / 株式会社沖縄銀行 / 株式会社四国銀行

運営会社

サービスを運営するディサークル株式会社の概要です。

  • 会社名
    ディサークル株式会社
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都千代田区神田神保町2-36-1
    住友不動産千代田ファーストウイング2階
  • 拠点
    東京
  • 設立
    1999年4月
  • 代表名
    西岡 毅
  • 事業内容
    POWER EGGの開発
  • 資本金
    8,500万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。