PCAクラウド公益法人会計
ピー・シー・エー株式会社
公益法人向けです。

PCAクラウド公益法人会計

公益法人向けです。

PCAクラウド公益法人会計とは、公益法人向けに提供している会計ソフトです。きめ細かい予算管理、豊富な資料管理により会計業務をサポートします。使いやすいユーザーインターフェースなので、初めて会計ソフトを操作する人でも簡単に使用できます。シリーズの各製品は、入力画面、帳票出力画面、印刷指示画面などの各操作画面が統一されたイメージになっており、製品間の違いに戸惑うことがないのが特徴です。また、各種帳票は紙に印刷するのと同様の手順でExcelやPDFファイルに出力が可能です。ユーザーごとに入力・参照できる会計・事業や伝票・予算・伺書の承認権限有無など、細かい設定ができるので、セキュリティ面でも安心です。

トライアルあり

料金(価格・費用)

PCAクラウド公益法人会計の料金プランをご紹介します。

  • イニシャル“0”プラン
    27,500円/ 
  • PCA公益法人会計DX クラウド
    320,100円/ 

特徴・メリット

PCAクラウド公益法人会計の3つの特徴やメリットをご紹介します。

1
ニーズに合わせて3種類のプランから選択

3種類のプランが用意されており、導入先のニーズに合わせてプランを選択できます。「クラウドプラン」は、公益法人向けの会計クラウドサービスを月額で「利用ソフトとサーバーのライセンス費用」にて利用するプランです。オンプレミス型のプランは、月額制の「サブスクプラン」と、買い切り型の「パッケージプラン」が用意されています。

2
ExcelとPDF出力に対応

Excelデータと、PDFデータでの出力に対応している点も特徴です。紙に印刷するのと同じ様な手順でデータ出力・作成が可能で、Excel出力の際には事業・科目指定をした場合に事業別科目別に個別のファイルとして出力できます。PDFの場合には、事業・科目指定するとそれらの区切りに「しおり」が自動作成され、合計残高試算表や会計別一覧表などの試算表・一覧表処理ではExcelへのグラフ出力も可能です。

3
PCAソフトとのデータ連動で業務を効率化

PCAソフトとのデータ連動により業務をさらに効率よくできることも魅力。「PCA給与DX」で作成された給与データを仕訳データに変換し、受け入れることが可能です。給与や賞与の仕訳が不要になり、手間や入力ミスのリスクの軽減につながります。経理業務による利益の圧迫リスクが軽減され、会社の利益確保や成長に大きく貢献することが可能です。

機能

PCAクラウド公益法人会計の主な機能をご紹介します。

電話サポート

メールサポート

チャットサポート

電子帳簿保存法対応

キャッシュフローレポートの作成機能

予算管理機能

銀行口座明細取込機能

クレジットカード明細取込機能

資金繰り管理機能

決算書の作成機能

月次推移表の作成機能

仕訳帳の作成機能

運営会社

サービスを運営するピー・シー・エー株式会社の概要です。

  • 会社名
    ピー・シー・エー株式会社
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都千代田区富士見1-2-21 PCAビル
  • 拠点
    北海道・宮城県・東京都・神奈川県・埼玉県・静岡県・愛知県・石川県・大阪府・岡山県・広島県・福岡県
  • 設立
    1980年8月
  • 代表名
    佐藤 文昭
  • 従業員規模
    425名
  • 事業内容
    コンピューターソフトの開発および販売
  • 資本金
    8億9040万円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。