おすすめの「会計ソフト」を
アンケートに答えるだけでご紹介!
アンケートは2分程度で完了します
事業形態はどちらですか?
企業・法人
個人事業主

予算管理機能がある会計ソフト

予算管理機能がある会計ソフト22サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 221 ページ目 1〜22件
ソリマチ株式会社
トライアルあり

クラウド会計ソフトMA1とはクラウドとインストール型のハイブリッド会計ソフトです。MA1はベストセラー会計ソフト「会計王」をベースとしたシステムです。「クラウド会計ソフトとインストール型ソフトの良いとこだけを抽出」していることが特徴です。繁忙期に動作のストレスがたまりがちなクラウド会計。MA1では基本システムはインストール型を採用。必要な時だけクラウドに接続するシステムです。これによりアクセス過多になる繁忙期も驚くほどサクサク動作♪

個人事業主から中小企業までに対応します。
freee株式会社
出典:freee株式会社 https://www.freee.co.jp/erp-professional.html?fr=top_lfo&set_ip2cinfo=true
トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
個人事業主から中小企業までに対応します。
業界実績・評判
IT業界の実績多数 小売業界の実績多数

クラウド会計freeeとは、個人事業主から中小企業までに対応したバックオフィスをリモートで行える会計ソフトです。製品は個人向け、20名以下の法人向け、20名以上の法人向けの3種類あり、自社の規模によって選択することができます。クラウド型のシステムなので、出張先やテレワークをしているバックオフィスの担当者はどこでもアクセスし会計業務を行うことができます。通帳や明細から転記作業を行ったり、仕分け入力も自動化することができ、入力ミス防止や業務効率化が可能です。同社が提供している各種バックオフィス業務のシステムと連携可能なので、バックオフィス全体の業務効率化を図ることができます。

資金繰り計画や業績管理などを徹底して管理できます。
株式会社TKC
出典:株式会社TKC https://www.tkc.jp/
IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
資金繰り計画や業績管理などを徹底して管理できます。
業界実績・評判

FX4クラウドとは、環境の変化が目まぐるしい現代において、資金繰り計画や業績管理などを徹底して管理できる会計ソフトです。金融機関へ決算書などのデータをタイムリーに提供することができます。また、税務と会計の専門家であるTKC会員事務所によるサポートがあり、企業の業務フローの改善や経営者の「気づき」につながる支援を受けられます。また、スマートフォンやタブレットでもデータが参照できるので、外出先などでもスピーディーに状況を把握し、迅速な意思決定が可能になります。「電子帳簿ソフト法的要件認証」を国内第一号で取得。もちろん電子帳簿保存法に対応しており、企業のデジタル化をサポートしています。中堅・中規模企業で業種を問わず15,800社の導入実績があります。

公益法人会計基準に対応します。
株式会社WorkVision
出典:株式会社WorkVision https://workvision.net/
公益法人会計基準に対応します。

公益法人会計システム The 会計とは、公益法人会計基準に対応した会計ソフトです。公益財団法人 公益法人協会の監修協力のもと開発されています。公益法人会計基準で求められる予算実績管理だけでなく、補助金などの管理に必要な資金収支管理にも対応しています。損益予算と収益予算はいずれかに入力を行えば自動的にもう一方に反映されるので、転記作業の手間が省けます。また、配賦機能を搭載しており、配賦基準率を設定すると自動的に計算を行い、いつでも配賦前・後の金額や配賦額のみの確認ができます。操作実行権限は担当者ごとに設定可能、合計残高試算表の「問い合わせ機能」により経理データの連続性を確認できるなど、内部統制の強化にも有効です。

株式会社TKC
出典:株式会社TKC https://www.tkc.jp/

FXクラウドシリーズとは、TKC会員事務所がサポート支援を行っていることが特徴的な会計ソフトです。最新の会社業績を確認できるのはもちろん、自社に必要な利益、売り上げがすぐに確認できます。365日変動損益計算書などの変動費と固定費に区分される費用を算出することができるため、売り上げに応じた限界利益が明確になります。これにより経営者の感覚にフィットする限界利益の管理を行うことが可能になります。部署ごとに売上高や限界利益、固定費などの状況をタイムリーに確認することができ、どの部門が稼いでいるかや、どの地域の収益性が高いかなど様々な切り口で業績管理を行うことができます。自社だけでなく、取引先の売り上げ順位やランキング、取引額が減少傾向にある取引先などを瞬時に確認可能です。

セイコーエプソン株式会社
出典:セイコーエプソン株式会社 https://www.epson.jp/
トライアルあり 無料プランあり IT導入補助金対象

Weplat 財務応援 R4とは、クラウド活用で自動仕訳入力を実現したハイブリッド型会計ソフトです。小規模法人や個人事業主に向けたもの、10部門以上の部門管理を行う中小規模法人向けのもの、経営分析資料を作成する中小規模法人向けのものの3種類から選ぶことができます。振替伝票や入出金伝票のほか、入力の効率化に特化した仕訳入力や、入力初心者向けの帳票入力画面もあり、初心者にも利用することができます。給与ソフトや資産管理ソフトなどと自動連携を行えるので、仕訳データ取り込みの入力負担や入力ミスの削減が可能です。損益予想シュミレーションや必要売上高シュミレーション、決算予想シュミレーションなどの各種シュミレーション機能を駆使して経営戦略立案を行うこともできます。銀行取引やクレジットカードなどの取引データを取得し、自動で仕訳取込を行うことができるので、日々の伝票入力作業を大幅に効率化することができます。

株式会社オービック
出典:株式会社オービック https://www.obic.co.jp/

OBIC7 会計情報システムとは、経営の要となる会計情報の一元管理を可能にする会計ソフトです。業務プロセスによる標準化や属人的業務の排除による業務継続性の確保など、ERP活用による効率的な業務改善ができることが特徴です。非会計情報も含め、部門業績評価をはじめとする様々な角度から管理会計や予算統制マネジメントを行うことができます。また、IFRSの全面適用に向けて様々な会計基準の改定や税制改正、開示要求に対しても適切かつ迅速に対応可能です。すべての伝票でワークフロー承認機能が使用できるので、各種セキュリティー機能と合わせてIT全般統制にも的確に対応でき、内部統制強化への対応も行うことができます。電子法スキャナ保存ソフト法的要件認証も取得しています。

公益法人向けです。
ピー・シー・エー株式会社
トライアルあり IT導入補助金対象
公益法人向けです。

PCAクラウド公益法人会計とは、公益法人向けに提供している会計ソフトです。きめ細かい予算管理、豊富な資料管理により会計業務をサポートします。使いやすいユーザーインターフェースなので、初めて会計ソフトを操作する人でも簡単に使用できます。シリーズの各製品は、入力画面、帳票出力画面、印刷指示画面などの各操作画面が統一されたイメージになっており、製品間の違いに戸惑うことがないのが特徴です。また、各種帳票は紙に印刷するのと同様の手順でExcelやPDFファイルに出力が可能です。ユーザーごとに入力・参照できる会計・事業や伝票・予算・伺書の承認権限有無など、細かい設定ができるので、セキュリティ面でも安心です。

アウトルックコンサルティング株式会社
出典:アウトルックコンサルティング株式会社 https://www.outlook.co.jp/
IT導入補助金対象

Sactonaとは、会計管理や経営管理を高度化・効率化できるクラウド型の会計ソフトです。中期計画、事業計画、経営計画、予算編成、グループ管理、プロジェクト管理など様々な管理会計・経営管理業務に活用できます。Microsoft のテクノロジーに準拠して設計・開発されており、10ユーザーほどの小規模利用から1,000ユーザー以上の大規模利用まで対応できるので、エンタープライズ向け基幹業務アプリとして利用可能です。Automation(オートメーション)機能が標準装備されているのが特徴で、例えばデータの取込からレポート出力など単純定形業務を自動化できるので、業務効率化にも役立ちます。

公益法人の会計基準に対応しています。
応研株式会社
出典:応研株式会社 http://www.ohken.co.jp/index.html
IT導入補助金対象
公益法人の会計基準に対応しています。

公益大臣NXとは、公益法人の会計基準に対応した会計ソフトです。社団法人・財団法人の会計業務に最適化されており、公益法人特有の帳票様式や必要な機能を網羅しています。伝票入力と同時にすべての財務諸表が自動作成されるので、二重入力や入力ミスの手間が削減できます。必要な資料はメニューから選ぶだけで画面に表示でき、すべて印刷可能です。画面表示は大きくシンプルで、マウスとキーボードで直感的に利用することができるインターフェースを採用しています。また、決算書において「合算事業グループ」を指定しての合算集計ができるのが特徴。施設や支部ごとのデータをひとまとめにして集計できるほか、それぞれの同一事業ごとにまとめて集計も可能です。

富士通株式会社
出典:富士通株式会社 https://www.fujitsu.com/jp/group/fjj/
IT導入補助金対象

GLOVIA きらら 会計とは、年商500億円未満の中堅企業向けの会計ソフトです。財務会計、支払管理機能など充実した基本機能に加え、入力業務の効率化を支援するオプションやツールを提供しています。入力画面は紙伝票のスタイルがベースになっており、紙と同じ感覚での入力が可能。定期的に発生する仕訳や摘要は辞書に登録できるので、効率的に作業でき、ケアレスミスの防止にもなります。リモートでの操作・設定サポートもあり、操作に不慣れな担当者も安心です。また、全ての帳票をExcel、PDFで出力できます。組織図は基本的なもののほか、エリア別・事業別など仮想の組織図作成も可能。たとえば仮想の営業グループ単位で損益を確認する、などの使い方ができます。月々の締め処理は仮締め・本締めの2段階。確実な決算を行えます。

予算管理に必要なあらゆる機能を用意しています。
株式会社スリー・シー・コンサルティング
出典:株式会社スリー・シー・コンサルティング https://yosankaikei.jp/
IT導入補助金対象
予算管理に必要なあらゆる機能を用意しています。

予算会計エクスプレスとは、予算管理に必要なあらゆる機能を用意した会計システムです。Excelのような直感的に入力・操作しやすい画面が特徴。財務会計と同じように予算データを自動で仕訳できるので、予算元帳として仕訳データを蓄積し、予算財務諸表としてPL、BS、CF、資金計画表を作成できます。また、さまざまな会計システムからExcel形式で実績データの取り込みも可能。システム内で予算・実績の比較や一元管理ができます。また、BIツールなど他システムへデータ連携すれば、より多角的な予実差異分析なども可能になります。導入後も自社専任の担当者によるサポート、サポートデスクによる操作指導があるので、初めての予算管理システム導入でも安心です。

海外進出企業のための会計ソフトです。
ビジネスエンジニアリング株式会社
出典:ビジネスエンジニアリング株式会社 https://www.mcframe.com/
IT導入補助金対象
海外進出企業のための会計ソフトです。

mcframe GAとは、海外進出企業のための会計ソフトです。充実したグループ管理機能、現地要件対応により、日本企業のグローバル展開をサポートします。日本本社からmcframe GA にアクセスすることで、海外拠点の会計・販売・在庫データ等を確認可能。ブラックボックス化を防止し、グローバル経営判断の精度とスピードアップを実現します。利用形態は3つ用意されており、自社運用が行える「mcframe GA」、会計事務所によるアウトソーシングができる「GLASIAOUS」、現地会計パッケージのデータをmcframe GAに一元管理する「mcframe GA Global Link」から選択できます。製品とサービスの併用も可能です。

決算処理、コスト管理、収益管理の標準化や監査性が特徴です。
日本オラクル株式会社
出典:日本オラクル株式会社 https://www.netsuite.co.jp/
IT導入補助金対象
決算処理、コスト管理、収益管理の標準化や監査性が特徴です。

NetSuiteとは、迅速な決算処理業務、強力なコスト管理、収益管理の標準化や監査性をサポートする会計ソフトです。自社のビジネスに固有のニーズや状況の変化に対応する、ビジネス資産となる総勘定元帳を実現。請求書発行・支払い条件・回収管理などの手順を自動化・合理化する売掛金管理機能や、より高い利益を実現する買掛金管理など、財務会計業務に欠かせない機能を戦略的に使えることが特徴。言語は19ヶ国語、通貨は190種類以上に対応しているため、グローバルビジネス管理にも最適です。また、SOC1、SOC2、ISO27K、PCI / PA-DSSなどの数多くのレポートと認証をサポート。財務諸表の正確性を確保できます。

企業グループ内の経営資源を最適化し、効率的な経営管理ができます。
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
出典:株式会社ビジネスブレイン太田昭和 https://www.bbs.co.jp/
企業グループ内の経営資源を最適化し、効率的な経営管理ができます。

ACT-Potentiaとは、企業グループ内の経営資源を最適化し、効率的なグループ経営を実現する会計ソフトです。日本ならではの経理の法律や習慣にきめ細かく対応しています。標準機能が充実しているので、ノンカスタマイズまたは最小限のアドオンで導入できます。また、同一環境をマルチテナント(会社別)で共同利用することが可能。グループ会社が増えるごとに環境構築をする必要がないので、低コストでグループ共同のシステムを利用できます。多通貨、多言語にも標準対応しているので、グローバル企業にもおすすめです。グループ企業全体のIFRS(国際財務報告基準)への対応も実現します。

最新情報技術を駆使した高機能性とともに柔軟性と拡張性あります。
株式会社電算
出典:株式会社電算 https://www.ndensan.co.jp/
最新情報技術を駆使した高機能性とともに柔軟性と拡張性あります。

SystemBox会計とは、株式会社電算が提供する、最新情報技術を駆使した高機能性とともに柔軟性と拡張性を兼ね備えた会計ソフトです。各業務に必要な財務会計、管理会計、手形管理など様々な機能を備えていて会計システムを利用したことがない人でも簡単に、直感的に操作できる仕様です。また、リアルタイムに情報を確認できる点が特徴で、必要な情報を即時に確認できます。コピー&ペースト機能により情報管理の柔軟性を図り、高度なデータ連携が可能です。オプションとして、債権回収や個別原価管理、キャッシュフロー精算などがあり自社に必要な機能を追加して自社独自にカスタマイズすることができます。株式会社電算の給与システムや販売管理システムと連携も可能でバックオフィス全体の業務効率化を実現します。

専門知識がなくても家計簿を使う感覚で簡単に、直感的に操作可能です。
有限会社フリーウェイ
出典:有限会社フリーウェイ https://www.1dokodemo.com/index.html
専門知識がなくても家計簿を使う感覚で簡単に、直感的に操作可能です。

ドコデモ会計とは、専門知識がなくても家計簿やお小遣い帳を使う感覚で簡単に、直感的に操作できる会計ソフトです。クラウド型のシステムなので、インターネットが繋がる環境があれば場所を選ばずに操作可能です。また、データのバックアップを取る必要がなくドコデモ会計内でデータを管理するので難しいソフトの運用の必要はありません。月額5,000円で利用可能で、3人までIDを作成できるので、経理担当者が複数名いても同時に入力を行うことができます。電話サポートやメールサポートもあるので、導入後も安心して利用できます。また、顧問税理士の紹介システムもあり、難しい税金問題や経営問題の相談も可能です。

独自の製品別や顧客別、拠点別などでのグループ管理会計が可能です。
株式会社ディーバ
出典:株式会社ディーバ https://www.diva.co.jp/
IT導入補助金対象
独自の製品別や顧客別、拠点別などでのグループ管理会計が可能です。

DivaSystem SMDとは、株式会社ディーバが提供する、独自の製品別や顧客別、拠点別といった多軸でのグループ管理会計に対応できる会計ソフトです。会計ソフトのデータだけでなく、集計、要約される前の各社の販売明細や原価明細などを組み上げて連結収益情報を作成できます。WebブラウザのスプレッドシートやExcelで表形式のデータ一覧や編集可能で、入力値の確認や各種マスターの参照、入力補助やデータ整合性チェックを簡単に設定できます。また、ワークフロー機能により入力依頼の一斉配信や催促、ステータスの管理をサポートし各担当者の業務負担を軽減します。線形回帰や自己回帰といった各種実績のある統計分析手法を利用できるので分析にも役立ちます。

株式会社クレオ
出典:株式会社クレオ https://www.zeem.jp/cloud/AC/

ジームクラウドACとは、大手企業・中堅企業向けに株式会社クレオが提供する会計ソフトです。シリーズ累計で2,000社以上が導入しています。グループ会計機能で会社合算や連結決算の連携ができます。また、会社独自の会計管理ではセグメント管理やBI・予算管理、CF、配賦処理など幅広い管理会計に対応しています。人事システムや給与システム、就業システムといった業務システムを適用することでバックオフィス全体の業務効率化を図ります。また、手作業で行っていたデータ連携の作業はデータ連携ツールを利用することにより自動化、リース資産や固定資産といった資産管理や手形の管理も可能です。

業務処理の流れや運用に沿ったGUI画面が特徴です。
株式会社日立システムズ
出典:株式会社日立システムズ https://www.hitachi-systems.com/index.html
業務処理の流れや運用に沿ったGUI画面が特徴です。

ADWORLD 公営企業会計システムとは、業務処理の流れや運用に沿ったGUIによる画面で入力操作が簡単で会計に慣れていない人でも直感的で簡単な操作ができる会計ソフトです。地方公益企業会計制度の見直しにも標準で対応していたり、市場動向やお客様の要望を考慮して定期的に機能追加を行えるので環境に応じてカスタマイズすることができます。オプションの追加により様々な業務形態に対応し、事業規模や将来の拡張計画に応じたサービスで運用することができます。同社の提供しているシステムだけでなく他製品のシステムとも連携するので伝票入力業務が軽減できます。高度なセキュリティと安全性を兼ね備えたデータセンターでデータを保管しているので24時間365日安定して稼働しています。

多拠点展開に適しています。
FutureOne株式会社
出典:FutureOne株式会社 https://www.future-one.co.jp/index.html
多拠点展開に適しています。

MoneyOneとは、中小企業や売り上げ200億円ほどの中堅企業向けに提供しているクラウド型の会計ソフトです。グループ企業で共有の会計管理を行うことができるので各企業の会計データをリアルタイムに参照することができます。新たに追加したグループ企業も簡単に導入することができます。また、きめ細かく権限設定を行うことができるので内部統制の強化を図ることができます。クラウド型のシステムなので、インターネットがつながる環境であれば出張先や在宅勤務でも利用することができるのも特徴のひとつ。オプションとして複数法人の配下の拠点を本部でリアルタイムに確認することができ、本部から拠点の会計データ、締め処理、入力処理が可能です。さらにオプションで、プロジェクト損益を2階層で把握することもできます。

仕訳データ毎に関連情報を紐付け経営活動をリアルタイムに把握できます。
株式会社ICSパートナーズ
出典:株式会社ICSパートナーズ https://www.ics-p.net/
IT導入補助金対象
仕訳データ毎に関連情報を紐付け経営活動をリアルタイムに把握できます。

OPEN21 SIASとは、株式会社ICSパートナーズが提供する、仕訳データ毎に関連情報を紐付け、経営活動をリアルタイムに具体的に把握できる会計ソフトです。会計情報を部門、取引先、プロジェクトや個人別に管理できます。業務現場を徹底的に分析し開発に改良を重ねて設計されているので、会計のフロント業務を効率的にします。必要な情報を一元管理できるデータウェアハウスとして利用も可能、会計情報にエビデンスなどの関連する情報をリンクさせる機能も搭載しており、会計情報から経営活動を具体的にタイムリーに把握できます。利用者の要求に応じてデータの入力や問い合わせといったオリジナルユーザーインターフェースを提供します。