ArielAirOne Portal
株式会社ワークスアプリケーションズ
出典:株式会社ワークスアプリケーションズ https://www.worksap.co.jp/products/lineup/ariel/

ArielAirOne Portal

ArielAirOne Portalとは、組織全体のパフォーマンスを最大化することを目標に作られた行動支援型のグループウェアです。スケジュール機能、会議室予約機能、連絡事項や電子会議室、ファイル管理等の情報共有アプリケーション兼ね備えていることが特徴のひとつ。直感的で無駄のないUIなので、導入直後から手軽に利用することができます。また、アプリケーション、文書、フィールド、ビュー単位に、個人・組織の細かな権限を設定することも可能で、情報漏洩防止と内部統制の強化を支援します。大手企業・官公庁・教育機関などのワークスタイル変革、コラボレーション促進、コミュニケーションの改善、ビジネスの向上に貢献します。

上場企業導入実績あり

料金(価格・費用)

ArielAirOne Portalの料金プランをご紹介します。

  • 料金情報がありません。掲載サービスのホームページでご確認いただくか、直接お問い合わせください。

特徴・メリット

ArielAirOne Portalの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
グループ機能との連携で幅広い業務がデジタル化できる

グループウェア単体での利用のほか、財務や経理、購買・調達、業務プロセス管理など、幅広い業務に対応したシステムをそろえたパッケージソフト「HUE」が利用できます。1つの業務に対して複数のツールが利用できるため、より業務効率の向上が期待できるでしょう。継続利用率は94%と顧客からの支持も高く、会社全体での業務デジタル化を推進したいという方にぴったりです。

02
組織やチームに合わせたメイン画面が作成できる

通常グループウェアはログイン後個人のメイン画面へと移りますが、会社としてのメイン画面を作成できます。このメイン画面は会社全体の画面以外にも、部門やプロジェクト、役職など組織やチームに合わせた画面作成が可能。それぞれに有益となる情報の共有ができる画面をスタートページにできるため、必要な情報やアプリへのアクセスがスムーズになるでしょう。

03
統合全文検索を利用できる

すべての機能を横断的に全文検索できる機能が標準で装備されており、必要な情報や機能をすぐに探し出せます。検索対象もタイトルや本文、添付ファイルなどの指定ができるため、余計な情報に邪魔されることもありません。検索結果にはユーザーのアクセス権が反映されるため、見られては困る情報のセキュリティはしっかりと守られていることも魅力です。

機能

ArielAirOne Portalの主な機能をご紹介します。

スマホアプリ(iOS)対応

スマホアプリ(Android)対応

スケジュール管理機能

ファイル管理機能

プロジェクトのタスク管理機能

文書管理機能

チャットメッセージ機能

日報の管理・共有機能

安否確認機能

会議室の予約機能

ワークフロー機能

アクセス権限管理機能

ログ管理機能

導入実績

ArielAirOne Portalの導入実績や、導入した企業へのインタビューをご紹介します。

上場企業導入実績あり

株式会社千葉銀行 / 日本空港ビルデング株式会社

運営会社

サービスを運営する株式会社ワークスアプリケーションズの概要です。

  • 会社名
    株式会社ワークスアプリケーションズ
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都千代田区麹町 2-5-1 半蔵門 PREX South 2F
  • 拠点
    東京(本社)、大阪
    上海、シンガポール、インド・チェンナイ
  • 設立
    1996年7月
  • 代表名
    秦 修(代表取締役最高経営責任者)
  • 従業員規模
    1,487 名(連結) ※2021年9月末時点
  • 事業内容
    ERPを軸としたソリューション事業の運営・管理
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。