おすすめの「給与計算ソフト」を
アンケートに答えるだけでご紹介!
アンケートは2分程度で完了します
事業形態はどちらですか?
企業・法人
個人事業主

弥生会計と連携可能な給与計算ソフト

弥生会計と連携可能な給与計算ソフト2サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 21 ページ目 1〜2件
株式会社円簿インターネットサービス
出典:株式会社円簿インターネットサービス https://www.yenbo.jp/
トライアルあり 無料プランあり

クラウド円簿とは、すべて無料で使える高性能の給与計算ソフトです。クラウドなので、インターネットに接続している環境であれば、オフィスからでも、自宅からでも、どの端末からでも操作が可能で、WindowsとMacの両方で使うことができます。無料で給与計算から年末調整まで対応することができ、社会保険料率や法律改正にも自動で対応、従業員の勤務体系に合わせた固定金額や各種保険料を細かく設定できます。また、従業員は自分の給与明細をいつでも確認できるため、給与担当者の方が給与明細書を出力して配布する手間を大幅に削減できます。機能のバージョンアップによる課金は一切ありません。操作マニュアル、Q&Aなどサポートも充実しています。

カシオ計算機株式会社
出典:カシオ計算機株式会社 https://tenpo.casio.jp/service/accounting/

HANJO会計とは、飲食店の個人事業主向けクラウド型給与計算ソフトです。スマートフォンやタブレットでレシート・領収書を撮影するだけで面倒な記帳や仕訳が簡単にでき、会計で発生する業務を効率的に処理できるので、店舗業務に集中できます。記帳、青色申告、経営分析までほとんど自動で実現します。また、画面の案内に従って操作するだけで、確定申告書が作成できます。今お使いのソフトからデータを取り込むことも可能なため、システムの導入もスムーズに行えます。スマートフォンがあれば即利用可能、申込の翌月末まで無料で利用できます。サポートも充実しているので、初めてのクラウド給与計算ソフトの導入にも安心です。導入に関するお問合せから操作方法についてまで、専用のコールセンターがお客様の疑問を解決します。

条件を変えるとより多くの給与計算ソフトが見つかります

freee株式会社
3.6
トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり
業界実績・評判
小売業界からの★評判4.0以上 外食業界からの★評判4.0以上

freee人事労務とは、作業ミスや漏れを防ぎ作業効率の向上を目的に作られた給与計算・労務管理システムです。従業員情報を登録するだけで、労務に必要な計算・書類作成などを自動化することが可能。勤怠と給与計算が紐づいているため、不要な転記なく給与支払いが可能です。従業員データの一元管理によりミスと残業とはおさらばです。

jinjer株式会社
トライアルあり IT導入補助金対象 上場企業導入実績あり

ジンジャー給与とは、各社の規則に応じて項目や計算式を設定できる、クラウド型給与計算ソフトです。各社の給与体系に応じて項目名や計算式を登録できるのが特徴。従業員の等級・役職など各種区分や勤怠の項目を用いて計算式を設定し、給与や各種手当の算出を自動化できます。また、給与・賞与明細、源泉徴収票などをワンクリックでWebで公開したり、PDFでの出力も可能。紙明細の配布の手間を削減できるだけでなく、誤送付や紛失のリスクもなくなります。ステップに沿って給与計算処理を進めていけるのも特徴。初心者の方にも使いやすいシステムです。他jinjerシリーズと連携すれば、人事情報や勤怠データもワンステップで連携可能。他社のシステムを使用している場合も、csv形式でのデータ取り込みができるので、二重登録の手間を省くことができます。

株式会社マネーフォワード
出典:株式会社マネーフォワード https://biz.moneyforward.com/payroll
トライアルあり IT導入補助金対象
業界実績・評判

マネーフォワードクラウド給与とは、給与計算から振込、明細発行まで全てをクラウドで完結できる給与計算ソフトです。複数の給与形態や締日・支給日など、自社環境に合わせて柔軟に設定できるのが特徴。給与体系は月給制・日給制・時給制の3パターンに対応しています。複雑な社会保険料や所得税も自動計算なので、正確な計算処理が可能です。振込はシステムから直接、ワンクリックで完了するのもメリット。給与帳票や振込作業が不要になります。各種明細はWebで発行でき、PC・スマホで閲覧可能。印刷・紙代が削減できるほか、紛失などのリスクもなくなるため、セキュリティ対策としても有効です。料率・法改正時は無料で自動アップデートされるのもポイント。支給日に応じ適切な料率が自動採用されるので、変更のタイミングを迷うこともありません。初めてシステムを導入する企業はもちろん、業務の属人化を解消したい企業にもおすすめです。