M-GPS
株式会社マップス

M-GPSの料金(価格・費用)

M-GPSの料金プランをご紹介します。

M-GPS以外の勤怠管理システム

M-GPS以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

AKASHI(ソニービズネットワークス株式会社)
AKASHIは、出勤簿確認や実績修正、各種承認など簡単に行うことができるクラウド型勤怠管理システムです。直感的に操作できるデザインを採用。また。15年以上のノウハウを活かした安全サポートもお客様から高い評価をいただいています。
料金
200円/ユーザー
トライアルプラン
あり
かえる勤怠管理(株式会社ITZマーケティング)
かえる勤怠管理は、勤怠データの共有で複数拠点の一括管理が可能な勤怠管理システムです。「CAERU AI」「P-Shift」の2種類のサービスがあり、より自社に合った機能の勤怠管理システムを選ぶことができます。
料金
7,500円/拠点
トライアルプラン
あり
STK-1 Gemini(株式会社ORB)
STK-1 Geminiは、本体1台のみでカード認証・出退勤等ログの管理ができる勤怠管理システムです。最大30台程度の設置が可能で、遠隔地の出退勤を本社で一括管理することもできます。
料金
トライアルプラン
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月24日時点の情報です。