クロネコペイ
ヤマト運輸株式会社
出典:ヤマト運輸株式会社 https://business.kuronekoyamato.co.jp/service/lineup/payment_kuronekopay/

クロネコペイ

クロネコペイとは、ヤマト運輸株式会社が提供する、クロネコメンバーズに預けている届け先情報やクレジットカード情報を利用して決済を行うオンライン決済代行です。クレジットカード情報はヤマトグループの決済システムが管理をしているのでEC・通販事業者は自社でクレジットカード情報を保管する必要はありません。国際基準のPCI DSSに準拠しているためセキュリティ体制も万全で安心して利用可能です。決済情報と配送情報が連動しているので運用の手間の削減、管理画面で精算情報を確認でき、振込みも同一の精算サイクルでまとめられるので経理業務の効率化を図ります。週払い、月払いなど入金サイクルも選択でき、自社に合わせた方法で運用可能です。

料金(価格・費用)

クロネコペイの料金プランをご紹介します。

  • プラン1
  • プラン2
    11,000

特徴・メリット

クロネコペイの3つの特徴やメリットをご紹介します。

01
販売機会の損失防止

サービス導入後のECサイトで決済をする場合、必要なのはIDとパスワードの入力だけ。購入のたびにクレジットカード情報などの細かい情報を入力する手間から解放されるため、購入が億劫になりカゴ落ちが発生してしまうリスクを軽減できるのが強みです。約3,000万人を超えるクロネコメンバーズ会員が、そのままIDを使って買い物ができるため、新しいビジネスチャンスの創出にも期待できるでしょう。

02
ヤマトグループによる決済管理

決済システム上に記録される決済情報は、すべてヤマトグループが管理しているデータベース上に保存されます。そのため、サービスを導入している事業者が情報を管理する必要がなくなり、情報漏洩や不正利用のリスクを抑えることが可能に。登録されたクレジットカード情報は、クレジット業界の国際的基準であるPCI DSSに準拠したシステム上に保存されるため、安心して利用できます。

03
経理業務の効率化

配送情報と決済情報は常に一元管理されているため、情報を付き合わせる必要はありません。売り上げ確定の作業も含め、余計な手間がかかる作業はすべてシステムに代行してもらうことが可能です。また、クレジットや代引き、銀行振込などすべての決済をまとめて生産できるため、後で合算する必要もカットできます。生産情報はweb管理ツールから簡単に確認可能です。

機能

クロネコペイの主な機能をご紹介します。

電子マネー対応

QRコード・バーコード対応

クレジットカード対応

コンビニ決済対応

キャリア決済対応

口座振替対応

銀行振込(バーチャル口座)対応

デビットカード対応

代引き決済対応

PayPal(ペイパル)決済対応

Alipay国際決済対応

銀聯ネット決済対応

運営会社

サービスを運営するヤマト運輸株式会社の概要です。

  • 会社名
    ヤマト運輸株式会社
  • 本社の国
    日本
  • 本社所在地
    東京都中央区銀座2-16-10
  • 拠点
    北海道(札幌・北斗・千歳・旭川・河西郡)・宮城県(明通・扇町)・青森県・秋田県・岩手県・山形県・福島県(郡山・本宮)・東京都(羽田旭町・新田・有明・上馬・昭島・八潮・海岸・立川・府中)・埼玉県(戸田・新座・上落合・上尾・東松山・春日部)・茨城県・栃木県・群馬県・千葉県(千葉・流山・船橋・山武郡)・神奈川県(安善町・杉田・厚木・藤沢・川崎)・山梨県・新潟県(新潟・長岡)・長野県(長野・塩尻)・富山県・石川県・福井県・愛知県(名古屋・豊田・小牧・長久手)・静岡県(裾野・浜松・曲金)三重県・岐阜県・大阪府(大阪・茨木・東大阪)・兵庫県(尼崎・西宮・姫路)・京都府(京都・久世郡)・滋賀県・奈良県・和歌山県・広島県(広島・三次)・岡山県(岡山・苫田郡)・山口県・香川県・徳島県・高知県・愛媛県・福岡県(福岡・北九州・久留米)・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
  • 設立
    2005年3月
  • 代表名
    長尾 裕
  • 従業員規模
    182572名(2021年3月31日)
  • 事業内容
    「宅急便」など各種輸送に関わる事業
  • 資本金
    500億円
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。