J-MOTTO ワークフロー
リスモン・ビジネス・ポータル株式会社
出典:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社 https://www.j-motto.co.jp/00000000/service/workflow/feature/
3.3

J-MOTTO ワークフローの料金(価格・費用)

J-MOTTO ワークフローの料金プランをご紹介します。

  • プラン1
    2,000
    初期費用 30,000円
    最低利用期間
    最低利用人数
    ▽サービス内容
    ・ユーザー数 10ユーザーまで
    ・ディスク容量 1GBまで
    ・超過料金
    ユーザー数 10ユーザーごと 2,000円
    ディスク容量 500MBごと 1,000円

    ・J-MOTTOの会員制サービスに入会すると初期費用無料です(その他月額料金が発生し、グループウェアなどの機能が使えます)
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。

J-MOTTO ワークフロー以外のワークフローシステム

J-MOTTO ワークフロー以外のワークフローシステムについてご紹介します。

出典:住友電工情報システム株式会社 https://www.sei-info.co.jp/workflow-cloud/
出典:Cincom Systems, Inc. https://www.cincom.co.jp/products/ecm
出典:富士電機株式会社 https://www.exchangeuse.com/cloud/

J-MOTTO ワークフローが掲載されている関連記事

J-MOTTO ワークフローが掲載されている関連記事をご紹介します。

法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が、クラウド型でおすすめのワークフローシステムを厳選してご紹介!ワークフローシステムを導入するメリットや選び方についても解説しています。ワークフローシステム選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください!
2021年09月17日
「いつ申請されたわからない」「いつ承認された分からない」といったお悩みを解決するには、通知機能が付いているワークフローシステムを導入するのがおすすめです。 通知機能付きのワークフローシステムを導入すれば、申請や承認などを通知で知らせてくれます。 そこでこの記事では、営業・バックオフィス・情報システムなど、さまざまな分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が、通知機能でおすすめのワークフローシステムを厳選してご紹介! 通知機能のメリットやワークフローシステムの選び方も詳しく解説していきます。
2021年09月28日
承認が欲しいにもかかわらずなかなか承認者が捕まらず、業務が滞ってしまう。 そういった問題の解決におすすめなのが、代理承認機能が付いたワークフローシステムを導入する事です。 代理承認機能が付いていれば承認者に代わり承認することが出来るのでワークフローを円滑に進めることが出来ます。 そこでこの記事では、営業・バックオフィス・情報システムなど、さまざまな分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が代理承認機能でおすすめのワークフローシステムを厳選してご紹介! 代理承認機能のメリットやワークフローシステムの選び方も詳しく解説していきます。
2021年09月02日
法人向けSaaSサービスを比較検討できるアイミツSaaSが、メール通知機能でおすすめのワークフローシステムを厳選してご紹介! ワークフローシステムを導入するメリットや選び方についても解説しています。ワークフローシステム選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください!
2021年09月02日

ワークフローシステムに関連する記事

ワークフローシステムに関連する記事をご紹介します。

テレワークへの流れが加速する2020年。時間と場所に囚われず働くには企業活動のペーパレス化が急務です。決裁文書を電子化できれば、いつでもどこでも申請・承認が可能となり業務効率化を期待できます。更に多言語対応のワークフローシステムなら、グローバル企業でも重宝するでしょう。 今回は、発注業者比較サービスのアイミツSaaSが、国際的な企業に向けて、多言語対応のワークフローシステムをピックアップします!
2021年09月17日
ワークフローシステムの導入しているけど申請などの履歴を形にして残して置きたい。 そんな方におすすめのが、文章管理システムとワークフローシステムの連携です。 ワークフローシステムと文章管理システムを連携させることにより承認後のデータを文章という形に残すことが出来ます。 この記事では、さまざまな分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が文章管理システムと連携が可能なおすすめのワークフローシステムを厳選してご紹介! 文章管理システムとの連携メリットやワークフローシステムの選び方も詳しく解説していきます。
2021年08月26日
「ワークフローシステムに導入したいけど、既に他のツールを導入しており、パスワード管理が大変」という方におすすめなのが、シングルサインオンを導入しているワークフローシステムです。 シングルサインオンを導入しているシステムならばⅠDとパスワードを一本化することができるので、パスワード管理の負担が大幅に減ります。 そこでこの記事では、営業・バックオフィス・情報システムなど、さまざまな分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が、シングルサインオンを採用しているおすすめのワークフローシステムを厳選してご紹介! シングルサインオンのメリットやワークフローシステムの選び方も詳しく解説していきます。
2021年09月07日
この記事では、ワークフローを自作する際の方法や、自作するメリットとデメリットについて解説しています。さらに記事の後半では、おすすめのワークフローシステムも複数ご紹介!ワークフローシステムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。
2021年11月19日